« ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【準備篇】 | トップページ | ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【分析篇】(その1) »

2019.06.21

JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。

以前からQRコード決裁について追いかけていましたが、この夏にやや大きな動きがあります。 JPQR、統一QRコード決裁の実証実験です。

Jpqrcolor300x99

JPQRは総務省が主導で策定された統一規格で、複数の決裁システムを1種類の QRコードで実行できるようにするものです。利用者側からみると、使う決裁システムも 手順も従来と変わることはない(全部アプリの中の変更)ですが、 店舗側からみると1種類のバーコードで複数のシステム が利用可能となることで、決裁システム導入のハードルが下がり、 レジ等での手間が少なくなることが期待されます。

今回の実証実験は2019年8月1日から2020年1月31日まで実施され、参加する決裁システムは以下の9つです。

  • d払い(NTTドコモ)
  • Origami Pay
  • au PAY(KDDI)
  • YOKA!Pay(福岡銀行)
  • PayPay
  • J-CoinPay(みずほ銀行)
  • メルペイ
  • ゆうちょPay
  • LINE Pay
実証実験は岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の4県の全域で実施されます。各県毎に 参加する決裁システムが違って、例えば岩手県はauPAY、Origami Pay、J-CoinPay、 メルペイ、ゆうちょPay、LINE Payの6つ、福岡県はこれにd払いとYOKA!Payが 加わった8つとなります。

6月から各地の商工会議所などで説明会が行われており、それを踏まえて実施店舗が決まりますが、 今回は複数の決裁システムを一括で申請できたり、まとめて申請すると手数料が割引になったりというような 優遇措置がとられる予定です。

さてこれでどれだけ普及が進むか、店舗側の負担がどれだけ軽減されることになるか、 ちょっと期待しています。

参考:一般社団法人キャッシュレス推進協議会 |

|

« ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【準備篇】 | トップページ | ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【分析篇】(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【準備篇】 | トップページ | ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【分析篇】(その1) »