« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年10月の記事

2016.10.06

動物物真似:江戸家小猫

2016年10月1日真打ち競演(NHKラジオ第1)放送

当代の小猫さんのネタをまともに聞くのはこれが初めてじゃないだろうか。江戸家の芸は、 ネタも入れているくすぐりもほぼ同じなのに、やってる人によって可笑しみがこんなに違うのか、という発見があった。

といっても悪い意味ではなく、当代の小猫さんは、生真面目が背広着てあるいているようなそんな話しぶりで 「この動物園づくしと云うのはやればやるほど拍手が小さくなっていくという欠点がありまして」なんて淡々と言っているのが ジワジワと可笑しくて大笑いしてしまったのである。

三代目猫八師匠や先日亡くなられた四代目は、いたずら坊主がからかうような江戸っ子の 茶目っ気が可笑しかったもんだが、同じくすぐりを石部金吉のように演って可笑しくするってのも凄いなあと思った次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.05

2016年J2 第34節 FC岐阜 0-5 ファジアーノ岡山 (2016-10-02)テレビ観戦

昨シーズンから引き続いているファジアーノ岡山の欠点、引いて固めて守る相手を崩せない所は、 前回の長崎戦、前々回の熊本戦でも出ていて2試合連続のスコアレスドローであった。
では改善が見られないかというとそうではなくて、去年と比べれば セットプレーは一段と工夫が見られるし、ミドルシュートのチャレンジは格段に多くなっている。前者は今年の快進撃の原動力だが、後者に関しては、この2試合でもさんざんミドルシュートは打っているものの精度が足りなくてなかなか得点には至っていないところが難しいところである。

この試合も岐阜のボランチの岡根が引いて5バックで守る所を崩せてはいない。が、そのかわりDFの手前でのプレッシャーが弱く、バイタルエリアでパス交換が何度もできていた。開始3分の先制点も、バイタルで4回パス交換をして体勢をととのえてからの伊藤のミドルシュートだった。相手のプレッシャーがちょっと弱ければあの距離からでもスカッとシュートが決まるとはJ1のチームみたいだなあ。すごいなあ。

あとの4点のうち3点はセットプレーから。矢島のPK奪取もFKでスルスルと裏をとり深い位置で1対1をつくって相手にプレッシャーを掛け、反則でなければ止められない上手い仕掛けをしていた。
もう1つのセットプレーじゃない得点、伊藤のパスからの豊川の1点目は面白いチャレンジだった。相手を崩しきれては居ないが相手のミスを上手く拾って得点につなげたのは上手かった。

2試合スコアレスの鬱憤をはらすようなクラブ新記録の5得点での勝利は、これからの勢い付になるだろう。もちろん、個の力で少人数で打開してくる岐阜の攻撃をピンチになりながらも3試合連続無失点で抑えた守備陣も自信をさらに深めたことだろう。シーズン終了まであと8試合。プレーオフ圏内の確保はかなり見えては来ているが、チームの特徴を考えると、引き分けでも勝ち抜ける上位でのプレーオフ突入をしたいところである。もちろん自動昇格ならなお良いが、そこまで期待するのはちょっと心臓に悪い(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年1月 »