« 1、2、たくさん | トップページ | 空気を読むについて »

2012.06.07

Caps LockキーをCTRLキーにする方法

Emacs使いや、ショートカットキーを多用する人は、Ctrlキーが押しやすい場所にあると非常に幸せになれます。(e.g.左手小指が疲れない、押し間違えが減る。)普段余り、というかほとんど使っていないCapsLockキーをCtrlキーに改造するのがよくある対応で、様々なキーボード改造用アプリ(keyswap等)が作られてきましたが、本家マイクロソフトでも改造用アプリが公表されています。

  1. マイクロソフトのサイトのここ→「Ctrl2Cap v2.0」からctrl2capをダウンロード
  2. 管理者権限でcmdを実施する。
  3. プロンプトから > ctrl2cap.exe /install を実行。
  4. 再起動
これでCapsLockがCtrlになります。

元に戻したい時は同様にして。


  1. > ctal2cap.exe /uninstall
  2. 再起動

で戻ります。

で、改めてマイクロソフトのサイトを見ると、WindowsNTの時代からこの手のアプリを公表していたんですね。気づいていませんでした。

※参考:Windows7でCtrlキーとCapsキーを入れ替える一番簡単な方法 - モスマン

|

« 1、2、たくさん | トップページ | 空気を読むについて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/54900714

この記事へのトラックバック一覧です: Caps LockキーをCTRLキーにする方法:

« 1、2、たくさん | トップページ | 空気を読むについて »