カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2021.03.22

【ネタバレあり】物語の終わらせ方、虚構と現実 ―シン・エヴァンゲリオン劇場版を見て

シン・エヴァンゲリオン劇場版を見てきました。感想はいろいろあるのですが、映画を通じて思ったのが、この映画は《エヴァンゲリオンという物語を徹底して終わらせる》ことに腐心した映画だったなあということです。

そのためコンテンツとしては、ざっと主なものをあげるだけでも

  • すべての謎を説明する
  • 表現しきれてなかったモノを改めてすべて表現しきる
  • すべての登場人物に報いる
  • 終わりにふさわしい新しいテーマを示す

ことを行っており、1つ1の項目についていくつもの記事が書けるくらいの密度がありました。それらをすべて語るには私の手には余るので、今回はある1つの切り口で述べたいと思います。

それはシン・エヴァンゲリオンにおける《物語の終わらせ方の演出》という切り口です。

物語の終わらせ方については、以前、『モンティ=パイソンの「落ち」のないスケッチの考察』で考察したことがあります。簡単にまとめると、物語の落ちは観客を日常に返す仕掛けであり、その仕掛けかたは大きく2つありまして、1つは物語がウソ=虚構であることを明示する方法。(落語のダジャレ落ち、演劇のカーテンコールなど)もう1つは物語を日常=現実に接続する方法(昔話の「幸せに暮らしました」、映画のエピローグなど)です。

その考え方を踏まえ、シン・エヴァンゲリオンが、物語を終わらせるために虚構と現実をどのように使ったか見ていきます。

シン・エヴァンゲリオンは大きく分けると5つの章に分かれています。

  • プロローグのパリの戦闘
  • 第3ムラでの生活と労働
  • 南極へ向かう戦闘
  • 裏宇宙での碇親子の戦闘/対話
  • エピローグの駅

まず第1章のプロローグのパリの戦闘で印象的なのが、ヴィレのエヴァや戦艦がワイヤーで吊った操演で飛んでいること。飛べるのがヴンダーだけという状態で戦うためというエクスキューズはあるが、特撮映画のようなワイヤー駆動のエヴァや戦艦の戦闘はとてもシュールです。このシュールさで虚構性が徐々に印象づけられる一方で、操られる物体としてのエヴァや戦艦の質量をもつ実存性をにじみ出す、アニメ=虚構と質量を持つ現実の間に位置する《特撮》技術を使った、虚構から現実への橋渡しが始まっていることを指摘しておきます 

第2章、第3ムラの生活と労働は、日常の話です。とても美しいリアリティの高い自然の情景描写、「ホルスの大冒険」を思い起こすような原初的な労働の姿、BGMが「太陽がいっぱい」など名作映画のアレンジで、実写映画のような現実の章です。
ただ、エヴァのインパクトという厄災を経た第3ムラは、貧しいながらも幸せな世界ではあるが、近未来なのにまるで日本の太平洋戦争敗戦後のバラックとそっくりな姿で、真っ赤な外部との緊張状態でから閉塞的でいつ滅びてもおかしくなく、帰るべき日常、接続する現実ではないことが示唆されています。

第3章、南極へ向かう戦闘の章は、主にミサト、冬月など登場人物たちが心情を語る舞台としてあるが、全体として具体的でリアルな現実の第3ムラから、無機的、抽象的な物語の南極、裏宇宙へ移行する章です. 

第4章、裏宇宙での碇親子の戦闘と対話の章。ここで一番印象的なのが、ゲンドウとシンジのエヴァ2体がテレビシリーズそのままの場面の中で肉弾戦で戦うシーン。
裏宇宙が、人間が理解しやするするために作り出したモノというエクスキューズはあるものの、「ミサトさんの部屋」や「第壱中学校の教室」でエヴァが戦い、壁を破るとそれはベニヤ板で裏側はスタジオだったり、第3東京市での戦いで吹き飛ばされるビルは置いただけの模型だったり、空にぶつかって、それが書き割りであることが分かったりと、エヴァンゲリオンが虚構であることがこれでもかと描かれ続け、徹底的に物語のデプログラミングが行われた章でした。 

そして碇ゲンドウの恥ずかしい告白を聞いたあと《父親殺し》を成し遂げ、碇ユイ=綾波レイと別れて、レイと反対の「乳の大きいいい女」真希波マリと新しい日常を進む碇シンジという第5章。
第4章で物語を解体したあと、第2章にもまして美しい自然の描写から、そのままシームレスで現実の街の空撮へつながるように、きっちり日常=現実に戻り、また新しい物語が始まりました。

以上が、シンエヴァンゲリオンがエヴァという物語を終わらせるためにつかった演出の枠組みだろう、というのが今回の分析です。物語は虚構であると徹底して示し、現実へ帰還しました。

 しかも、それに加え、ただナイーブに「物語は虚構でした、意味がありませんでした」と手を引くのではなく、虚構と現実を往復しながら、「現実と虚構をまぜることで新たな現実を作る力とする(大意)」とゲンドウに宣言させ、最終的にはシンジがそれを実行し、すべての登場人物に報いる物語をつくり、現実に帰還して新しい物語を始めるというカタチで成就する。虚構は無意味ではなく、現実を変え、世界を勇気づける力があるのだという、長い物語の終わりにふさわしい、新しいテーマを示すことが、四半世紀も「永遠の祝祭」を続けてきた庵野監督の落とし前のつけかただったんだろうなあと、そう思うところです。

まだうまく表現する言葉がしっくり来てない雑な論考ですが、とりあえずのメモとして。

(2021-03-18 21:00記、2021-03-22 18:00公開)

| | コメント (0)

2021.02.23

『先生、これって効きますか? 1』(永田礼路):コミティア134

『螺旋じかけの海』の永田礼路さんの作品。WEB投稿を冊子にまとめたものだそうです。

Photo_20210223103701

大学教授の論文捏造で失職した主人公がエセ科学で儲けようとしては失敗するドタバタコメディ。その過程でエセ科学商品がどのような売り込み方をし、どこをごまかしているのか、薬機法にかからないためにどのようなテクニックをつかっているか、などが面白おかしくわかりやすく描かれている良作です。「ひたすら匂わせて客の思い込みに責任転嫁させるのがミソだ」「データをこじつけまくって何かつっこまれたらこれは未科学だ!て言えばいい」とかのパワーワード(笑)を頻発して笑わせてくれます。

ただこの一見ふざけたような表現も、ある企画がボツったときの編集さんの「普通の人は科学に興味ない」という言葉を永田さんが重く感じ取ってどうやったら一般の人にこのようなテーマを読んでもらえるかという試行錯誤の結果とのこと。

漫画自体は「永田礼路さんのpixiv」で読めますが、冊子版には蛇足的解説としてさらに詳しい説明がついていてちょっとお得です。

コミティア134で入手した本はこちら→コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

※2月21日開催予定だったコミティア135は、残念ながらCOVID19対策で中止となってしまいました。ワクチン接種が行き渡るなどして、このような楽しい本と出会えるイベントが滞りなく開催される時が早く来ますように。

| | コメント (0)

2021.01.01

『OPPAI no hon』(クロ):コミティア134

その名のとおりいろんなおっぱいを描いた本です。

Kimg2237

まいどいろんなフェチを描くクロさんの、今回はおっぱいのイラストとこだわりポイントがみっしり詰まっています。

まずは《A》ngel! から《H》allelujah!までの描き分けと、それぞれのフェチ解説から、乳圧、下乳、パイスラ、ボタンの隙間(!)、フロントホックブラとスポーツブラの魅力の違い、谷間の種類とさまざまなテーマでフェチを描き倒しています。

個人的にいちばんツボだったのが、「ブラジャーのつけ方」連続図解の《巻き込んだ髪を出す》仕草。ううむ、こんなところに目をつけるとは。

なお、ブースにはパンツの本もあったようなのですが、最初寄った時には見逃していて、あとで気づいて再度ブースに行ったときには売り切れていたのが痛恨の極みでした。

コミティア134で入手した本はこちら→『コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2020.12.30

『スープと死神』(水沢クロマル):コミティア134

Kimg2231

崖の上の教会に住む人でなし(ゾンビだから)の神父のところに捨てられた小さな女の子ビビ。ビビを奴隷として扱うために世話を焼くうちに‥というほのぼのコメディ。神父がビビにきびしくあたろうとするけど、ゾンビになって長いためかことごとくズレしまって、優しくなってしまうのがおかしいです。神父がゾンビ=不死人になった因縁の巡り方と、ラストのビビがとても格好いいのが良いですねえ。

コミティア134で入手した本はこちら→『コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2020.12.29

『コスプレ記史』(一本木蛮):コミティア134

これで「こすぷ れきし」と読む様です(^_^;)

Kimg2227

一本木蛮さんのコスプレ歴史本。衝撃のラムちゃんのコスプレの前史、80年ころに「仲間たちでコソコソ」やっていた頃のお話や、コスプレに落ち着くまでの呼び名の変遷、コスプレ用品の進化とか、いろいろなエピソードがコスプレ愛を込めて語られています。読んで楽しいし、文化史の記録としても貴重な本になるんじゃないでしょうか。

2020年GWエアコミケ用に5月に出された本で、目次のコンテンツの半分しか語られておらず、続篇の製作があとがきで宣言されています。コミティア134では出てなかったので、この年末のエアコミケで出てるのかな?

ちなみに裏表紙は一本木蛮さんのお美しいコスプレ写真が10代から50代までずらっと並んでいますが、それは買った人だけのお楽しみということで写真は載せませぬ。

コミティア134で入手した本はこちら→『コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2020.12.16

『ねらわれた男』(深海の米俵):コミティア134

コミティア134で入手した本、次は『ねらわれた男』

Kimg2157

電車で痴漢をもくろむ男につぎつぎとふりかかる不可解な災難。この災難は何故おきるのかっ!そしてその意味は何かっ!

18ページの小品ですが、オチが2重3重に凝っていてこういう作品わたしは好きです。端書きによるとコミティア初参加とか。次回も楽しみです。

コミティア134で入手した本はこちら→『コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2020.09.04

『fetish fetish』(ココノツ,川岸千鶴) 《みちのくコミティア6》

ココノツさんと川岸千鶴さんの合同誌。入手したときは気づいてなかったのですが2011年8月発行というずいぶん前の本です。

Kimg1578

フェチをテーマにした2ページ見開きマンガが4本づつ8本掲載されています。ニオイや靴を履くという五感に重点のあるココノツさんと、 こだわりをベースに一捻りあるストーリの千鶴さんという、同じテーマでも組みてて方が(あたりまえだけど)違うのが面白いところ。可愛いなりに妙に存在感がある絵も良かったです。

東京のコミティアだとブースが多くてなかなか回りきれないところ、こういう本に出会えるのも地方コミティアのいいところではないでしょうか。

【関連する記事】 みちのくコミティア6で入手した本

| | コメント (0)

2020.08.16

みちのくコミティア6にいってきた。

2020年8月16日に福島県郡山市のビッグパレットふくしまで開催された《みちのくコミティア6》にいってきました。

Kimg1513

コミティアといつつ、昨今のCOVID19対策でサークルのブース販売は無く全て委託販売という形式で開催され、それでも120サークル+東京コミティア委託という、かなりの量のサークルが参加していました。会場の一角では「桜Exxhibition ~2020~」という投票形式のイラスト展も開かれていました。一般参加者は私がいた時間帯は80から90人くらいかな。ディスタンスは確保できるくらいでそこそこにぎやかな人出です。

ブース販売のない同人誌即売会に参加してどうすると思いつつ、どういう形であれコミティアが開催されるならいってみる価値はあろうと自分で自分に屁理屈をこねて参加を決めましたが、新しく表現された本があり、それに触れるというのはやはり楽しいもので、結局1時間半のウロウロと滞在した私でした。

今回の入手した本はこちらにまとめています。→《みちのくコミティア6で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2018.09.24

【告知】[9月24日]西日本豪雨災害・北海道地震チャリティトークイベント「金田伊功を語る」

京都で9月24日にGAINAX京都の武田=怪傑のーてんき=康廣さんと、『坂道のアポロン』『血界戦線』『はじめの一歩』『名探偵コナン』などの作画や演出に関わられた佐藤千春さんのチャリティトークイベントが、金田伊功ARCHIVE主催で開催されるとのこと。

以下、私の友人の告知ツイート、

緊急告知・拡散希望です! 9/24に京都で西日本豪雨災害・北海道地震チャリティとして、凄腕アニメーター・演出家の佐藤千春氏とGAINAX京都代表の武田康廣氏によるトークイベント「金田伊功を語る」を開催します!! 詳細は https://studioz-official.jimdo.com/ を。事前申込制です。#金田伊功 #佐藤千春 #武田康広

T.Shimonoさんのツイート 2018年9月15日

詳細はこちらの studioz のお知らせサイトにて =>《お知らせ - studioz-official ページ!

会場のウイングス京都は四条烏丸や錦市場にほど近いアクセスの良いところです。
金田さんがアニメに与えたインパクトはとても大きなもので、このトークイベントでも面白い お話が聞けるものと思います。
お近くの方はぜひ申込の上お寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.03

血界戦線&BEYOND 第4話「人狼大作戦(チェイン・ポッシブル)」【ネタバレあり】

血界戦線のアニメ第2期は、原作漫画第1期の単発エピソードを丹念に描いている。第4話はチェイン皇の所属する人狼部隊のお話。

見た感想は、チャレンジングなことをやってるなあ、と。

アニメと漫画とは、メディア=媒体が違うんで、当然、表現に得意不得意がある。例えば、漫画にはコマ割りの自由があるので、強力な敵の攻撃の迫力を大ゴマで表現することができるが、アニメは画面の大きさが決まっているのでそういう迫力の出し方ができない。例えばアニメの「幻界病棟ライゼズ」の血界の眷属の攻撃の素早さと量は表現できても、漫画版の、あの理解を超えたモノが迫ってくる迫力はどうにも表現できてない。これはまあ、内藤先生のあの迫力を表現するための何らかの新しい技術/演出を編み出さないと難しいんだろうけど。

反対にアニメは(当たり前だが)動きを表現するのが得意。前述の血界の眷属の攻撃の速さの表現もそうだし、第4話の人狼部隊のメンバーがチラチラしながら現れたり消えたりする動きなんかはゾクゾクしたくらいだ。

もう1つ漫画が得意でアニメが苦手な技に挑戦したのが今回だ。

第4話の本当のクライマックス、《存在希釈》で、世界が、チェインが存在しない世界へ書き替わっていくところ、漫画では時間が経過=コマが進んでも、いちおう直前のコマが視界に入っているので、比較をして世界が妙な変化をしたことがすぐわかるのだが、アニメの場合、直前の画面は当然ながら消え去って見えなくなっているため、比較するモノがなく、よほど気をつけて見ていないと何が起こっているのか初見では判らない。

私はいちおう漫画を前に読んでたんだけど、なんとなく花が変わったのは分かったけどどう変わったか分かったのは見返してからだった(直前の、イメージの花が乱舞する演出にも惑わされた)、ザップの怪我が消えたのに気づいたのは、その後漫画を見返して思い出してから3度目に見た時だった。

変化した所を強調して判りやすくするような演出も可能だろうけど、それはそれでクドくあざとく、どういう演出がいいのかなかなか難しいい場面に挑戦している。というかわざと判りにくくしてないかこれ(苦笑)

多分、「漫画を読んでいる」「録画/DVDで何度も見返す」ことが前提なんだろうし、そういう楽しみのために作られた演出なんだろう。まさに私も何度も見返して楽しんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)