« 熊本ヴォルターズがB2西地区優勝へマジック3 | トップページ | paypayでタクシー支払い »

2019.04.15

シネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』

シネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』見てきました。とても良かった。野田×歌舞伎なんで、本体は言葉遊びやメタな発言が多いまさに楽しい《贋作》で、でもちゃんと安吾のテーマで終息させた。しかし、更にその上に《救い》をのせて来るとはっ!凄いなあ。最後ちと泣いてしまった。

Sakuranomorino

『夜長姫と耳男』や『桜の森の満開の下』などの坂口安吾の小説は高2から高3にかけてむさぼるように読んで、自分の美意識の根っこに刺さっているのだ。今回それをまた確認できた。

|

« 熊本ヴォルターズがB2西地区優勝へマジック3 | トップページ | paypayでタクシー支払い »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本ヴォルターズがB2西地区優勝へマジック3 | トップページ | paypayでタクシー支払い »