« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の記事

2021.01.09

『「KISYU-EXPO」 紀州品質画報』(錠マヱ)

怪獣百花とかでおなじみの錠マヱさんのイラスト本です。WONDERFUL WORLD! II 展の物販で入手。

Kimg2291

和歌山(錠マヱさんの故郷だそうで)に縁のある事物、人物などをテーマに、花と女性と動物をモチーフにした幻想的なイラスト集。テーマになっているのは白浜海岸、梅干し、安珍清姫など割とおなじみなものから、友ヶ島、本鬼毛箒、ナザール・ボンジュウなど、そんなモノがあるのかというものまで様々。ナザール・ボンジュウ(トルコのお守り)と和歌山にどういう関係があるかは見てのお楽しみ。で、これらを素材に、色鮮やかな花々とかわいい動物、意味深な女性が組み合わさった豪華絢爛なイラストがこれでもかと並んでいます。私は有田蜜柑のお嬢さんと清姫が好きかなあ。

解説は、基本普通の紹介なんだけど、ときどき妄想に走ったストーリーになったり、小洒落たキャッチフレーズ(蜜柑に「紀は熟した」とか)がついたりするのも面白い。

WONDERFUL WORLD! II 展はお台場ホテルニッコーのGALLERY21で2021年1月17日までやってます。

| | コメント (0)

2021.01.01

『OPPAI no hon』(クロ):コミティア134

その名のとおりいろんなおっぱいを描いた本です。

Kimg2237

まいどいろんなフェチを描くクロさんの、今回はおっぱいのイラストとこだわりポイントがみっしり詰まっています。

まずは《A》ngel! から《H》allelujah!までの描き分けと、それぞれのフェチ解説から、乳圧、下乳、パイスラ、ボタンの隙間(!)、フロントホックブラとスポーツブラの魅力の違い、谷間の種類とさまざまなテーマでフェチを描き倒しています。

個人的にいちばんツボだったのが、「ブラジャーのつけ方」連続図解の《巻き込んだ髪を出す》仕草。ううむ、こんなところに目をつけるとは。

なお、ブースにはパンツの本もあったようなのですが、最初寄った時には見逃していて、あとで気づいて再度ブースに行ったときには売り切れていたのが痛恨の極みでした。

コミティア134で入手した本はこちら→『コミティア134で入手した本 - 路傍亭@はてなブログ

| | コメント (0)

2020年に観た映画

あけましておめでとうございます。本年もよろしくおつきあいのほどお願い申し上げます。

新年1本目はいつもの2020年に見た映画。見た順。

  • 仮面ライダー令和・ザ・ファースト・ジェネレーション
  • カツベン!
  • 春画と日本人
  • メイドインアビス 深き魂の黎明
  • The Man Who Killed Don Quixote
  • 前田建設ファンタジー営業部
  • 新作歌舞伎 風の谷のナウシカ 前篇
  • 新作歌舞伎 風の谷のナウシカ 後篇
  • パラサイト 半地下の家族
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
  • 羅小黒戦記(字幕版)
  • 囚われた国家
  • MIDSOMMAR
  • コンプライアンス
  • AKIRA
  • キュアード
  • サーホー
  • ANNA
  • デッド・ドント・ダイ
  • がんばれいわロボコン
  • 東映まんがまつり2020(プリティ電王他)
  • 弱虫ペダル (実写)
  • Reframe THEATER EXPERIENCE with you
  • 妖怪人間ベラ
  • 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
  • TENET
  • 8日で死んだ怪獣の12日の物語
  • ミッドナイトスワン
  • 羅小黒戦記(日本語吹替版)
  • 映像研には手を出すな
  • 月光露針路日本 風雲児たち
  • BURN THE WITCH
  • ウルフウォーカー
  • ビルとテッドの時空旅行
  • ミッシングリンク
  • ジョゼと虎と魚たち

以上36回35本。COVID19で他の娯楽に行き難かったため個人的には新記録の回数でした。

ベスト5は見た順で『羅小黒戦記』『キュアード』『サーホー』『デッド・ドント・ダイ』『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』かな。あと『MIDSOMMAR』や『TENET』『8日で死んだ怪獣の12日の物語』も印象深かったです。

ちなみに去年の記録はこちら→『2019年にみた映画』<

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »