« 2016 Swing and Scat Tour by 太田 AHAHA 雅文 (04/07-09) | トップページ | J2:ファジアーノ岡山 2-1 ジェフ千葉 (2016-03-06) at シティライトスタジアム »

2016.03.03

2016年J2第1節 レノファ山口 1-1 ファジアーノ岡山 (2016-02-28) at 維新百年記念公園陸上競技場)

というわけでファジアーノ岡山の開幕戦、ことしJ2に上がってきたレノファ山口との試合を見てきました。

レノファは去年のJ3で圧倒的な得点力を誇った攻撃陣が、試合の立ち上がりから惜しみない運動量と流動的なパス回しで、3人目の動きだけでなく、4人目5人目も連動する動きでどんどん押し込んできます。イメージはツエーゲン金沢に似ている感じです。レノファの様子見だったファジアーノは対応が後手に回ってどたばたし、勢いのまま開始5分で先制されてしまいました。焦れたサポーターが「前から取りに行け」と叫んでいましたがそれこそレノファの思う壺で、かわして中盤の守備を引き剥がして数的優位を作り、変形スリーバックで空き気味のファジアーノのサイドを抉られる攻撃が続きます。

ただレノファの攻撃、速さと運動量がありますがパターンが単調で、ファジアーノも前半20分頃からは対応ができ、その後のピンチは散発的となります。多分、スカウティングされる次の試合からはレノファの攻撃陣は苦戦するんじゃないでしょうか。返す返すも最初の勢いで押し切られて点を取られたのが痛かったです。

ファジアーノの攻撃は、今年も、人数をかけて守る相手を崩せない欠点がでてました。ただ、矢島のミドルシュートの精度が上がっていますし(ベストゴールおめでとう!)、DF2人相手にそれでも切り裂ける押谷など切り札も健在でした。押谷が、倒されても倒されても反則を取ってくれないので、審判の癖を味方にするよう相手を倒す方に方針を変えてチャンスを作ってたのはクレバーだったね。
こういう別の選択肢のプレーができる選手があと何人か育てば去年よりはもう少し上にいけるのではないでしょうか。今年も地道に応援せねばらなんなあとしみじみ感じる開幕戦でした

結果は1対1の引き分け。次節はホームで千葉が相手です。

|

« 2016 Swing and Scat Tour by 太田 AHAHA 雅文 (04/07-09) | トップページ | J2:ファジアーノ岡山 2-1 ジェフ千葉 (2016-03-06) at シティライトスタジアム »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/63292210

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年J2第1節 レノファ山口 1-1 ファジアーノ岡山 (2016-02-28) at 維新百年記念公園陸上競技場):

« 2016 Swing and Scat Tour by 太田 AHAHA 雅文 (04/07-09) | トップページ | J2:ファジアーノ岡山 2-1 ジェフ千葉 (2016-03-06) at シティライトスタジアム »