カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2016.09.07

漫画:エクソばんぱシストいあ(新井隆広)[週刊少年サンデー41号]

16ページの読み切りコメディ。

タイトルで分かる通り、バンパイア(吸血鬼)がエクソシストになって悪魔祓いをやったらどうなるか、というワンアイデアのシチュエーションコメディ。よく考えたらあろひろし先生がやりそうなネタだな。
発生する困難は総て容易に予想されるものなんだけど、それらに余すこと無く総てハマりこんでドタバタするド直球なコメディは清々しくもあり楽しい。バンパイアがなぜエクソシストに憧れているかの解説は説明口調でなく、テンポの良いセリフで強引に押し切るところは上手いなあと思う。

ファンタジーの騎手(via 扉の煽り文句)らしくオドロオドロした線で描かれるコメディというギャップも面白かった。星4つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.06

特別講義:「伝説のアニメーター 金田伊功と、そのフォロワーたちの作品に見る、日本のポピュラーアートにおける芸術性とその未来」 at 京都精華大学[7月11日(月)]

(※ 2016-07-08 一部修正あります)

友人がちょいと関わっている京都精華大学の、標記の特別講義が、学外の方も無料(事前登録制、先着順)で聴講できるはこびとなったとのこと。

内容は『アートとしての視点から、金田伊功が生み出し、 今日にまで受け継がれてきたその手法・スピリッツを、様々な作品と関係者のコメントを交えながら浮かび上がらせて、メディアの垣根を越えて考察を深める』ってな感じです。

本日6日時点であと100人程余裕があります。京都周辺でアニメやアートに興味の有る方、ゲストのお名前におやっと思われる方、いかがでしょうか。
申込は下のフライヤーの中の登録専用メールアドレス a.mocco.info@gmail.com の 《下野》 まで、氏名、所属、連絡先を記載して送付してください。

特別講義の概要

タイトル
「伝説のアニメーター 金田伊功と、そのフォロワーたちの作品に見る、日本のポピュラーアートにおける芸術性とその未来」

招聘ゲスト(敬称略。順不同。作品歴等は下のフライヤー参照)

  • 亀垣 一(監督等)
  • 佐藤 千春(作画監督等)
  • 飯島 由樹子(美術監督等)
  • 飯島 正勝(監督等)
  • 大浪 太(作画監督等)
  • 金田 牧子(金田伊功氏の奥様)
    [*1]

日時
2016年7月11日(月)16時20分~19時30分
場所
京都精華大学本館3階303講義室
アクセス
叡山電鉄 京都精華大学前駅下車 徒歩すぐ

京都精華大学特別講義フライヤー


[*1]渡部 圭祐氏は都合により参加できなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.01

「ナナメの関係」(鹿島麻耶)

Kimg4938

鹿島麻耶「ナナメの関係」(ヤングキングvol6)を読む。

鹿島麻耶は、名作「リンガ・フランカ」や怪作「学園夢探偵 獏」に見られるように、人に言えない/理解されない欲望を抑えて抑えて抑えて抑えきれずに爆散する快感が売り物であると私は評価している。
ところが連載に恵まれないのか、ここのところ10ページ未満のショートショートが多いのだ。前回の「前戯といえよう」 は、短さを意識しすぎたのか最初から欲望丸出しで胸やけがしてしまった。だが、この「ナナメの関係」は8ページにもかかわらず2回も捻りがあった上で最後の最後に発露する「欲望」がジワジワと美味しく仕上がっている。

なんというかちょっとお得である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.28

コミケ78(2010年8月)で購入した本

以下の20冊。今回は最小限の買物でした。

コミケ78(2010年8月)で購入した本
書名著者
ロトさんの本vol24氷川竜介
ロトさんの本vol25氷川竜介
まんがぶらふオリジナル森井ケンシロウ
ソーセージマーチ7関根亮子
雑家百華16雑家百華
SpF8Spファイル友の会
僕らを育てたウルトラQの時代アンドナウの会
特撮が来た弐拾号ガメラが来た
オタク的翻訳論巻7明木茂夫
食事処メガトンパンチ13元祖園田屋
楽勝ハイパードール6.4伊藤伸平
圏外転換領域粟岳高弘
ティアズマガジン93コミティア
オカルトQ沖縄体液軍人会
姦るドラ沖縄体液軍人会
本家立川流第弐拾弐号本家立川流
TECH MATES Flowersまるちぷるカフェ
ひぃあうぃーごう!!まるちぷるカフェ
さらば志水一夫志水一夫追悼本製作委員会
と学会誌25と学会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

コミティア79の収穫

先日のコミティア79で入手した本です。

ひまわりデザイン事務所
「左開き変形まんが」
「2人はOL」
川島よしお家
「KUJIGOJI PARTII」
「ILENE」
「NAOMINO TSURETEKE KOUSHIEN」
スタッフWHY
「影法師退治」
「抜け雀」
「フラージャイル」
HAPPY/BULE
「駆逐戦隊ディスポーザー」
「WitchShowsMagicShow」
三月やよい
「つながり」
「幻想小さじ1」
まぐま
「マンガのアプレゲール」
大深海水淵亭
「ASSEMBLE」

収穫は、川島よしおがのほほんと座っていたこと(笑)
HAPPY/BLUE、三月やよい、大深海水淵亭は初めて購入したけど、絵柄もストーリーも好みです。次もチェックしておこう。

まぐまはコミティアならではの硬派な漫画評論。まだ途中までしか読んでないけど、読ませます。

今回は事前にチェックができなかったのに、良い本にいっぱい当りました。眼福眼福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.27

悪夢交渉人(高橋葉介)

夢と現実の境目を軽やかに行き来する、悪夢回収人、夢継渉。特殊能力でヒトを守る。ヨウスケの世界ですね〜。

続きを読む "悪夢交渉人(高橋葉介)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)