カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017.11.17

ブルートゥースのスピーカー

スマートホンやタブレットで radiko や ezwave を使ってラジオを良く聞いているのだが、 高音が詰まったり音質が悪いのが気になってたところ、試しに千円ちょっとの安い ブルートゥースのステレオスピーカー(ELECOMのLBT-SPP20)を買ってみたら、 けっこういい音がでて心地よかった。 小さなスピーカーでも低音もよく出てかなり快適にラジオが聞けるようになった。

またその他に、ラジオの漫才や落語(真打ち競演とか上方演芸会とかTBSの落語とか)を録音していて、それを昼休みや移動中に聞くためにICレコーダーに入れているんだけど、 それを眠り際にも枕元に置いて聞きながら寝ていたりしている。このICレコーダーも、 このスピーカーを使えばいい音で聞けるのではないかと工夫してみた。 最初はミニプラグの有線で繋いだけど、それでは枕元がゴチャゴチャして上手くなかった。 次に、テレビをヘッドホンで聞くとき用に買ってたブルートゥーストランスミッター(送信機) を使ってつないでみたら、適度な距離でいい音で寝物語に聞けて、でも操作は枕元でできて、 なかなか良い感じになった。

いい音で聞けるもんだから音楽番組を録音したやつもPCのじゃなくて、このスピーカーで聞いたりしている。

最近のブルートゥース機器は、マルチペアリングができるものも多く、 一度ペアリングすればあとは、競合しないようにだけ気をつけて スイッチを入れれば自動で接続するので大変楽である。

ちょっと良い買い物をした感じがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox 57

Firefoxのバージョンが57に上がって、表示速度とかが上がっていいところもあるんだけど、内部構造が大きく変化したそうで、使えない Addon がたくさん発生しているのが困ったもんである。

1番困っているのが vimperator 。まあ癖のある Addon で、万人向けではないのだけれど、 Vi の思想に則って、キーボードだけで画面スクロール、リンクのクリックなど基本的な動作が全部できる。いちいちマウスに手を伸ばして、狭い机の上で動かして、苦労して狭いエリアに 合わせてクリックするという面倒な作業なく、快適にウェブブラウジングができて重宝していたのだ。

代替のAddonもあるにはあるが、ほぼhint-a-hintというリンクのクリック機能の再現に とどまっていて、私が1番使っている openコマンドという、コマンドのあとにキーワードの最初の2、3文字を打てばブックマークやヒストリーから適切なURLを補完して表示し移動する機能を再現しているAddonはまだ見つかっていない。長年つかっていると100くらいブックマークがあって、メニューからだと探すだけで一苦労するのである。

バージョン56のときから間に合いそうにないという予告があって、噂ではまだしばらく かかる模様である。なんとか早いこと対応して貰いたいものである。

(18日追記)

素のFirefoxのアドレスバーで、ブックマークやヒストリーの検索がある程度できることが判明。前方一致で選択候補が表示される。ブックマークのキーワードも検索が効くがこちらは完全一致しないと候補に表示されない。惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.01

『それはまた別の話』

物語の余談や後日譚を語ったあと『…それはまた別の話』というフレーズで締めるパターンを、最近、小説や漫画でわりと良く見かけるけど、これはいつごろ誰が始めたのだろうか。私がこれを最初に見かけたのは数十年前の漫画なので新しい表現ではないはずである。

という疑問をTwitterとかでつぶやいた所、複数の方(太田氏、ゆうや氏など)から情報をいただいて、ある程度裏が取れました。

とりあえずは1995年の三谷幸喜作のテレビドラマ『王様のレストラン』で、毎回最後にナレーターが思わせぶりな未来の話をしてから『それはまた、別の、話』と締めていました。私の記憶の時期から考えても、このあたりが起点(少なくともその1つ)であろうと思われます。
ちなみに、この科白自体は、三谷幸喜が大好きなビリー・ワイルダーの映画の科白《That's another story.》の訳であるとのこと。直訳すれば『これは余談だ』になるのかな。

最初は講談か浪曲から来たのかなと考えていた。神田山陽の声で、話が脱線したあとで『それはまた~』を聞いた記憶があったからだ。 ただ聞いた時期を考えると三谷の影響である可能性が高そうである。
まあ講談だとこういう場面では『閑話休題!』って叫ぶのがスタンダードだよなあ。

と書いた所で気がついた。最近見かけるのは、話の途中で脱線した余談から引き戻す時に使われる『それはまた~』がほとんどであって、三谷のビリー・ワイルダーっぽい後日譚ないし後日譚になぞらえた予告篇という使われ方とは違う。 どちらかというと『閑話休題』代わりの『それはまた~』だ。十数年前の神田山陽の時点でも、ちょっと使われ方が変質しているんだ。

あと浪曲や講談の続き物の区切りで、続きをちょっとだけ触れたあと 「残りは別のお話で」的に締めることがある (未確認に付き科白は不確実)という指摘もありました。 言い回しが違うけど、こちらの方が三谷的な、「後日譚になぞらえた思わせぶりな予告篇」に近いのではなかろうか。

ともあれ、『それはまた別の話』は、科白自体は三谷幸喜のテレビドラマが起点で あろうこと、ただ使われ方は三谷の使い方から変質して使われていることが、 だいたい判った。

この使われ方の変質がどのような経過をたどったかを調べるのも面白そうだが、 それはまた、別の、話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

『太田“AHAHA”雅文 SWING & SCAT Tour 2017春』

私の友人のジャズボーカリストの太田"AHAHA"雅文さんが、昨年に引き続き、3月4月に東京でツアーを行います。毎度の形容ですが、ゴキゲンな歌唄いなので御用とお急ぎでなければぜひ。

3月30日(木)田園調布「LITTLE GIANT」

太田雅文 Vo、Nori Ochiai P.
2000円;19:30開始
世田谷区東玉川2-41-6 GRIFFIN HOUSE B1、03-3727-6873、http://little-giant.net/

Ahahalittlegiant

4月1日(土)松戸「コルコバード」

太田雅文 Vo、伊藤雅之 B.sax、苅田恭子 A.sax、唐沢英親 Gt.、栗田俊宏 B.、館野裕 Dr.
2000円;20:00開始
松戸市松戸1281-12 2F、http://www7b.biglobe.ne.jp/~jazz-bossa-corcovado/

Ahahaorovado

関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

野鳥の高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)について

先般の記事で、現在17都道府県でHPAIの野鳥監視重点区域が設定されているところだと書きました。

野鳥に関しては通常は生息密度が小さいのでHPAI感染鳥が居ても大きな流行になる 確率はそう高くはないのですが、 日本の場合、新潟の瓢湖みたいに一箇所に数千羽から数万羽の渡り鳥が密集して越 冬する場所か何箇所かあったります。

もしそこでHPAIが流行すると、渡り鳥の被害は甚大なものとなります。実際、今シ ーズンでも瓢湖や、 鹿児島県の出水、宮城県の蕪栗沼周辺でHPAI感染の野鳥の死体が発見されていて、 いつ大流行が 発生してもおかしくない状況です。 大流行が発生した場合、場合によってはそれ以上の被害の拡散を防ぐために、 家禽と同様に一帯の渡り鳥をことごとく殺処分することも検討しなければならなく なるかもしれません。

そのような悲劇的な状況となる前に、越冬地の密度を低減させようという活動が10 年以上前から 行われています。当初は、過密による長期的な水質汚濁の進行等の渡り鳥の生活環 境の悪化が懸念でしたが、 HPAIの流行により、より目前に危機が迫ってきています。例えば『ふゆみずたんぼ 』も、 今は美味しいお米を作る活動まで広がっていますが、当初は、渡り鳥の越冬地を、 湖沼などの点から 冬期休耕中の水田という面に広げて、渡り鳥の過密を解消しようという運動から始 まったものだったりします。

近隣のロシア、中国、韓国、台湾などでも野鳥のHPAI感染例が継続して報 告されている中なので、 日本での野鳥のHPAI感染例は渡り鳥の期間中はしばらく途切れることはないでしょ う。こちらも大規模きな流行に移行することが無いよう祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)熊本県南関町の家禽の移動制限解除(2017-01-19)

<昨年末の12月27日に熊本県南関町の養鶏場で発生が確認された高病原性鳥インフル エンザ(HPAI)は、 防疫措置完了後の21日間に新たな感染が確認されたかったため、3km圏内に掛かっ ていた鶏や玉子の 移動制限が、1月19日0時に解除されました。 これで1月19日現在、家禽関係のHPAIへの対応は、1月14日に発生が確認された岐 阜県山県市の1件のみとなっています。

HPAI発生の報道は全国でなされますが、こういう解除の報道は地元以外ではあまり 大きく報道されませんので、 いちおうメルクマールとしてブログに記しておきます。

そして、今のところ家禽に関するHPAIの封じ込めは上手くいっているようですが、 野鳥に関しては、監視重点区域が17道府県100箇所以上で継続設定されており、 まだまだ予断を許さない状態です。

このまま大きなアウトブレイクがなく経過することを祈るのみです。

【参考】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

迎春

新年、あけましておめでとうございます。

今年もあちこち寄り道しながら見聞きしたイロイロな物事を報告したいと思っておりますので、よろしくお付き合いの程、お願い致します。

みなさまにとって、また良き1年であらんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.08

続:春とspringの違い

9年ほど前に『春とspringの違い』という記事で、「日本の春は欧米のspringと1ヶ月半ずれていて、欧州のspringは春分の日から始まる」という話をしましたが、それに関連してgoogleが興味深い間違いをやっているのを見つけました。

問題のサイトはこの2016年3月20日のdoodle→『 http://www.google.com/doodles/first-day-of-spring-2016-northern-hemisphere
記事冒頭に「the vernal equinox」とあり、また3月20日なので、まごうことなく『春分の日』の記事なのですが、 URLや本文中に「fist day of spring」とあるのに引っ張られたのか、日本語のタイトルは「立春(北半球)」となってますorz。ちげえよ「春分」だよ。こういうのはどこに指摘すれば良いんだろうか。

ちなみに、6月20日のdoodle『http://www.google.com/doodles/summer-solstice-2016-northern-hemisphere』では 本文中に「first day of summer」とありますが、日本語タイトルは「夏至(北半球)」 となってて、さすがに「立夏」とは間違えていませんでした。

でもこれ機械的に置き換える翻訳だったら間違えないケースなんだよな。Googleさんなんかチャレンジングなことをやったんだろうか、それとも単なる間抜けな間違いだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.07

ちくわサラダ続報

以前、『ちくわサラダ続報予告編』.で述べたとおり、ちくわサラダの原種と思われる「キャベツのちくわサラダ」が人吉にあるのかどうか確認してきました。

が、結論をいいますと、以下のスーパーマケットの惣菜コーナ、練物コーナーを見て回りましたが、「ちくわにポテトサラダ以外を詰めたテンプラ」は、ヒライの新製品(カニカマ、大葉+ポテト、えだまめ+ポテト)以外には発見できませんでした。残念。

  • イスミ 西間店
  • サンロード 西間店
  • マルショク
  • ゆめマート人吉店
  • ニシムタ
  • ローソン(マルショクの近所)
  • ヒライ(マルショクの近所)

ちなみにヒライ系以外での呼び名は「サラダちくわ天(ポテト)」でした。呼び名からすると()の中にポテト以外が入ることもありそうなんですがねえ。

というわけで継続調査なのですが、手がかりがなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.28

野田竜太郎展 at なかおギャラリー

熊日新聞で、街中でなく東区の佐土原で面白い展覧会をやっているギャラリーが記事になっていまして、気になったので行ってみました。

ギャラリーは健軍の自衛隊から第2空港線を東へ進み、夜cafeの交差点を北に曲がって10mほどの所にある。『なかお画廊』さんです。

20160728181136

一軒家のような小屋のような(失礼!)2階建てのギャラリーです。開店して5年目とのこと。1階は普通のギャラリーですが、階段が急で登ると天井も低く2階は天井裏のような雰囲気でした。

本日の展覧会は、《野田竜太郎展 『愛すべき怪物たち』 20160728182059

水彩や鉛筆で描かれた怪物たちは、頭や手が異様に歪んでいるのに、妙に存在感があり、そこはかとなくユーモラスに描かれています。時たま描かれる普通の端正な人間が却って薄っぺらで存在感の希薄なモノとなっています。子供たちにはダイナミックに感情を表した『海賊』が人気だそうですが、私は静かに遠くをみつめる『怪物の彫刻家』が好きです。

31日まで。次は8月7日から『釣谷幸輝版画展』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧