« ファジアーノ岡山:観客を増やすには物語が必要 | トップページ | しうまい弁当 »

2019.05.05

《熊本の美味しいお店》喫茶ブラウンのカレー

熊本は昭和風のいい喫茶店が現役でたくさん残っている街です。今日はその1つブラウンを紹介します。

場所は辛島町電停からほど近い、銀杏通が西銀座通と交わるあたり。2階にあるのでちょっと判りにくいですが、この看板が目印です。

Kimg6269

昭和38年創業ということで私より年上です(^^;;

2階へ上がってドアを開けると、店内は、どこかしら帰省した時の実家みたいにいろんな荷物があちこちに置かれていて、カウンターと長いソファーにテーブルが4つならんだくらいのこじんまりとした感じ。ここはコーヒーも美味ですが、カレーが美味しいことでも有名です。カレーはコーヒーとのセットメニューもあるので今日はAセットを注文。Aセットは目玉焼がついてきます。

Kimg6267

レンジで熱々のポーチドエッグのような目玉焼き、なにかあっさりしたダシとコショウが効いていてこれも美味です。

カレーはこんな感じ。トロみの強いルーですがしっかり辛くて、食べているうちに汗がでてきます。

Kimg6268

このお店今は婆さんが1人で切り回しています。数年前に旦那さんが亡くなられた時に閉店する予定だったんですが、カレーとコーヒーの根強いファンが多くて続けているとのこと。だので営業はちょっと不定期に休んでいることがあります。私もファンの1人として寄れるときには寄って堪能しています。ま、何度いっても顔を覚えられていないのですが。

ちなみに店の入り口にこんな看板があります。

Kimg6270

《熊本カレー》というジャンルはこの看板以外では見かけたことはなにのですが、ブラウンのカレーが熊本を代表するカレーの1つであることは確かです。

|

« ファジアーノ岡山:観客を増やすには物語が必要 | トップページ | しうまい弁当 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファジアーノ岡山:観客を増やすには物語が必要 | トップページ | しうまい弁当 »