« JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。 | トップページ | ファミペイと7Pay »

2019.06.22

ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【分析篇】(その1)

先日の『ファジアーノ岡山:試合終盤の失点について【準備篇】』の続きです。失点した状況を分析して共通点がないか探していきます。記事中の左右は全て岡山側から見た方向です。

★金沢戦(第2節 3月3日) 失点:廣井 90+1分

■失点経過
金沢大石:ペナ高左端からクロス→
岡山関戸(?):ヘディングクリア→
金沢沼田:中盤中央でフリーでボールを持つ→ゴールエリア右前角へロビング→
金沢廣井:ヘディング→ボールがゴール前中央へ→
岡山田中:足でクリアするも短く金沢廣井の前にボールがころがる→
金沢廣井:右足でゴール右上にシュート→失点

■状況分析
最初のクロスの時点から岡山はペナルティエリア内に9人(うちゴール前6人)。失点時に金沢の選手はペナ内に4人。数的には倍以上の優位。失点の誘引としては以下を考えた。

  • 金沢沼田がフリーで精度のいいパスをだした。
  • ゴール前で数的優位だが金沢廣井に対するプレッシャーは1対1で掛けている。
  • こぼれ球の反応が金沢より遅かった。ゴール前の人数が多すぎたせいだろうか。

★甲府戦(第6節 3月30日)失点:佐藤 90+7分 PK

■失点経過
甲府(?):中盤右からペナルティスポットへクロス→
甲府ウタカ:ヘディングでゴール前へ→
甲府佐藤:ももトラップで体勢を崩しながら左足でボレーシュート→
岡山田中:プレッシャーにいった手にボールがあたりハンド→
甲府佐藤:ペナルティキックで失点

■状況分析
クロスの時点でペナルティエリア内は5対5の同数。佐藤のボレーシュートはゴール枠の上方へ向かってたので田中のハンドは不運だったかな。失点の誘引は以下かな。

  • 最初のクロスへのプレッシャーが遅くて効いていない。
  • ウタカのヘディングがノープレッシャー。岡山のDFが2人見ている。これで危ない場所へボールを入れられた。

今回はここまで。

|

« JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。 | トップページ | ファミペイと7Pay »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JPQR:統一QRコード決裁実証実験が始まる。 | トップページ | ファミペイと7Pay »