« レノファ山口遠征篇 | トップページ | 『演劇概論』(河竹登志夫)からのメモ »

2016.03.19

新潟洋食謎メニュー

新潟には、その名前からは実体が想像もつかない洋食がいくつもあります。

代表的なところでは《イタリアン》

みかづきのイタリアン

上の写真は下越地方に展開する「みかづき」のイタリアンです。改めて説明するならソース味の太麺焼きそばにミートソースを掛けたものが基本的なイタリアンです。なぜコレがイタリアンなのかは今となっては全く謎です。どこにイタリアの要素があるんだ。(笑)新潟ではイタリアンは高校生の部活帰りの定番だそうで。みかづきではイタリアンのソースをホワイトソースにしたりカレーにしたりきのこソースにしたりとか、メニューのバライティがたくさんあり月替りで新製品が開発されています。

次に紹介するのは《マキ風カルボナーラスパゲティ》。古町の老舗喫茶店「マキ」が提供するメニューです。

マキ風カルボナーラスパゲティ マキ風カルボナーラ 中身

カルボナーラスパゲティというと、普通は玉子を主体とした白っぽいソースを絡めた濃厚な味のスパゲティですが、マキ風のカルボナーラは、スパゲティナポリタンの上にスパニッシュオムレツのような具入り玉子焼きを載せたものが出てきます。
多分「玉子をたくさん使ったスパゲティ」という情報だけが伝わってきて、インターネットも無い時代ですから想像力と創造力で作ったメニューだったんじゃないでしょうか。

最後に紹介するのは《カツ丼定食》。写真は白山駅前の池田屋のカツ丼定食です。

カツ丼定食

カツ丼におかずが付くのではなく、御飯とカツ卵とじが別々に出てくる定食です。東京だと「カツとじ定食」になるのかな。
カツの卵とじを定食にするときにカツ丼にのせるものという以外に名前を思いつかなかったのでしょうか。量はがっつりあるので私の池田屋の定番の1つです。

こういうのは一概に間違いと呼ぶのもふさわしくない気がしまして、日本のスパゲティの定番《ナポリタン》だって、イタリア人に言わせると全くナポリ風ではないそうですが、われわれにとってはナポリタンはナポリタンなのと同じようなものじゃないでしょうか。
更に言えば、地方地方の特色ある食文化としてずっと残って欲しいメニューでもあったりします。

|

« レノファ山口遠征篇 | トップページ | 『演劇概論』(河竹登志夫)からのメモ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/63367580

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟洋食謎メニュー:

« レノファ山口遠征篇 | トップページ | 『演劇概論』(河竹登志夫)からのメモ »