« 漫才を「誰が誰に話しかけているか」で分類してみた | トップページ | 携帯電話からココログに投稿 »

2009.03.22

全てのジョークは8つのパターンに分類できる

リンク: Tokyo Fuku-blog: 全てのジョークは8つのパターンに分類できる.
 

8つのパターンの中の一つが「肯定的反復(positive repetition)」である。「リトル・ブリテン」の中の決まり文句「村ただ一人のゲイ(Only gay in the village)」や「スピッティング・イメージ」に登場する人形の誇張された特徴などがそれにあたる。
 また「修飾(qualification)」はなじみのある単語を聞き慣れない言い方で言うパターンで、「ピンク・パンサー」シリーズの中のクルーゾー警部のアクセントが好例である。
 「質的な再文脈化(Qualitative recontextualisation)」はよく知ったものが変化する場合に起きる。誰かが髪を切った時に起きる笑いがこれだ。
 その他には言葉に二重の意味をもたせる「応用(Application)」、観客が台詞や筋を想像して補う「完成(completion)」、ジョークを分割してそれぞれ別の人物に語らせる「分割(division)」、皮肉やあてこすりなどの「対立(opposition)」などがあるという。

考え方は枝雀のオチの4分類の視点と類似の視点による分類で、枝雀がジョークの生み出す効果を重視したネーミングなのに対し、この分類はそのジョークを駆動するエンジンに着目したネーミングなのだな。
(例:修飾と再文脈化はヘンを生み出す。応用と完成は合わせを生み出す。)
これはこれで使えそうな分類だ。

|

« 漫才を「誰が誰に話しかけているか」で分類してみた | トップページ | 携帯電話からココログに投稿 »

「笑芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/44427307

この記事へのトラックバック一覧です: 全てのジョークは8つのパターンに分類できる:

« 漫才を「誰が誰に話しかけているか」で分類してみた | トップページ | 携帯電話からココログに投稿 »