カテゴリー「おすすめサイト」の記事

2017.11.04

IRC(juggler)

IRCは、いわゆるオープンで世界ともつながれる昔からあるチャットなんですが、最近、 保守本流のIRCnet(日本だと irc.ircnet.ne.jp 、 irc.media.kyoto-u.ac.jp 等)が、運営費の問題で消滅しかけたり、世界との回線が切れたままになってたりしていて、調子が悪く、ちょっと人が居ない状態だったりします。

そんななかですが、単独サーバーで運営しているIRCにはまだまだ元気で人が集まるところがあります。今回紹介するのもその1つ。

サーバー名は 《irc.juggler.jp》 、元々は2ちゃんねるのIRCとして 《irc.2ch.云々》というサーバー名で運営していて、サーバートラブルで避難先として立ち上げたのがjugglerというサーバー。でその後、2チャンネルの運営陣から、IRCは2ちゃんねるじゃ無いという扱いになって、今は独立した運営になっているという状況。だからかこのIRCサーバーには固有の呼び名が無かったりします。そういえば誰が運営してるんだろう。

私が良く行くチャンネルは #サッカー 。日本代表の試合があったり、Jリーグや欧州リーグで注目の試合があるときは、三々五々集まって中継を見ながらサッカーバーのノリで話をしてたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

更新情報:『数字の消息』 at 傍(かたはら)

本家サイト「傍(かたはら)」『数字の消息』のリンク先を更新しました。

このページは数字のひきずるニュアンスを本文で示したかったのに加えて、 各言葉のひきずるニュアンスを、リンクをあちこちに貼ることで示したくて作ったページです。
当時で言えば田中康夫の「なんとなくクリスタル」の注釈の、今でいうと池澤春菜「SFのSはステキのS」の膨大な注釈のイメージであり、構造主義の意味の網の目をHTMLの《ハイパー》なリンクとして示すみたいな意図で、一時期はわりと流行ってたんですが、本の形式なら今でも通じますが、ウェブサイトとしてはメンテナンスがとても大変でほとんど見なくなりましたねえ。

今回のリンクのメンテ、前回リンク先を調整してから15年くらい経ってますが、途中で追加したリンクも含めても、リンク先の8割以上が not found でした。今のインターネットは情報の保存には向いていないのだなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.21

第36回嘘競演が開催される

年に数回、不定期に開催される嘘つきの祭典、 第36回嘘競演.が開催されます。スケジュールは以下のとおり。

3/17(土)   お題発表&ラウンジオープン お題「フランス」
3/24(土)21:00  投稿開始
3/31(土)21:00  投稿終了&投票開始
4/7 (土)21:00  投票終了&結果発表

嘘競演は、議長の出したお題を踏まえ、嘘つきたちが、発想のあらん限りをつくして、他人が思いつきもしないような嘘や、爆笑を誘う嘘を競わせる大会です。御用とお急ぎで無い方は、見物していかはったらどうでっしゃろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMifiedの新機能一時休止

先日紹介した、IMifiedの新機能ですが.3月15日で、一時休止となっています。

設定画面の説明によると、利用者が増えたときに、一時期にたくさんのメールを送ることがネックになった。いま、無料でサービスを継続する解決策を考えてるとのこと。

ラジオ番組などをリマインドしておくと、外出中でも携帯電話にメールが来るので聞き逃しが無いとかいうふうに使ってました。
良い機能だったので、早めの復活を望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.12

おすすめサイト:漫才における会話ルールについての考察

富山大学のウェブサイトに面白い笑芸評論を見つけた。

それは人文学部の2005年の卒論・修論にある、宮崎 園子「漫才における会話ルールについての考察」

簡単にまとめると、

まず、漫才の会話を、演者間の構造(演者1⇔演者2)と、演者と観客間の構造((演者1⇔演者2)→観客)に着目して、観客も参加した会話が漫才であるとする。
そして「会話分析」という手法で、2004年のM-1グランプリに出場した漫才師の発話と観客の笑いのタイミングを整理することで、ボケとツッコミのどこでどういう種類の笑いが発生するかを分析する。
そこでツッコミには合図としてのツッコミ、意味や解説を加えるツッコミなどがあり、それぞれ笑いが生じるパターンが違うということが示されている。
さらに、観客が発話するタイミングを示す合図としてのツッコミの逆として、観客の発話=笑いから、演者が発話の順番を取り返す技術があることも発見している。

かなり客観的に漫才の技術が分析されていて、非常に興味深い。掲載されている論文自体さほど長くないので興味がある人は是非とも読んで欲しい。

合図のツッコミという、内容は相手の演者に向いているけど、観客に笑いのタイミングを伝える発話や、その他のツッコミの分類は、先日ここで分析した漫才の視線と合わせて考えると、面白い話になりそうだ。印象だけで話すが、古典的な漫才は、合図のツッコミが多いので、視線も客に向けたままツッコミを入れているような気がする。
会話分析を使用した演者と観客(の笑い)の関係の仕方は落語に応用しても面白い結果がでるかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.03

Google Calendarを携帯電話から操作する。

予定管理に便利なGoogle Calendarを携帯電話から操作するアプリが公開されています。→「yamamo's Blogs : Google Calendar Mobile Gateway リニューアル.」

見やすい画面、予定の登録も可能で動作も軽いです。これは使いやすい。

今、自分のGoogle Calendarに公開されているJリーグやbjリーグの予定を取り込んでいるので、携帯電話から試合の全予定を簡単に確認することができます。いままではPDAにコピーしたり手帳に書き写していたのが、大変楽になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.28

IMifiedに新規機能

先日話題にしたIMifiedですが、この数日でまた進歩がありました。

まず、Google calendarとの連携の不具合、登録済予定の一覧表示が9時間ずれる問題が修正されていました。早い早い。

それから、IMiFied Remindersに新機能mobile phoneとの連携が始まりました。メッセンジャーをofflineにしているときにremindするイベントがあるときには、SMSないしe-mailで教えてくれるようになりました。

SMSは日本ではvodafoneのC(サムソン?),H(日立),T(東芝)に対応しています。私はauなのでe-mailで設定。日本語は文字化けするので今はローマ字で登録しています。いちいちパソコンを立ち上げなくても用事をしらせてくれるのはありがたいです。GoogleCalendarの通知をあわせて重宝しています。

時々サービスが1日くらい止まることがあるのはご愛嬌ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.11

IMified:メッセンジャー経由でスケジュールやリマインダーが操作できる。

いつも便利なものを取り上げてはるkengoさんのGoing My Wayで紹介されたIMifiedを使ってみた。

接続のしかたはごく簡単。それぞれのメッセンジャーで指定されたIDにメッセージを送るだけ。私はICQ(AIM)をgaimから利用しました。あとはメッセージで送られてくるメニューの記号を選んで送信するだけ。これは軽快。kengoさんも書いてはるとおり、昔のパソコン通信や初期のインターネット(gopherとか)の操作イメージに近い感じ。

googleカレンダーも軽快に使える。(TimeZoneを設定してもイベントの一覧の時刻が15時間ずれるのは早く直してほしい。)ザウルスからPHSで接続していると、ブラウザでgoogleカレンダーをいじるのは重くて面倒だったが、これで外出中でも軽快に入力できるようになった。

それと便利なのがリマインダー。大きな予定はgoogleカレンダーから携帯電話にメールさせるが、タイマーやアラーム代わりにするには、いちいちブラウザを立ち上げて接続するのが面倒だ。これがメッセンジャーならPC使ってるときはいつも立ち上げてるので、「風呂」→「in 40 min」で風呂が沸く時に知らせてくれたり、「15:10のバスに乗る」→「15:00」で、出発時刻を通知してくれたりというふうに、設定が簡単にできる。複数の料理を平行して作っているときのキッチンタイマーにもいいかもな。ザウルスを台所においてさ。

機能が複雑高度で便利になるのはいいことなんだけど、こういう軽快なインターフェイスももっとどんどん開発されて欲しいなあ。

(関連する記事)
IMifiedに新規機能(2008.02.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

モンティ・パイソン正伝が来た。

051020_2051.jpg

これで枕が高くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

つボイノリオの復活

つボイノリオの楽耳王復活→こちら

…ノリもリスナーのペンネームも昔のままだあ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)