« 電子マネー試行月間顛末 | トップページ | コミケ93:時刊新聞 »

2017.12.21

『それはまた別の話』の他の話

以前、『それはまた別の話』の起点が1995年のドラマであろうことを話題にしましたが、ではそれより前の時代の類似の表現は何だったかというのを1つ見つけました。

とりあえず見つかったのは以下の科白。

このアルバムが
全世界で大ヒットと
なるのは‥‥
また後(のち)のお話‥‥❤

引用元は「コータローまかり通る」(無印)59巻,p179,3コマ目。講談社なのでちゃんと2点リーダーです。

『また後のお話』でググると、割と幅広くヒットするので、一般的に使われる表現であろうと思われます。単行本の発行年は1994年で「王様のレストラン」の前年。翌年の'95年だったら蛭田達也の性格からして、ここにはきっと『それはまた別の話』が使われたに違いありません。

「それはまた別の話」以外の表現を使いたい時は「また後のお話」を使ってみよう。

|

« 電子マネー試行月間顛末 | トップページ | コミケ93:時刊新聞 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

【補足情報】「それはまた後の話」というフレーズが、NHK大河ドラマ『真田丸』でよく使われてた模様。

投稿: 傍見頼路 | 2017.12.23 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/66184465

この記事へのトラックバック一覧です: 『それはまた別の話』の他の話:

« 電子マネー試行月間顛末 | トップページ | コミケ93:時刊新聞 »