« 落語:西行鼓ヶ滝 笑福亭鶴光 | トップページ | Jリーグ:湘南ベルマーレ 2-4 京都サンガ @ テレビ観戦(6月27日) »

2007.06.24

Jリーグ:京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック @ テレビ観戦

激しい雨の中やっとこさでサンガが勝ったという試合だった。

水戸は去年のミトナチオから今シーズンはポゼッショんサッカーに変えるとして、いい試合はするけど負け続けていたが、数試合まえから攻撃がかみ合ってきている。今日も中盤から前で2,3人のコンビネーションで小気味いい攻めを見せる。京都はそれを各個人の身体能力で跳ね返している。

京都の攻めに対しては、サイドハーフの前を人数をかけて抑えて、低い位置からのロングボールを多用させDFの裏のみをケアする。斉藤も石井も中央をガンガン突破するほどではないのでグダグダな展開に巻き込まれた。

京都の先制点は、水戸DFの高い位置のミスパスを取って、カウンターで平島が高い位置からフリーで右サイドのパウに出したパスから、真ん中の徳重、田原を経由して、左の斉藤と振り回して、再度田原のヘッドで決めた。水戸も前掛りになった時のケアがきっちりできるところまではまだ完成していないというところか。このカウンターは見事だった。

京都2点目も水戸DFのミスをかっさらったパウが個人技でたたきこむ。

2点とも相手のミスに乗じた得点で、崩せた訳ではない。サイドの高い位置から前へのパスを切られるとあとは相手のミスを待つしかない所がちょっと引き出しが少ないなあ。ハーフラインの端で相手2人を前にボールを保持して出しどころが無く、バックパスし、反対側のハーフラインのところで雪隠詰めになってまたバックパスというのがグダグダなときの京都のパターン。鳥栖戦でも同じようなパターンだったんじゃないかな。

個人の力で打開するならパウリーニョのほかにもう1人くらい絶対的な人間が必要なんだが、田原、ポストプレーは良かったんだがストライカーとしてはいまいち甘いかった。わずかな隙でもシュートをうたんかい。

守りもスカパーの上田ジム解説に言われるとおり、ラインコントロールがなんとなく甘かったり、いまいち組織的でなかったりする。もうちょっとまとまらないかなあ。オウンゴール1点に抑えられたのはかなり運が良かったと思う。

喜べるのは勝点3が取れたという結果のみかな。いや結果をだせることが一番大事なんだけど、ちょっとすっきりしない。

|

« 落語:西行鼓ヶ滝 笑福亭鶴光 | トップページ | Jリーグ:湘南ベルマーレ 2-4 京都サンガ @ テレビ観戦(6月27日) »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/15548058

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ:京都サンガ 2-1 水戸ホーリーホック @ テレビ観戦:

« 落語:西行鼓ヶ滝 笑福亭鶴光 | トップページ | Jリーグ:湘南ベルマーレ 2-4 京都サンガ @ テレビ観戦(6月27日) »