« 2018年1月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月の記事

2018.09.29

あきぎんスタジアム J3:ブラウブリッツ秋田vsガイナーレ鳥取

先日、ブラウブリッツ秋田対ガイナーレ鳥取戦を見に秋田までいってきたときのスタジアム紹介です。

秋田駅は金足農業の大段幕が飾られていました。

Kimg4418

会場のあきぎんスタジアムは秋田新幹線の終点秋田駅の西口からバスに乗ります。バス停は1階からの方がたどり着きやすいので、すぐ階段を降りたほうがいいでしょう。

あきぎんスタジアム方面へのバスは多系統ありますが、わかりやすいのは2番のバス停です。ここからひっきりなしに145系統臨海営業所行きが発車してるのでこれに乗ります。

Kimg4420

千秋公園の蓮のお堀端を通り過ぎ、県庁・市役所バス停の次の《八橋市民広場・裁判所前》が最寄りのバス停です。駅前からだいたい15分もかからず到着します。この辺は「八幡市民広場・◯◯◯◯」というバス停がたくさんあるので惑わないようにしましょう。ま、どこで降りてもそんなに遠くはないのですが。

バス停から道を挟んだ北側のワンブロック先に、あきぎんスタジアムの秋田銀行の看板がもう見えますのでそちらの方へあるきましょう。メインスタンドは左廻り、バックスタンドやゴール裏は右廻りで行くほうが、ちょっとだけ近いです。

ほどなく歩けばあきぎんスタジアムです。

Kimg4423

あきぎんスタジアムは、ラグビーの秋田ノーザンブリッツ(トップイーストリーグ)もホームにしているので仲良くノボリや看板が並んでいます。

Kimg4424 Kimg4422

メインスタンドの南側が屋台エリア。

Kimg4429

本日は、ガイナーレ鳥取戦を記念しての 紅ズワイのカニ汁屋台があり、ガイナーレの岡野GMが手づから配膳をしていました。

Kimg4431

Kimg4438

秋田名物ババヘラアイスもあります。これはスタジアム特製のここだけでしか食べられないブラウブリッツ色のババヘラアイス。

Kimg4437

ザンギ(鶏のから揚げ)とか、地元名物の餃子とか、屋台の数は少ないけど美味しい食べ物があります。

Kimg4427

Kimg4432

フィールドは球技専用でとても見やすく、メインスタンドはほぼ満員で激しく応援する観客があり、一方バックスタンドでは芝生で寝転がってのんびりみる観客あり、なかなかいい雰囲気でした。これはバックスタンドの方の写真。

Kimg4439

試合は2-2の引き分け。互いに大きく攻撃を仕掛ける面白い試合でした。

Kimg4440

メインスタンドからだと、秋田の間瀬監督や鳥取のフェルナンジーニョ選手がいろいろ怒ってる声が直接聞こえて迫力がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Origami payを使う

ちょいと使いでが良さそうなので、QR決済システムをいろいろ使ってみているところ。

@yorimichi :年会費や初期投資がなさそうなので、QR決済システムを4つ試しにインストールして使い比べてみることにした。(pixiv pay,Origami pay,Line pay,d払い)ICカードシステムと違って複数のシステムを1つのスマートフォンで併用できるのがまずは長所だな。

[https://twitter.com/yorimichi/status/1045327459808210945]

今日、Origami payをローソンでつかってみた。レジで「オリガミで」とお願いすると、 「バーコードを出してください」と言われる。

QR決済にも種類があって、《レジに表示されたQRコード/バーコードを、 スマホで読み込んで決済する》方法と 《スマホにQRコード/バーコードを提示して、レジで読み込んで決済する》方法があり、 ローソンのOrigami payはバーコードを提示する方法だった。

Origami pay のアプリでバーコードを提示して、 レジの人が商品用のバーコードリーダーをスマホに当てると、支払い終了。 支払った店名と金額が、アプリの中と登録したアドレス宛のメールに記録される。

拍子抜けするくらい簡単にすばやく支払いができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.28

フリクションボール スリムを試してみる

今日試しにフリクションボールスリムを買った。

1538133069104.jpg

色は赤、青、紺の3種類を買った。 ピンクとかパステル色のバリエーションが多いのは女性むけの商品なのだろうか。 スリムはその名の通りペン軸が非常に細いの特徴だ。 多色フリクションペンは軸が非常に太くて筆箱の中でかさばるのが気になったので、 細くてかさばらないのを試してみようと思ったのが第1の理由だ。

また、通常のフリクションペンは軸が普通のペンと比べても少し太めで、グリップの良い(=滑りの悪い)素材でできているので、手帳のペンホルダーはちょっと抜き挿ししにくいところがある。 なのでちょっと細いペンがほしかったのが第2の理由。

1538133071246.jpg

ペンホルダーに挿すとちょっと細すぎの感じもあるが、 小さいけれどクリップにしっかりした切れ目があるので安定したホールドができている。

スリムには極細の0.38芯しかないのと、替芯が使えず使い切りなのが欠点といえば欠点か。

バリエーションが増えると、使い所に合わせた使い分けができるようになるので、なかなか楽しいところがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.25

SNSからfacebookの投稿ができなくなっていた。

私はtwitterの投稿を自動的にfacebookにも投稿するように設定していたのだが、8月以降どうもうまくfacebookに投稿できてないことに9月になってから気がついた。(8月は忙しかったのよ)しらべてみると、facebookの設定が大々的に変わったそうな。

Facebookは4月に、アプリの投稿権限API「publish_actions」を8月1日に無効にすると発表していた。FacebookはこのAPIを利用している開発者に対し、8月1日までにShareダイアログに切り替えるよう推奨していた。Facebookは7月31日、約6万件のアプリが影響を受けるとしていた。
----ツイートのFacebookでの自動投稿が8月1日から無効に Facebookの権限廃止で - ITmedia NEWS

いろいろ試してみると、facebook純正アプリ以外でfacebookに投稿できるアプリは、Instagram ぐらいしか見つからなかった。

twitterの投稿をfacebookに投稿するやり方は、「twitterのシェアボタンでfacebookに投稿する」(facebook側の推奨)、「twitter の投稿のURLをfacebookに貼る」(twitter側の推奨)などあるが、どちらもfacebookにはコメントが最初の一部分しか表示されなくて、なかなかもどかしい。Instaguramからは両方綺麗に投稿できるのだが、必ず画像が必要なので、文章だけの投稿はできない。帯に短し襷に長しである。

でもって、いろいろ試して最終的に残った選択肢は

Twitterの投稿を手動でコピーしてfacebookに手動でペーストする


であった。

2020年も間近になって、最先端のソーシャルなネットワークの連携の最適手段が手動のコピーアンドペーストとは、なかなか乙な話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

【告知】[9月24日]西日本豪雨災害・北海道地震チャリティトークイベント「金田伊功を語る」

京都で9月24日にGAINAX京都の武田=怪傑のーてんき=康廣さんと、『坂道のアポロン』『血界戦線』『はじめの一歩』『名探偵コナン』などの作画や演出に関わられた佐藤千春さんのチャリティトークイベントが、金田伊功ARCHIVE主催で開催されるとのこと。

以下、私の友人の告知ツイート、

緊急告知・拡散希望です! 9/24に京都で西日本豪雨災害・北海道地震チャリティとして、凄腕アニメーター・演出家の佐藤千春氏とGAINAX京都代表の武田康廣氏によるトークイベント「金田伊功を語る」を開催します!! 詳細は https://studioz-official.jimdo.com/ を。事前申込制です。#金田伊功 #佐藤千春 #武田康広

T.Shimonoさんのツイート 2018年9月15日

詳細はこちらの studioz のお知らせサイトにて =>《お知らせ - studioz-official ページ!

会場のウイングス京都は四条烏丸や錦市場にほど近いアクセスの良いところです。
金田さんがアニメに与えたインパクトはとても大きなもので、このトークイベントでも面白い お話が聞けるものと思います。
お近くの方はぜひ申込の上お寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.23

スケジュール手帳

9月になると文具売場に来年の手帳が出回るようになる。

スケジュール手帳については、長年《超整理手帳》を使っているが、以下の理由で今年で使うのを止めることとした。

  • 蛇腹予定表がオーバースペック
    予定表にはもともとそんなに書き込む方では無かったが、Google Calendar との併用を始めたら、さらに空白が目立つようになった。ここまで大掛かりな予定表は私には不要である。
  • ケースの更新時に適当なのが無い。
    超整理手帳のケースは、カンガルーポケットという、A4資料を4つ折りでコンパクトに収納でき小物も収納できる優れものの機能がある。長年使って壊れてきたのでそろそろ更新する必要があるが、Amazonの取扱いは豪華革張りとかのハイスペックバージョンのみとなっていて適当なのがない。
ということで、今回は《超整理手帳を単機能に分解して代替してみる》をテーマに来年の手帳等をそろえてみた。

スケジュール帳は、能率手帳のNo1731

1537660402849.jpg

2週間見開きで、超整理手帳よりちょっとコンパクトなものにした。書き込む量からこんなもんかなと。

カンガルーポケットの代わりは、A6クリアケースとオレッタ

1537660403974.jpg

常に持ち歩く書類はクリアケースに。横四つ折りから縦横四つ折りになるが、コンパクトに持ち歩くには変わりないはず(^◇^;)付箋紙などの小物もこちらで。

1537660404705.jpg

一時的な書類はオレッタで。オレッタは簡単に書類を挟めてコンパクトに運べるので重宝する。

スケジュール帳の代替は年末から、カンガルーポケットの代替はとりあえずすぐ始めてみることとした。何度かアジャストして上手くいくようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.21

演劇:雨傘屋vol.8『隣にいても一人』

ちょっと縁のある熊本の劇団からフライヤーが届いたので宣伝をば。

ある朝目を覚ますと、昇平とすみえは、「なぜか」夫婦になっていました‥。
平田オリザ流不条理劇を、奇才・天野天街が演出。2011年初演の雨傘屋版『隣にいても一人』満を持しての再演です。

雨傘屋 vol.8 『隣にいても一人』
作:平田オリザ(青年団)
脚色・演出:天野天街(少年王者舘)
2018年10月11日(木)~10月14日(日)
会場:studio in.K (熊本市中央区国府1丁目21-3ブラザービル3F;熊本市電国府駅徒歩2分)

料金:前売 2500円;高校生以下 1000円(当日券は+500円)
チケット取扱[転回社] https://tenkai.peatix.com
[雨傘屋最新情報 twitter] twitter @amagasaya

フライヤー「隣りにいても一人」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダージオウ 第2話

仮面ライダージオウのビルド篇の解決回。

常磐ソウゴのセリフ

時計の針だったら止めたり動かしたりできる。巻き戻すことだってできる。 でも人の人生は違う。自分が歩む未来は自分で選ぶしかないんだ。 自分で動かさない時間は動かないんだよ。
は居候先の伯父さんの受け売りだけど、このライダーの重要なテーマになるんだろうな。

ビルドの力を得たジオウが技を繰り出す時に流れる数式が《何だかわからない式》《間違った数式》というのは笑ってしまった。戦兎じゃないが「サイアクだ」。 この辺がジオウの限界の1つなのかもしれない。 理解できない力を理解しないままで使ってしまうことが今後の何かの伏線で、何かを経てライダーの力を正しく理解したときには、ビルドの数式が綺麗な数式になっている、だったりしたら良いねえ。深読み過ぎかもしれないが。

エグゼイド篇では絵夢本人が出てきてるし、 今後も変身前のライダーが出てくるんだったら、楽しみである。

タイムパラドックありまくりの世界を改変する物語なので、 むちゃくちゃもできるが、収集がつかなくなる可能性も高く、 どちらに進むか見守っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.19

映画『未来のミライ』

7月からずっとタイミングが合わなくて後回しになっていた映画『未来のミライ』ようやく観ることができた。


未来のミライ チケット

前半のザ=ドリフターズレベルのスラップスティックは大変面白かった。
が後半は、言いたいことは判るが、理が勝ちすぎてたし、加えて言葉での説明が多くて、
私は《好きくない》だった。


後半のくんちゃんが駄々をこねるところは、身にしみて共感できたが、
立ち直るときのくんちゃんは物分りが良すぎて、道徳映画か宗教映画かといった感じ。
だからかクライマックスの飛翔シーンには、開放感爽快感はなく、
細田監督も自覚しているように《落下し家族の歴史に縛られる》ためのジャンプだった。
そいうところも《好きくない》だ。


細田監督が上手いなと思ったのは、
先に述べたスラップスティックの他に、街の鳥瞰の絵のちょっとした違いで、
《同じ場所》で《違う時代》ということを表すところ。
しかも最初に家の形が違うというわかりやすさで時間の経過を示したあと、
後半には、大きく景色が違うけど、
鉄道(とトンネル)の形で《同じ場所》の《ずいぶん昔》であることを
にじませるところ。不思議な現象がおきるときの繰り返しも面白かった。
迷い込んだ《東京駅》の不気味さ、非人間的な雰囲気もデフォルメが効いて目を奪われた。


だから2時間近く飽きずに観ることはできた。が、あまり私には響かなかった。
そんな映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gwendline 空山基×Rockin'Jelly Bean×寺田克也

Kimg4479

汗と粘液のRJB氏、メタリックな女性の空山基氏、メカと女体の寺田克也氏と三者三様の《エロ》が展開されています。

寺田氏の eromecha Girl 連作は、乳の形や張りのヴァリエーションが多種多様で見ていて飽きません。大作 『eromecha Girl Kannon』は千手千獣の観音様で、言葉にならない何か湧き出るものが溢れていて目を惹かれました。

RJB氏では『滝行』の真摯な修行と俗世な欲望が一体となったおかしみが楽しい。 空山氏の作品では untitle-2 と untitle-12 が好みかな

銀座(といいつつ新橋駅のほうが近い)のヴァニラ画廊で9月30日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.16

ダーティー松本個展 at カフェ百日紅(下板橋)

フェチの塊のようなエロ漫画家、ダーティー松本さんの個展が板橋で開催されています。タイトルは《La Danse 美天使の舞踏会》

1537105047044.jpg

東武東上線下板橋駅からほど近いカフェ百日紅(さるすべり)が会場です。

1537105048050.jpg

交差点に面した四畳半くらいの小さなカフェで、全方位の壁にダーティー松本さんのバレリーナやらレオタードやらの絵がみっちり飾られていました。初期のダーティー松本さんは、記号的な乳尻手足にフェチの記号のバレエ服やら髪括り紐やらが山盛りなのが特徴ですが、最近はそれに肉感的な身体が加わってまたいい味を出しています。

印刷絵の他に、昔の原稿、下書き集、単行本、内山亜紀の応援色紙などが展示され、絵はがきや同人誌などグッズも売られてました。

入場無料で1drink制。今回、紅茶を頼んだら、きっちり濃いく煎れてありミルクに負けない味だったのは嬉しいかったです。

10月1日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.15

秋田新幹線と奥羽本線

秋田新幹線は奥羽本線と重複して走っている。
新幹線と在来線は線路の間隔がちがうので、

1536984054920.jpg

このような3本線路の区間があったり、

1536984056108.jpg

このような、規格(間隔)のちがうふた組の線路が並んで走っている区間があったりする。(左が新幹線で、正面が奥羽本線)

こんな配置はなかなかなくて、規格のちがう線路が並んで走る区間は、山形新幹線と山形線の重複区間、3本線路は、箱根登山鉄道に小田急が乗り込んでる区間くらいしかない。
ま、ちょっと珍しい景色ということで報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

鱧寿司弁当

先日、昼時に新大阪駅で乗換た時に駅弁を物色していたら、鱧寿司弁当を見つけました。

1536664424897.jpg

鱧(はも)は京都の夏の風物で、湯引きして梅肉ダレで食べたりするのですが、手間がかかる分ちょっと高級だったりします。このお弁当もいい値段やったんですが、まあ季節もんなんでお昼用に購入しました。

これ京都のお弁当屋さんかなと思ったら

1536664427938.jpg

奈良の柿の葉寿司で有名な、ゐざさ中谷本舗でした。意外だったけどちと納得。

1536664428563.jpg

中身は、湯引き、笹巻き、ご飯の上に鱧の照り焼きです。梅肉ダレも付いています。笹巻きの中身はこんなんでした。

1536664429281.jpg

お味は、湯引きは鱧らしかったですが、薄味の鱧を濃いく味付けした照り焼きとかは、歯応えが鱧なのかなあというところで。まあ季節もんやしこんなもんかなあ という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.10

最近の熊本城

最近の熊本城は、通町筋電停から見ると 1536583247445.jpg 工事用足場が見えなくなっている。 クレーンがあったり、下の方が変な形してるのが見えるので、まだまだ工事中なのだが、ずいぶんすっきりした。

これが二の丸方面の加藤神社から見ると 1536583249640.jpg 下層階の工場が真っ最中なのがまる見えで、頭でっかちなアンバランス度が進んでいて 前よりも更に《合体ロボット》っぽくなっている。

まあ、石垣の復旧は2年半になろうとしてもなかなか進まないし、せめて目立つ天守閣を早めに直そうというのは正しい選択だったのかもなあ。

おまけ。城下上通の《あまみや》の秋の新作『栗づくしパフェ』 1536583251606.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.05

はてなダイアリー終了と路傍亭の運用について

はてなダイアリーにサービス終了のアナウンスが出ました。→ 《2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い

要約すると

  • はてなダイアリーは、2019年春より更新ができなくなる。
  • 過去のはてなダイアリーのデータは他のブログへの移行を推奨する。
  • はてなダイアリーからはてなブログへ容易に移行できるツールがある。
  • はてなダイアリーの記事は、2019年春以降も維持され閲覧が可能
てなところでしょうか。

特に4番目の宣言は重要ですねー。ニフティのウェブサイトサービス終了で 《homepageX.nifty.com》などののコンテンツが大量に抹殺され貴重な過去のデータ資源が失われたのは記憶に新しいところです。

路傍亭はいままで、このココログの路傍亭(ココログ)と、はてなダイアリーの路傍亭@はてな[ http://d.hatenane.jp/w-yorimichi/ ]でしたが、 はてなダイアリーの替わりに、路傍亭@はてなブログ [ http://wackie.hateblo.jp ]で運用することとします。 路傍亭@はてなの過去記事ははてなブログに移行して、リンクもリダイレクト しました。路傍亭@はてなにアクセスしても、はてなブログの記事へジャンプします。

このリダイレクト、移行した過去記事1つ1つがちゃんとそれぞれの新しい記事にリダイレクトする優れもの。 これもニフティのウェブサイト移行時のリダイレクトが全部トップページへのリンクになってて、 貴重な過去のリンク資源が失われたのとは対照的です。

内容の棲み分けも今までと同じくはてなは《備忘録と記録》にしようと思ってますが、 内容とインターフェイスの相性で追い追い変えるかもしれません。

またぼちぼちとやっていきますのでよろしく おつきあいのほどお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年10月 »