カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019.10.10

北上市の美味しいお店:ぎょうざと(餃子)

今回紹介するのは餃子のお店《ぎょうざと》

ぎょうざといっても、にんにく餃子以外はニンニクがつかわれてなく、小ぶりの餃子にあっさり目の味付けで、ビール片手にちょいとつまむのにも良し、 女性向けにも良し、というようなお店です。

Photo_20191010223801

諏訪町通の、さくら百貨店のちょっと東、ちょうど屋台村の向かいにある、小洒落た店構えです。道から店内が見えるのも入りやすいですな。

Photo_20191010223802

餃子はニンニク餃子やシシトウ餃子のような野菜中心の餃子と、鶏肉餃子のバリエーション(鶏紅生姜餃子、鶏レンコン餃子etc.)がメイン。時々水餃子もあります。 餃子の他に、焼き物や酒の肴が日替わりであります。私は鶏紅生姜餃子に焼き物1品と生ビールが定番です。

それとこの店のウリの1つに《ホイス》が置いてあること。ホイスとはイェーガーマイスターみたいなちょっと薬臭い薬種を炭酸で割って飲む飲み物で、 ハイボールのルーツという説もある飲み物だそうです。ちょっと変わった味が癖になって2杯目はたいがいホイスにしています。

もともとは向かいの屋台村にあったお店が、人気を受けてこの夏に独立店舗となったそうでして。わたしゃ美味しい餃子が食べられる店が好きなので、この店、 流行って長く続いてほしいものです。

| | コメント (0)

2019.10.01

北上市のおいしいお店:バードメン(ラーメン)

本通り沿いのさくら野百貨店の北側、小田島書店の向かい側にあるラーメン専門店。 メニューは麺類しかありません。

外観はちょっととんがったこんな感じ。

Photo_20191001182501

麺類はラーメンと汁無し油そばの《まぜそば》の2種類。味は醤油、味噌、辛味醤油。まぜそばにはポンズ味も。 好みで背脂の多少、ニンニクの有無、増量が選べます。ネットの評判では二郎インスパイア系とか。

今回選んだのは、辛味醤油ラーメン、普通盛、背脂多、ニンニク増で800円です。食券で味、盛り、 背脂を選び、ニンニク量は店員に直接オーダー。

Photo_20191001182601

もやしが山盛り乗っているのが特徴。麺は太麺。もっちりしていて噛むとプチンときれるモチプリ。川越焼きそばにも似た食感です。

Photo_20191001182701

普通盛りでもがっつり量がありました。初めての人は普通盛りかS盛りでお試しするといいでしょう。 表面に5ミリくらいラー油が浮いていましたが、 辛さは普通、醤油味も旨味もしっかりしていて、おいしくいただきました。

夕方は17時半開店で、私はすぐ座れましたが、18時頃には平日なのに 5、6人行列ができたくらいの人気店です。回転が速いのでそんなに待たずに座れていました。 女子高生2人組とか男子高校生グループとか目立ってたので若い人にも人気がある模様。

ちなみに期間限定でまぜそばボンゴレというものが出ていました。 写真を見るとアサリと背脂が同居していましたが、どんな味がするのだろう。

| | コメント (0)

2019.09.20

盛岡八幡宮例大祭を見てきた(2019-09-16)

盛岡の秋祭り、盛岡八幡宮の例大祭を見てきました。

例大祭は、南部氏が盛岡八幡宮を盛岡城内から現在の位置に 1680年に移転し、同時に門前町(八幡町)を整備したのを記念して始まったという なかなか由緒のあるお祭りです。

Dsc03384

祭りは9月14日から16日の3日間開催されました。 風流山車(ふうりゅうだし)が名物ですが、 観光客向けに勢揃いしてパレードするのは15日までらしく、 私が行った16日は各町内が三々五々参道周りを巡行していました。

駅からバスに乗り盛岡バスセンターでバスを降りて、肴町から 八幡通り周辺を行ったり来たりして、ポケモンを探すがごとく風流山車を探しまして、結局2台だけいきあたりました。

1台目

Dsc03375
Dsc03377
Dsc03376

2台目

Dsc03382
Dsc03381

盛岡の山車は前方(「風流」という)は張り子の人形で武者絵などを表し、 後方(「見返し」という)は美人画で名物などを表しています。 青森のねぷた/ねぶたと似たところもあり、北東北に山車文化圏てのがきっとあるんでしょう。

もひとつ盛岡の山車の特徴は、曳きながら民謡を歌っていること。 マイクを使った生歌ですよ生歌。もちろん掛け声の時もありますが、 休憩している時は民謡を歌ってることが多いです。 さらにマイクで掛け声をかけていた子供が、そのまま大声で民謡を歌ったりもしてました。

実物は2台しか見られませんでしたが、商店街で1枚づつ山車を図解するポスターが 張ってありました。どれも豪華絢爛です。

Dsc03394Dsc03393Dsc03392

思った以上に派手で賑やかなお祭りを堪能できた秋の1日でした。

| | コメント (0)

2019.08.09

夜の動物園:熊本市立動植物園の夜間開園

熊本市立動植物園の夜間開園へいってきました。

Kimg6540

通常は17時までのところ夏休み中の7月下旬から8月下旬の土曜日の夜は21時まで開園しています。ただ夏の熊本なので19時頃はまだまだ明るくて《夜》という感じはしなかったりします。ちなみに暗くなってからは、カメラの腕が悪くてまともな写真が取れませんでした(^^;

20時ちかくなってようやく暗くなった夜の動物園では動物たちが活発に活動しています。 鳥、猿、カンガルーなどの小動物が大きな声で、夜の闇に響くように、競うように鳴いています。

蝉の声も昼間とは違い、クマゼミじゃない声がメインを締めています。

昼間はドテッと寝ているばかりのトラやクマも、夜には活発に檻の中を動き回っていました。オスライオンは昼と同じくねそべったままでした。 このへんは動物による個性の違いですな。ゾウや、マントヒヒのような大きな猿は、明るい部屋に入って静かにしていました。彼らは昼の動物なのでしょう。

夜空にヌッとそびえるキリンの首は、威厳がありました。夜空をバックに飛び回るクモザルたちのシルエット、彼らが闇を利用する生き物である証拠でしょう。

昼とは違う顔をみせる夜の動物園、なかなか楽しい経験でした。

| | コメント (0)

2019.08.08

JPQR:統一QRコード決済実証実験開始から1週間

8月1日からJPQRの実証実験が始まって1周間が経ちました。

(以前の記事→《JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。》)

NHK盛岡で以下のように報道されていますが、それ以外は目立った報道がありません。

県内では1日時点で、コンビニを中心に小売店など520店舗余りが参加し、このうち、花巻市のガソリンスタンドと雑貨屋が併設する店舗ではさっそく、レジの横に統一QRコードが設置されました

NHK盛岡「岩手NEWS WEB 2019年8月1日」

 

この参加している520店舗がどこにあるどういう店舗なのかの情報は、始まって1週間経った8日現在もネット上には見当たりません。どのお店でやってるのかなあ。近所ではJPQRを提示している店にはいきあたりませんでした。
8月2日の新聞にはセブンペイ撤退の記事はあるけどJPQRの記事は見当たりません。
もともと購買者側からは見えにくいバックヤード側の実験なのですが、認知度も含めてちょっと低調に見えるのが気になります。

 

| | コメント (0)

2019.07.01

ファミペイと7Pay

7月1日からコンビニエンスストアのファミリーマートとセブンイレブンがそれぞれ独自のQRコード/バーコード決済アプリを導入しました。ファミリーマートが《ファミペイ》セブンイレブンが《7pay》です。

調べてみたらどちらも事前にチャージして使うプリペイド型でした。チャージ方法は現金の他、クレジットカードからも可能で、7payはnanacoポイントなどからもチャージできます。

ただ、ファミペイも7payも、今の所それぞれ自社のコンビニエンスストアでしか使えないようなので、電子マネーというよりは、新しいポイント制度であって、現金でポイントを買ってるような感じですかな。これは当面は様子見ですな。

| | コメント (0)

2019.06.21

JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。

以前からQRコード決裁について追いかけていましたが、この夏にやや大きな動きがあります。 JPQR、統一QRコード決裁の実証実験です。

Jpqrcolor300x99

JPQRは総務省が主導で策定された統一規格で、複数の決裁システムを1種類の QRコードで実行できるようにするものです。利用者側からみると、使う決裁システムも 手順も従来と変わることはない(全部アプリの中の変更)ですが、 店舗側からみると1種類のバーコードで複数のシステム が利用可能となることで、決裁システム導入のハードルが下がり、 レジ等での手間が少なくなることが期待されます。

今回の実証実験は2019年8月1日から2020年1月31日まで実施され、参加する決裁システムは以下の9つです。

  • d払い(NTTドコモ)
  • Origami Pay
  • au PAY(KDDI)
  • YOKA!Pay(福岡銀行)
  • PayPay
  • J-CoinPay(みずほ銀行)
  • メルペイ
  • ゆうちょPay
  • LINE Pay
実証実験は岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の4県の全域で実施されます。各県毎に 参加する決裁システムが違って、例えば岩手県はauPAY、Origami Pay、J-CoinPay、 メルペイ、ゆうちょPay、LINE Payの6つ、福岡県はこれにd払いとYOKA!Payが 加わった8つとなります。

6月から各地の商工会議所などで説明会が行われており、それを踏まえて実施店舗が決まりますが、 今回は複数の決裁システムを一括で申請できたり、まとめて申請すると手数料が割引になったりというような 優遇措置がとられる予定です。

さてこれでどれだけ普及が進むか、店舗側の負担がどれだけ軽減されることになるか、 ちょっと期待しています。

参考:一般社団法人キャッシュレス推進協議会 |

| | コメント (0)

2019.06.03

電子マネー利用のマイルール

これまで電子マネーを、QRコード支払いも含めて試しに使ってみて、とりあえずこういう使い方をしようというマイルールを定めました。

5000円以上とか高額なものは基本クレジットカード、それ未満で複数使えるものがあるときの使う順番を以下の通りとします。

  1. PiTaPa(ポストペイ)
  2. OrigamiPay
  3. QuicPay
  4. 交通系ICカード(ICOCA)
  5. PayPay
最初3つは、とにかく現金を経由しないようにしてみたかったから。ATMの手数料の節約がどれだけ効くかなとかいう実験の意味もあります。PayPay が最後位なのは利用通知の方法が好みでないだけです。QuicPay は使ってみたら、利用可能な店が幅広くて意外と使いやすい感じがしています。コンビニとスーパーマーケットの支払いは、ローソン以外はだいたいQuicPayになっています。

ポストペイの電子マネーにすると、支出内容の捕捉率が上がって、家計簿の精度が上がってる感じがします。この辺をもうちょっとやりやすくなるかなということで、電子マネーの利用をも工夫しながら続けていこうと考えています。

| | コメント (0)

2019.05.22

ゆうちょPayを使ってみた。

5月8日からQRコード決済アプリの《ゆうちょPay》のサービスが開始されたので、さっそく登録して使ってみました。

Pay

準備

登録に必要なものは

  • アプリをインストールするスマートフォン(androidあるいはiphone)
  • ゆうちょ銀行口座
  • 受信可能なメールアドレス
    の3つです。

 

登録

アプリをスマホにインストールしたら以下の情報を登録します。

  • ゆうちょ銀行口座の記号番号(5桁の数字+8桁の数字)
  • 登録者の氏名(漢字)
  • 登録者の氏名(ヨミガナ)
  • 登録者の生年月日
  • 口座の暗証番号(4桁の数字)
  • 受信可能なメールアドレス

 

すると登録したメールアドレスに本人確認用のコードが送信されるので、そのコードを入力して本人確認が終了です。最後に取引暗証番号という、アプリを起動するときに入力する6桁の数字を登録して、完了です。

 

利用

利用方法は他のQR決済とよく似ていて、

  • アプリでQPコードを示し、店に読み取ってもらう方法
  • 店が示したQRコードを、アプリで読込み金額を入力する方法

の2種類あります。支払い手続が完了すると即時に口座から引落されます。

利用記録は以下で確認できます。

  • メールで、金額と利用日時と利用店舗名(例:ヤマダ電機○○店)が通知される。
  • アプリの利用棋歴に、金額と利用日時と利用店舗名(例:ヤマダ電機○○店)が記録される。
  • ゆうちょ銀行口座に、ゆうちょPay支払が金額と利用日とともに記録される。(利用店名は無し)

 

その他

公式サイトによると《ゆうちょPay》は熊本銀行などが導入している《銀行Pay》と同じシステムを利用しており相互利用が可能です。そこに今年(2019年)秋にJ-Debitが運用開始予定の1000行以上の銀行が参加予定のBANK Payが、銀行Payとの連携予定を公表しており、これが実現すれば、デビットカード系のQR決済はほぼ全国が統一されたシステムができあがることになり一大勢力となりそうです。利用可能な店舗の拡大等を含めてちょっとしばらく推移を追いかけみたいです。

関連記事

| | コメント (0)

2019.05.18

日本フィギュアスケート発祥の地

155814796226715581479889651558147999028

仙台青葉城址お堀あとの五色沼。日本フィギュアスケート発祥の地とされています。

池のほとりにはデススパイラルの銅像がっ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧