« デットマール・クラマー氏の言葉 | トップページ | 《熊本の美味しいお店》喫茶ブラウンのカレー »

2019.04.25

ファジアーノ岡山:観客を増やすには物語が必要

ファジアーノ岡山の観客動員数が伸び悩んでいる。開幕戦は9000人台だったが、それ以降は7千人台かそれ以下である。

サポータからは《強くなって勝たないと観客は増えない》ナイーブな意見が出ているが、単純に《勝てば観客が増える》訳ではないことは、クラブの分析が過去の分析に基づいて分かっている話である。

例えば現時点での記録である1万5千人を超えた2016年の最終戦は、7試合勝利無しで迎えた試合であり、決して勝ち続けたから1万5千人集まったわけではない。それまでの記録であったセレッソ大阪戦やガンバ大阪戦についても《ファジアーノ岡山が強くて勝ち続けていて、セレッソ大阪/ガンバ大阪にも勝てそう》だから観客が集まったわけではないのは自明であろう、

それぞれ1万人以上集まった理由は個別にあって、共通する法則についてはなかなか決定的なものがわからないので、ファジアーノ岡山に限らず各クラブ苦労をしているわけである。

とりあえず分かっている法則の1つに《物語があると人が集まる》ということがある。

2016年最終戦は2つの物語があった。1つ目は「勝てばプレーオフ進出、負けるとプレーオフに出れない可能性がある試合」、2つ目は「Challenge1平均観客数1万人に対して、満員でギリギリ届くかとどかないかという試合」である。勝てない試合が続いていてもこういう物語があれば観客は増えている。

セレッソ戦やガンバ戦は、アウェイサポータが多いのもあるが、日本代表や有名な選手を生で見られるという物語があった。

勝ち続ける強いチームには、《昇格》《優勝》といった物語がつきやすく、たいがい自チームに日本代表やそれに比する選手がいて、見に来るだけで物語が生じやすい状況であることが、《勝てば観客が増える》というナイーブな信念の素なのでしょう。

まあ、どんな物語が《ウケる》物語かというのに決定的なものがないので、今のところ試行錯誤を数多く行ってウケた物語を大事に育てていくしか無いのが現状で、そこに苦労しているわけなんですが。

試合内容の物語は、《勝っても負けてもこれが俺たちのサッカーだ》と言えるものを作るには時間も手間もかかるので、ここでは置いとくとして。

ファジアーノ岡山は、《ファジフーズを食べにいくと楽しい》という物語で1つ成功して観客動員を増やし、いま次の物語を模索しているところである。ファジフーズエリアの試合前のDJとか手応えのありそうなものもあるけど、なかなか決定打まではいっていない。先日の肉フェスのボディービルダーショーとか面白い試みだとは思うんだけどねー。

いままでウケた物語からバリエーションを考えるなら、例えばChallenge1について、2016年最終戦のブーストは平均1万人が具体的に見えたからと考えると、中間地点でなにか目標を示す。たとえば夏休み中に通算15万人を目指したChallenge1活動をするというのも1つの手でしょう。そいういうのに使えないかなという意味でもこんなサイト『ファジアーノ岡山 CHALLENGE1への道のり 2019』を作ってみたりしました。

例えばBリーグで、チアの他に《応援するアイドルの卵》を置いて、一緒にクラブを応援しながらアイドルの成長も応援するというAKBっぽい物語を仕掛けているところが増えています。ファジアーノも、少し前にミサッキー桃瀬美咲をクラブ応援マネージャーにして一定の手応えがあったんですが、スタッフのマンパワーが足りなかったのか、だんだんステージが放置気味になってたのが残念でした。

この応援アイドル、アイドルを応援する男性という効果の他に、女性の観客のファッションコーディネートの見本になるという効果があって、当時のスタジアムにはミサッキー風のファジアーノユニフォームを使った可愛いコーディネートの女性が増えたものでした。ファッション見本という意味では、男性向けのカッコいいコーディネートを提案するのもいいかもしれません。(Bリーグは男性向けファッションコーディネートも手をつけてますし。)たとえば児島のジーンズと組んでもいいし、カンコー学生服と組んでもいい(どんなコーディネートのになるんだろうか?!)竹田忠嗣がまだファジアーノにいたならキスマイ呼んでコーディネートショーをしても良かった(笑)スタジアムに行くことがある種のファッションの先端になるという物語を作る手です。

我々サポーターもできるだけ格好いいファッションコーディネートで、コンゴのサブールみたいになって、スタジアムに行く人間格好いいみたいな雰囲気をつくればいいのかもしれません。

つらつらと、まとまりまく書きましたがファジアーノ岡山をいろいろ楽しくするチャレンジは、クラブにもお願いしたいし、1サポーターとしていろいろ考えやってみたいと思っています。

|

« デットマール・クラマー氏の言葉 | トップページ | 《熊本の美味しいお店》喫茶ブラウンのカレー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デットマール・クラマー氏の言葉 | トップページ | 《熊本の美味しいお店》喫茶ブラウンのカレー »