カテゴリー「スポーツ」の記事

2019.10.12

FC町田ゼルビアの改名について

町田ゼルビアが名称変更するという報道があった。FC町田ゼルビアからFC町田トウキョウへ変更するとのこと。例えば以下のように報道されている->『J2町田 「FC町田トウキョウ」に改名 藤田オーナー「“トウキョウ”は外せない」― スポニチ Sponichi Annex サッカー』

昨年10月にクラブの経営権を取得したオーナーのサイバーエージェント藤田晋社長は改名の理由として「選手獲得やブランディングなどさまざまな利点があるので“トウキョウ”は外せない」と説明。「ゼルビア」は会社名として残すとしたが、サポーターからは批判の声が多く「ゼルビアという名前が好きなんです。東京町田ゼルビアじゃだめなんですか?僕らの声は聞いてくれないんですか?」と涙ながらに訴えるサポーターもいた。

この改名については私は反対である。クラブ/チーム位の名前を変えたほうが良い/変えなければいけない場合があるこをと理解した上で、それもで私は反対である。

こういう問題を考えるときに常に意識しないといけないのが、我々は本質的に《何を》応援しているかということだ。ここでは議論をはしょるが、雑に言えばこの記事『ファジアーノ岡山:観客を増やすには物語が必要: 路傍亭』にもあるような感じで、我々は本質的には《クラブに付随する物語》を見に/応援しにスタジアムに足を運んでいる。サイバーエージェントの社長も、名前にトウキョウをつけることで、(実質は変わらないのに)生じる《物語》=ブランドが大事であると考えていることから、同じ認識であると私は思う。

新しい物語を作ってクラブを発展させたいという発想はいい。すごく良い。ただ、ここで気をつけなければいけないのは、《ゼルビアがチーム名から消えることで生じる物語はなにか》である。

思考の補助として、先に触れた名前を変えたほうが良かった例を上げよう。

例えば「藤枝ブルックス」は福岡のクラブとして生まれ変わるために福岡ブルックスからアビスパ福岡になる必要があった。例えば「鳥栖フューチャーズ」これはまさにクラブが死んで別のクラブとして立ち上がるためサガン鳥栖になる必要があった。

クラブの名前が消えるということは、クラブの物語がそこで死ぬということだ。

逆の例をあげれば、2017年のヴィファーレン長崎の経営危機のときは、あれはクラブの名前が変わってもおかしくない状態だったが、経営を引き継いだ高田社長は名前を残し、文字通り生き残った物語を作った。その後の長崎のまとまりと快進撃はご存知のとおりだ。

ブルックスやフューチャーズのように、実質死んだクラブを生き返らせる改名は有効だ。だが、まだ生きているクラブの物語を殺しにかかるのはどうだろうか。
京都紫光クラブの物語を半殺しにして立ち上げた京都パープルサンガ(現京都サンガ)のようなことをすると、その遺恨は10年20年は続くよ。そういう意味で今回の改名には私は反対である。

それに「町田トウキョウゼルビアは長すぎる」って発言は、いわてグルージャ盛岡やザスパクサツ群馬への皮肉でしょうかねえ。いや、たしかにブランディングに苦戦してるけどさ。

| | コメント (0)

2019.09.16

Bリーグ:熊本ヴォルターズ 68-59 島根スサノオマジック:アーリーカップ西日本決勝(2019-09-16)[バスケットlive観戦]

熊本ヴォルターズアーリーカップ連覇です。B1の島根に勝ち昨シーズンのプレーオフの雪辱を果たしました\(^o^)/

見よこのロースコア試合を。昨日と同じくハードなディフェンスで島根の攻撃をロースコアに抑えました。最終的には島根のフィールドゴール成功率は30%を切りました。島根もハードなディフェンスで熊本の攻撃を抑えますが3Pとリバウンド奪取のわずかの差、フリースローの成功率の差でリードを広げていきます。

島根も、熊本が激しくプレッシャーにくるのを逆手にとって中を攻めに行ってコーナーにフリーマンを作り3Pで追撃します。さらにインサイドを激しく攻め続け、シュートが落ちても粘り強くオフェンスリバンドを取って熊本の反則を誘います。4Q早々に熊本の#10ボビーが4ファウルとなり熊本はオンザコートゼロの時間が長くできましたが、日本人選手だけの時間帯も激しいデフェンスで島根ビッグマンに仕事をさせず、却ってリードを広げることができました。

最終的には9点差の勝利。新加入の外国籍選手とのコンビネーションや、日本人選手だけでも守りきれる守備力など、リーグ戦開始に向けて確認できたのは大変よい成果でした。

あと1週間9月21日にはシーズンが開幕です。この優勝の勢いをもってリーグ戦を突き進みましょう。

 

| | コメント (0)

Bリーグ:ライジングゼファー福岡 75-88 熊本ヴォルターズ:アーリーカップ西日本準決勝(2019-09-15)[バスケットlive観戦]

新生ヴォルターズのガチ勝負初戦です。試合記録はこちら->65869_ext_03_0

昨シーズンと比較すると、攻撃では、パス回しで手詰まりになったあとには、インサイドを強引に割りにいくことは少なく、3ポイントを打つことが多くなりました。3ポイントの成功率は、ワッツやファイブアローズみたいにバンバン決まるわけでもなく、フツーの確率で決まる感じです。(最終的に3P成功率39%)ただ解説者に言われて気づきましたが、2Qまでにほぼ全員が得点しており、バランスの良い攻撃を仕掛けている感じです。(無得点は出場時間が2分未満の#21西谷のみ)ハイスコアラーが上から#20ギャビン、#11石川、#6柿内とPG2人が上位にいるのも面白いなと。3Pの成功確率の維持と向上が攻撃力の鍵になるような感じです。

守備に関しては、マンツーマンの強度が明確に上がっています。寄せが早く近くプレッシャーの掛け方も激しいです。シュートを打たせない、タフショットにする、オフェンス、デフェンスのリバウンドで優位に立つことを徹底していました。特にリバウンドはオフェンス、ディフェンスともに福岡の倍近く確保しています。2Qに福岡を6点に抑えた守備は見事でした。耐える守備ではなく《破壊力のある守備》という感じでヴォルターズのイメージによく合う戦術だなと感じました。

戦術も選手も大幅に変わった新生ヴォルターズですが、今シーズンも楽しい試合も見せてくれそうです。本日9月16日のアーリーカップ西日本決勝戦は、昨シーズンにプレーオフで苦杯を喫しB1昇格を見送りしたスサノオマジックが相手です。リベンジの意味も含めていい試合で勝利・優勝しシーズンインにはずみをつけてほしいものです。

 

| | コメント (0)

2019.09.15

J2:2019年32節:ファジアーノ岡山 2-0 FC岐阜 (2019-09-14) [DAZN観戦]

ファジアーノ岡山3連勝です。

点差ほど圧勝ではなく試合内容をみると展開によってはどっちにころぶかわからない内容でした。シュート数がファジ6本に対し岐阜12本、後半だけ見ると2本対10本で後半は完全に岐阜のペースの試合です。

前半は442同士の完全なミラーゲームで、試合開始から個々にガチガチやりあう展開で、1対1でファジがやや上回る分、ファジが押し気味でしたが、互いに固くて決定的な地チャンスは生まれない状態でした。その中で上田からヨンジェへの浮き球パスからのボレーシュートで岡山が先制できたのはたいへん良かった。あの場面、上田に時間的余裕がそれほど生じたわけでもなく、ヨンジェの横にスペースはあったものの手前に岐阜DFが立っている中であそこへのパスコースを見つける上田のセンスとパスを出し技術、それをダイレクトでゴールの枠へ蹴り込むヨンジェの技術があってのスーパーゴールでした。

後半になって岐阜は3421(?)へポジションを変え外国籍選手を3人投入して組み立て方を変え、ファジ守備陣の中間位置にパスを通しながら組み立てていきました。ファジの前方の守備が岐阜に噛み合わなくなり、サンドバック状態で攻撃され近距離シュートがクロスバーを叩くような決定的なピンチを何度がつくられます。ここで1-1に追いつかれていたら結果はどうなっていたかわかりませんでした。が岐阜の選手のあせり力みと運に助けられ、リードしている精神的余裕でか身体が動くファジDFの頑張り、プレッシャーをものともせずパスを回す組み立てでゴールを割らせない間に、喜山をアンカーに据えた4141にして、盛り返すまではいかないが、やや試合を落ち着かせるまではできるようになります。そこで仲間のゴラッソ。上田のカウンターのロングパスから中野が上手く収めて、丁寧に落としてからの仲間のミドルシュートですが、あの距離であの落ち着きでダイレクトでゴールの隅へ的確に蹴れる落ち着きと技術は、絶好調の仲間ならではのこれもスーパーゴールでした。

岐阜の北野監督は、前半は、攻撃については低い位置で奪取されるリスクを回避しながら左サイドの体格のミスマッチのあるファジ廣木対岐阜の粟飯原の所へロングボールで起点を作って、高い位置ではリスクを掛けて細かいパスで崩し、守備は44のブロックで守ってしのぎ、後半は3バックでミスマッチを作って攻勢にかかるという、試合内容と勢いの掴み方では完璧な作戦でそれを実行できましたが、2つのスーパーゴールで作戦をひっくり返されるという展開となってしまいました。

さてプレーオフ圏内が見えてきた上に、毎試合毎に得点のパターンや新しい崩し方が獲得でいていて9月というに成長が見えるファジアーノ岡山、終盤にむけてどんどんいい試合を見せてもらいたいものです。

| | コメント (0)

B3リーグ新シーズン開幕

昨日9月14日にB3リーグの新シーズンが開幕しました。

[B3リーグ公式サイト]->Img_logo

今シーズン新規参入のトライフープ岡山は、アウェイで鹿児島レブナイズ相手に、互いにパスやシュートが落ち着かない中、抜きつ抜かれつのシーソーゲムの末に、
ラスト30秒で逆転、次のプレーで追いつかれ、あと19秒からの攻撃で5秒を残して3ポイントシュートを決めて逃げ切るという、劇的な勝利を上げました。
外国籍選手とのコンビネーションとかまだまだギクシャクしてますが、B3緒戦としてはまずまずの結果でしょう。

同じく新規参入の佐賀バルーナーズは、昨シーズンの熊本ヴォルターズのPGの並里祐が参加し、HCだった保田氏がACを務めるという縁があるチームです。こちらもアウェイで岐阜スープスとの対戦で、3Qまでで47-71と大幅なリードを許しますが4Qで激しく追い上げて結果80-85の惜敗といってもいいまで追い詰めました。こちらも一定の手応えはあったでしょう。

今年前評判1位の岩手ビッグブルズはどんなスケジュールの都合かわかりませんが開幕戦が2週間後の9月28日なので、しばらく試合はお預けです。

B3リーグは、ネット中継が、解説も実況もないB3TVしかなく(それでも中継があるだけ初期のJ3よりはましなんですが),
なかなか追いかけるのが骨なのですが、3x3の実績をひっさげてBに殴り込む地元岡山の新しいプロチームやら、アリーナ先行型ながら実力者も集めた佐賀やら、
興味深いクラブが増えたので、こちらもちょっと追いかけてみたいと思っています。

[追記]

翌日第2試合がありまして、トライフープ岡山は3Qで鹿児島レブナイズに大きくリードされるも4Qで逆転して78-67の2連勝。佐賀バルーナーズは岐阜スープス相手に3Qで大きくリードし95-75と大差で初勝利を飾りました。上に書いた予感通り2クラブともB3の台風の目になりそうです。

| | コメント (0)

2019.09.13

J2:2019年31節:ファジアーノ岡山 3-0 京都サンガ (2019-09-08) [DAZN観戦]

日向坂46さんがイベントをされるので大勢の人出が予想される中、上位で戦術的に相性の悪い京都サンガ相手に下手な試合をしたらファジアーノの印象が悪くならないかと、試合前には杞憂してましたが、内容も結果も良い試合になって胸をなでおろした傍見頼路です。入場者数も1万3千人を超えて平均入場者数が再び9,000人を超えました\(^o^)/

勝因は大きく3つ挙げられると思います。

1つめは、サンガの守備の重心が後ろに傾いていたこと。

サンガは、ヨンジェと山本がバックスの裏や横のスペースを利用するのを抑えるために3バック(5バック)にしてスペースを埋めに来ました。3列目はたしかにサンガが優位に立っていてファジの1列目は時間的空間的スペースがなくなっていましたが、2列目のプレッシャーまで位置が低くなってしまって、ファジがかなり高い位置でボールを持てるチャンスが発生していました。1点目の上田、2点目の増谷ともに、高い位置で、ワントラップしてボールの位置を修正してから丁寧にキックできるくらいの余裕がありました。前半だけでもあと2,3回余裕のある決定的なキックができるチャンスが発生していました。1点目2点目とも仲間や山本の近くにDFがきっちりいてプレッシャーはありましたが、あそこまでいいパスが来れば得点までいけるということです。

このパターン、今年前半のファジアーノが終盤に5バックにして失点したパターンと似ているなと、ファジサポの間で話題に上がりました。引いてブロックを作る時に陥りやすいパターンなのでしょう。

2つめは、ファジアーノの、特に中盤の守備が良かったこと。

サンガの選手がボールを持って前を向いたときに、パスコースを探して悩む場面が、特に前半から後半の始め頃まで多かったです。DAZNの画面では直接には映ってなかったのですが、多分、中盤のスクリーン守備が良い位置にいることができていたのだと思われます。ヨンジェ、山本、上田、仲間らの前方の選手が常に後ろのサンガの選手の場所を確かめながらポジションを細かく変えていたり、サンガのクサビのパスを途中でカットする場面が少なからずあったことからも、それが伺えます。

後半の途中からサンガがシステムを433に変え、中盤からハーフスペースを使ってコンビネーションでかいくぐる動きを始めると、苦戦を強いられ何度か決定的なチャンスを作られますが、遅れぎみながらもポイントポイントでズレについていき、山口戦のような途中で息切れするようなこともなく零点に抑えられ、さらにカウンターで追加点を取れたのは非常に良かったです。ここを見ると、サンガが最初から433で殴り合いにきても、多分互角かそれ以上の戦いができてたのではないでしょうか。

3つめはファジアーノの攻撃のバリエーションが増えたこと。

サンガのプレッシャーラインが低かったこととも関係するかもしれませんが、特に前半の第2列の戦いにおいて、近距離で早めのパスを回して守備をかいくぐりチャンスを作る動きが、再現性をもって繰り返されたのが良かったです。ファジアーノは、こういう2人3人のコンビネーションで第2列を崩すことをあまりしない/できないチームで、放り込んで五分五分の取り合いから力業でなんとかするパターンがほとんどなのですが、サンガのような上位あいてにこのような攻撃パターンもできるようになればかなり有利に試合がすすめられることになります。

とにもかくにも連勝しました。次の試合はいろいろ苦手な北野誠監督が率いるFC岐阜ですが自信をもって勢いで撃破にいきましょう。

| | コメント (0)

Bリーグ開幕を迎えてヴォルターズの選手等のSNS一覧をつくってみた。

B2リーグ開幕まであと約1週間となりました。

今シーズンのヴォルターズは、ヘッドコーチの交代に加えてロスターの約半数が入れ替わりまして、昨シーズンまでの超攻撃的な戦術から、ハードな守備を目指す戦術に転換するなどしており、どういうふうに仕上がっていくのか、目撃するのが今からたのしみです。

それはさておき、Bリーグは立ち上がり当初からSNSによる情報発信を重視しており、選手個人によるSNS利用も活発なのですが、どこにどういうアカウントがあるのか、まとまった情報があまりありません。特に今シーズンのヴォルターズのように選手が大幅に変わると新加入選手のSNSを探すのになかなか手間がかかったので、なにかの役に立つかと思い《路傍亭@はてなブログ》の方に『【備忘録】熊本ヴォルターズの選手等のSNS一覧 2019/2020シーズン』を作ってみました。以前作ったサッカーのファジアーノ岡山ののSNSアカウント一覧がいまでも検索で訪問される方が多くて好評なので、こういうのに一定の需要があるのかなとの判断もありました。

本人確認が難しいのですが公式アカウントからのフォローや公認バッヂなどからざくっと判断してます。プライベートなアカウントははずしているつもりです。個人の手作りなので、間違いや抜け、変更などがありましたらTwitterなどで教えてくださいまし。随時更新します。

※9月時点でインスタグラムの引用の概要表示がなにかの不具合でログイン画面の表示になっていますが、リンク先は正常です。

関連記事

| | コメント (0)

2019.08.01

J2:2019年第25節:ファジアーノ岡山 0 - 4 柏レイソル DAZN観戦

守備に関しては最初の安い失点以外は個の力負けなんでこんなもんかなーと。レイソル相手でもクローズな展開にすれば0-2で負けるくらいの目はあったかもしれないけどオープンに攻めた分のリスクをきっちり衝かれた追加失点でした。

攻撃は、ボール保持者が出し手がなくて迷う場面が多かったのがまだまだだなと。ヴァンフォーレ戦でみせた《早い判断》がレイソル戦ではできてなかった。 ボール保持者も問題だが、DAZN の解説者も前の選手のスペースを使う動きがなかったことを指摘してたくらいで受け手の打つ手の無さが目立った。 レイソルのポジションが良かったのもある。ライン間に落ちてきて捌こうとするも、プレッシャーが早くて何もできなかったりというふうにプレッシャーも早かった。 ファジアーノはラスト20分頃から、関戸とかがちょっと違うプレーを始めて、ダイレクトパスで相手陣深くからフリーでクロスができてたんだけど、 レイソルが対応してきてすぐに膠着しはじめ、それ以上は打開できなかった。応用力も相手が早くて上だったなあと。

ホーリーホックのような戦術のチームは、それでもプレッシャーの無い所を局面局面で作りながら打開策をつくっていくのだが、 ファジアーノは相手が強かろうが、相手と五分五分のボール争奪戦から展開を始めるチームなんで、個々のバトルで上回れるときついなあ。セカンドボールも基本拾えてなかった。

ヨンジェをほぼ完璧に抑えた染谷は凄かったなあ。ジャンプが遅れたのに高さでヨンジェにヘディングで勝ったり、カウンターのピンチは軽い反則で着実に潰したり。

まあ、この柏レイソル相手に、開始直後の奇襲だけでなくオープンで殴り合いを挑んだのは、なにか意図があるんだろうとも思う。

| | コメント (0)

2019.07.29

熊本ヴォルターズ 2018/2019 → 2019/2020 異動のメモ

熊本ヴォルターズの2019/2020シーズンに向けたチーム編成が一段落しました。今回は大幅に出入りがあったので、忘れないようにまとめてメモします。

継続

  • 西井辰朗GM
  • 柿内輝心
  • 小林慎太郎
  • 寺下太基
  • 中西良太
  • 西谷亮一
  • 本村亮輔
  • ぼるたん

IN

  • ネナド=ヴチニッチHC
  • 石川海斗←信州ブレイブウォリアーズ
  • 木田貴明←金沢武士団
  • ギャビン=ウェア←JDA Dijion Bourgogne(フランス)
  • 佐藤正成←山形ワイヴァンズ
  • ディビッド=ウィーバー← Ankara D.S.I(トルコ)
  • ボビー=ジョーンズ← Zeus Energy Group Rieti(イタリア)

OUT

  • 保田尭之HC→佐賀バルーナーズAC
  • 福田真生→琉球ゴールデンキングス
  • 並里祐→佐賀バルーナーズ
  • チェハーレス=タプスコット→愛媛オレンジヴァイキング
  • 古野拓巳→広島ドラゴンフライズ
  • 俊野佳彦→西宮ストークス
  • 菊池広明→福島ファイアーボンズ
  • チリジ=ネパウエ→福島ファイアーボンズ
  • ジョシュ=ドゥインカー→引退

ぼるたんガールズ

継続

  • あおい
  • かりん
  • ななぜ
  • まお
  • まゆ
  • りりか

OUT

  • みゆ

 

| | コメント (1)

2019.06.22

ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【分析篇】(その1)

先日の『ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【準備篇】』の続きです。失点した状況を分析して共通点がないか探していきます。記事中の左右は全て岡山側から見た方向です。

★金沢戦(第2節 3月3日) 失点:廣井 90+1分

■失点経過
金沢大石:ペナ高左端からクロス→
岡山関戸(?):ヘディングクリア→
金沢沼田:中盤中央でフリーでボールを持つ→ゴールエリア右前角へロビング→
金沢廣井:ヘディング→ボールがゴール前中央へ→
岡山田中:足でクリアするも短く金沢廣井の前にボールがころがる→
金沢廣井:右足でゴール右上にシュート→失点

■状況分析
最初のクロスの時点から岡山はペナルティエリア内に9人(うちゴール前6人)。失点時に金沢の選手はペナ内に4人。数的には倍以上の優位。失点の誘引としては以下を考えた。

  • 金沢沼田がフリーで精度のいいパスをだした。
  • ゴール前で数的優位だが金沢廣井に対するプレッシャーは1対1で掛けている。
  • こぼれ球の反応が金沢より遅かった。ゴール前の人数が多すぎたせいだろうか。

★甲府戦(第6節 3月30日)失点:佐藤 90+7分 PK

■失点経過
甲府(?):中盤右からペナルティスポットへクロス→
甲府ウタカ:ヘディングでゴール前へ→
甲府佐藤:ももトラップで体勢を崩しながら左足でボレーシュート→
岡山田中:プレッシャーにいった手にボールがあたりハンド→
甲府佐藤:ペナルティキックで失点

■状況分析
クロスの時点でペナルティエリア内は5対5の同数。佐藤のボレーシュートはゴール枠の上方へ向かってたので田中のハンドは不運だったかな。失点の誘引は以下かな。

  • 最初のクロスへのプレッシャーが遅くて効いていない。
  • ウタカのヘディングがノープレッシャー。岡山のDFが2人見ている。これで危ない場所へボールを入れられた。

今回はここまで。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧