« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の記事

2007.02.28

イタリアの語り部芸

落語2.0を考える上でのヒントとして、イタリアの1人話芸を紹介してみよう。

テアトロ=デ=ナラチオーネ(伊Teatro di narrazione、英 narration theatre)というその話芸については、講談師の神田山陽が、イタリアでの留学中に興味を持ち、東京かわらばん2006年11月号の三遊亭円丈との対談の中で語り部芸として紹介している。

山陽が述べる、その語り部芸の特徴は以下のとおり。


  • 伝統的な芸ではない
  • 10年前に3人が始めて今は全部で600人くらいの語り手がいる
  • 形式はモノローグ語り
  • 1人で大きな劇場を一杯にする
  • 内容は客を喜ばせるというより問題提起
  • 例えば「ひとつの事件について私が調べた限りのことを話します」って始め、細かいデータを挙げながら、地と会話で繋いで語る。
  • 講談みたい。
  • ラウラクリーノという55歳くらいの女性の語り部が面白かった。「オリベッティという会社を例に、今のイタリアは企業だけが儲けているという問題提起」の話を山陽は見た。

イタリア在住のK嬢に尋ねたところ、wikipediaの英語版に、イタリア語版から翻訳された説明が載っていることが判った。→「wikipediaの英語版のTeatro di narrazione

内容を抜粋すると、


  • この語り芸はここ数十年で発展した。
  • 役者はいない。演技も無い。ただストーリーを語る語り手がいるだけ。
  • 語り手は椅子にじっと座っている。
  • 小道具や衣装を使わない。
  • 舞台上に語り手を照らすライト以外の明かりはない。
  • 時には、語り手に観客の顔が見えるよう劇場全体を明るくすることがある。
  • 1969年のMistero Buffo(Comic Mystery)が原点
  • 語り芸は特にイタリア近代史の暗部に焦点が当てられる。
  • 語りの主題は、テロリストによる殺人事件、ダム災害の悲劇、オリベッティタイプライター会社の問題、第二次世界大戦の連合国のシシリー空襲、ナチスのローマ占領とアメリカによる解放などである

どんな雰囲気かまでは伺えないが、自由民権運動の集会や、学生運動の演説などと似たような雰囲気なんだろうかと想像してみたりしている。落語2.0で岡田斗司夫が目指している内容ってこんなんじゃないのかな。

(2007.03.03補足)


  • 文化庁のサイトに山陽の中間報告のレジメがありました。
    →「第3回文化庁文化交流使活動報告会」(2006年3月8日)
    →「ビデオによる活動報告
    →「同レジュメ(PDF)
    レジュメの中で山陽はこの芸を語り手に注目して「ナラトーレ」と呼んでいます。今後はこちらの呼び方が定着するのかな。
  • 同サイトによると、昨日の2007年3月2日に第4回の報告会が開催され、山陽の活動報告とデモがあったらしいです。どん報告をしたんだろう。早くレジメが出ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IMifiedに新規機能

先日話題にしたIMifiedですが、この数日でまた進歩がありました。

まず、Google calendarとの連携の不具合、登録済予定の一覧表示が9時間ずれる問題が修正されていました。早い早い。

それから、IMiFied Remindersに新機能mobile phoneとの連携が始まりました。メッセンジャーをofflineにしているときにremindするイベントがあるときには、SMSないしe-mailで教えてくれるようになりました。

SMSは日本ではvodafoneのC(サムソン?),H(日立),T(東芝)に対応しています。私はauなのでe-mailで設定。日本語は文字化けするので今はローマ字で登録しています。いちいちパソコンを立ち上げなくても用事をしらせてくれるのはありがたいです。GoogleCalendarの通知をあわせて重宝しています。

時々サービスが1日くらい止まることがあるのはご愛嬌ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.25

複写機杯

浦和ダイヤとガンバ大阪の試合、ガンバの多彩な攻めは健在で、遠藤にアタッキングエリアで持たせたら浦和と言えどもあかんよなあ、といった結果。

目立ってたのがガンバの安田。ドリブルや裏を突くスピードが素晴らしい。クロスが1種類しか蹴れず精度があかんのはご愛敬。これが昨年2試合しか出てないってんだから今年どんな鍛え方をしたんだ。
家長しかり、こんな若手がどんどん出てくるガンバはいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

ガイナーレ鳥取ロゴタイプ人気投票

先日2月20日のJリーグ理事会で準加盟クラブとしてガイナーレ鳥取(旧SC鳥取)が認定されました。鳥取には親戚が多く、その縁で気になるクラブで、何年も前からJを目指すべく地味に活動を進めているのは聞こえてたのですが、これを機に一段取り組みをギアアップするようです。こんなにがんばって大丈夫かなあと不安な一方で、ちょっとワクワクしている所です。

ガイナーレ大改造プロジェクト』ってことで

これまでの“あんまり強くないけど、がんばってる、近所のちょっとかっこいいお兄ちゃんチーム”ではすまされない。いつも自信と向上心にあふれ、鳥取県が全国に、世界に誇れる“強く、かっこよく、鳥取県らしいチーム”に変身しなければならない。
太字引用者)

と宣言しています。うーむ、現状認識がしっかりしてるじゃないか。「復活!公園遊び」を推進するとか地道な貢献も忘れていないことは良し。

で第1弾として、タイトルのガイナーレロゴタイプ人気投票を2月28日まで実施しています。まあ、はっきりいってどれもぱっとしないのですが、皆で投票して皆で選ぶことに意義と愛着があるわけで、私も早速、投票しました。ちょいと興味のある皆さん、投票してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.22

立川談志の上下の切替え方について

先日、たまたま録画していた、NHK-BSの「ハイビジョン特集 立川談志 71歳の反逆児」を見ていたら、談志の上下の振り方が独特なことに気がついた。

マクラではそうでもないのだが、放送された『死神』のクライマックスで、談志の上下の変化が異様に早いのだ。

どこが違うのかと思ったら、上下を振るとき、通常は右向きの人物Aの状態から、首を左へ振りながら演技を変更して左向きの人物Bに成りに行き、向き切ったところで人物の変換が終るのだが、談志の場合、人物Aの状態から、顏がちょっと左に動いた時点で既に人物Bに成り代り切っている。遷移状態が無く演技に隙間が無い。見ている我々はカメラが一瞬一瞬切り替わるような臨場感と緊張感を持ち続ける。

例えば、マッチ棒で作った右向きのチリトリの絵が、棒を1本だけ移動すると左向きになる騙し絵のように、右向きの姿勢がその場でグニャッと変形して左向きになるような変化を、談志の身体がするのだ。談志の演技は上下を「振って」るのではなく上下を「切替」ていると言ったほうが相応わしいように思える。

他のベテランの落語家は、この遷移状態の隙間に対しては、振巾を小さくし、洗練した動作で対応しているが、談志の振巾ゼロの一瞬の切替に比べると緊張感や臨場感が一段落ちる感じがする。

この変形の仕方は、多分、先日、映画で見た甲野善紀の井桁変形に近い動きなのではないだろうかと思っている。井桁変形は、大まかにいうと関節を中心にしたドアスイングみたいな身体の動きをやめて全身を細かく割るように動かして、一瞬で身体の向きが変ったように動くことができるという技である。

談志もマクラや賑やかなネタでは大きく顏を動かして上下を振っているので、緊張感のあるネタのクライマックス用の演出のみ「この技」を使っているのだろうが、知れば知るほど、改めて談志家元の凄さを見る気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.13

2006年に見た映画

本当は年明けすぐにやるつもりだったのが忘れてました。


  • Mr & Miss スミス
  • エリエリレマサバクタニ
  • ガメラ
  • ナイスの森
  • ローズインタイドランド
  • 日本沈没
  • 時をかける少女
  • パプリカ
  • 甲野善紀身体操作術

去年は9本。ちょっと少なかったな。マイベストは時かけ、次点はパプリカ。

スミスを除く8本ともそれぞれ印象的なシーンが思い出される良い映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.12

春とspringの違い

東洋と西洋で季節感が違うといわれるが、実は季節そのものもずれている事は余り知られてないようだ。

春は、日本や中国では立春から立夏まで。立春というのは大まかにいうと、太陽が1年で360°天を回るうち、春分の日に居るところを0°として315°回ってきたところ、あと45°で春分点にたどり着くところに居る日だ。ご存知のとおり2月4日前後で、寒さが一番厳しい時期に春は立つのである。

ところが西洋の春に相当するspringはvernal equinox(春分)からsummer solstice(夏至)までなのだ。→(参考)英語のWikipediaの"Spring (season)"
だいたい暖かくなって、暑くなる前までが相当する。この英語のWikipediaを見ると立春に相当する英語はそもそも無いようだ。(Lichunは立春の中国語読み)

このように春とspringはおおむね1ヶ月半、四季はそれぞれ3ヶ月だからその半分の期間が定義からしてずれている。当然、他の季節も同じだけずれている。

これは多分、季節に対する考え方が違っているからだと思う。西洋の四季は、春と秋は暖かいとき、夏は暑いとき、冬は寒いときという状態を重視する考えに対して東洋では春は寒さのピークから復帰する時期、夏は暑さのピークへ向かう時期という、変化、あるいは変化の兆しを重視する考えに思える。

だから、ニュースによくある常套句『暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます…』は東洋の春と西洋の春を混同した変な季節感なのだ。(今年はすでに暖かいけど(^^;;)

なんでこんなことを書こうかと思ったかというと、ネット某所で「Apple社は2007年の春に○○をリリースすると予告したのに、正式発表は6月じゃん。Appleの春ながいね」という見当はずれの発言があったので、そういえば四季とfour seasonsのずれって知られてないことに思い当たったからだったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.11

IMified:メッセンジャー経由でスケジュールやリマインダーが操作できる。

いつも便利なものを取り上げてはるkengoさんのGoing My Wayで紹介されたIMifiedを使ってみた。

接続のしかたはごく簡単。それぞれのメッセンジャーで指定されたIDにメッセージを送るだけ。私はICQ(AIM)をgaimから利用しました。あとはメッセージで送られてくるメニューの記号を選んで送信するだけ。これは軽快。kengoさんも書いてはるとおり、昔のパソコン通信や初期のインターネット(gopherとか)の操作イメージに近い感じ。

googleカレンダーも軽快に使える。(TimeZoneを設定してもイベントの一覧の時刻が15時間ずれるのは早く直してほしい。)ザウルスからPHSで接続していると、ブラウザでgoogleカレンダーをいじるのは重くて面倒だったが、これで外出中でも軽快に入力できるようになった。

それと便利なのがリマインダー。大きな予定はgoogleカレンダーから携帯電話にメールさせるが、タイマーやアラーム代わりにするには、いちいちブラウザを立ち上げて接続するのが面倒だ。これがメッセンジャーならPC使ってるときはいつも立ち上げてるので、「風呂」→「in 40 min」で風呂が沸く時に知らせてくれたり、「15:10のバスに乗る」→「15:00」で、出発時刻を通知してくれたりというふうに、設定が簡単にできる。複数の料理を平行して作っているときのキッチンタイマーにもいいかもな。ザウルスを台所においてさ。

機能が複雑高度で便利になるのはいいことなんだけど、こういう軽快なインターフェイスももっとどんどん開発されて欲しいなあ。

(関連する記事)
IMifiedに新規機能(2008.02.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

コミティア79の収穫

先日のコミティア79で入手した本です。

ひまわりデザイン事務所
「左開き変形まんが」
「2人はOL」
川島よしお家
「KUJIGOJI PARTII」
「ILENE」
「NAOMINO TSURETEKE KOUSHIEN」
スタッフWHY
「影法師退治」
「抜け雀」
「フラージャイル」
HAPPY/BULE
「駆逐戦隊ディスポーザー」
「WitchShowsMagicShow」
三月やよい
「つながり」
「幻想小さじ1」
まぐま
「マンガのアプレゲール」
大深海水淵亭
「ASSEMBLE」

収穫は、川島よしおがのほほんと座っていたこと(笑)
HAPPY/BLUE、三月やよい、大深海水淵亭は初めて購入したけど、絵柄もストーリーも好みです。次もチェックしておこう。

まぐまはコミティアならではの硬派な漫画評論。まだ途中までしか読んでないけど、読ませます。

今回は事前にチェックができなかったのに、良い本にいっぱい当りました。眼福眼福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

落語2.0への提言

岡田斗司夫がぶち上げた落語2.0だが、ネット界ではほとんど話題になっていない。

落語2.0で検索すると、当サイトごときが岡田の公式サイトの次に出てくるていたらくである。いい評判も悪い評判もほとんどなく、とにかく話題にされていない。

原因はいくつか考えられる。

まず、岡田がなぜ落語2.0で「落語」にこだわるのかが明言されていない。
形式的には2つ述べられているが、『四人の占い師に「落語家になる」と言われてる』(月刊岡田斗司夫3号,p14)だったり、『観客が目の前にいて、話てリアクションを受け取る、っていうのがずっとやりたかった』(同上)だったり、本気でそれだけだとは思えなかったり、必ずしも落語に特定される理由でもない。
この「落語」にこだわる理由を抜きにしての議論は確かにしにくいだろう。

数少ない落語2.0に言及しているサイトも、
こころはどこにゆくのか?- ささやかな疑問を解消するのに必要な時間はささやかではない

つまり、どうして落語と名乗らなきゃいけないの?ってとこだと思う。実は、そこに一番の問題があるんじゃないかな。

はてなブックマーク - あのはらっぱへと続く道 / 2006年11月18日

それは「漫談」という形で既に実現しているのじゃないかとも思う。

これらサイトも、なぜ落語と名乗る必要があるのか。漫談でいいじゃん。とにべもない。

岡田が「落語」にこだわる理由はmixi日記や氏の従来の主張から、ある程度推測できる。ただ、邪推に近い結論しかでてこなかったので、今回はこれ以上述べない。

でもう1つの理由。

それは、落語2.0のイベント全体はさておいても、そこでの岡田のパフォーマンスがつまらないということだ。

まずもって、イベントの感想自体が少ないのだが、ここ以外で唯一みつけた評価がこんなの。
ぐうたら主婦のぎりぎりカウントダウン(2007-01-21)

何しろ今回は『トリの岡田さんの噺が一番面白くなかった』んですよ。

私の感想も以前書いたとおり、パチ助と茎丸は面白かったが、岡田のはみててツライところがめだった。岡田が述べる「なまじ面白いから腹がたった」というのがどこからでてきたのか不思議なくらいだ。

そこで、岡田自信も「勉強会」と名乗っているくらいなので、ここで具体的な駄目出しと、どう対応したらいいかを提案してみたい。
なお具体的な感想が他に見当らないので、私の感想のみを手掛かりに話をすすめる。

まず、話の内容は興味深いのだが、座っている岡田の姿を30分間ずっと見続けるのがつらかった。座って、和服きて、手の動きと話だけで観客の注意を引き付け続ける技術が岡田に無いのである。
以前の感想で述べた通り、始まって15分から20分位のところが特に非常につらかった。
従来の講演で観客が集中していたのは、多分、岡田の話であって岡田の姿ではないのだ。ここは岡田が見誤っている点だろう。

ではこれに対して、岡田はどうすべきだろうか。

古典的な落語であれば、手の始末をつけて静と動のメリハリをつけ、視線を隅々まで常に配るようにして客の注意を放さないようにしている。
ただ、これを身につけるには古典的な修行で5、6年ほど鍛えないと駄目だろうし、やっても下手糞な古典落語家が1人できるだけで、つまらない。
それに多分、この技術は芝居的な咄で効果的になるようにできており、岡田が目指す世間話にはそぐわないと思う。

では他の方法はあるか?

ヒントはいくつかあると思う。

先程引用した感想や私の感想で、茎丸とパチ助は面白かったと思ったことは1つのヒントだろう。

あるいはタイガーアンドドラゴンの長瀬の「落語」。
長瀬が、座布団に座った所からは動かないまま腰から上をくねくねと派手に大きく動かし、落語の素人らしさを出しながらも、観客の耳目を引く「落語」を演じたのがもう1つのヒントになると思う。
彼はさらに、アイドルらしい目線の強さでそれをはなさないのだが、それは素人が真似するのは多分、無理なのでおいておこう。

古典落語の技を持たない者が落語的な演出でで勝負して勝てる訳がないのは岡田も自覚している。これらをヒントに、なにか注目を引きつづける道具や技を使ってみてはどうだろう。

茎丸のようにプロジェクターを使うとか、最近の漫談によくあるフリップも手だろう。パチ助のように実物を使うのもありだろう。

以下のサイトはプレゼンテーションのコツを説明しているサイトだが、何か「モノ」を使って説明することの有利さを上手く説明しているので引用しておく。
オブジェクト使用型説明術のすすめ | i d e a * i d e a

こうして「モノ」を使って説明を展開していくだけですごくわかりやすくなる。
    (中略)
  • 人は動くものに注意を惹かれる。モノを登場させてその間に指を走らせることによって聞き手の注意を惹ける。
    (中略)
  • モノを使わない場合、話し手の顔を見ることになる。ちょっとした話ならいいが、長い話だと目をそらしたくなる。目をそらすと他の事が気になる。集中できない。モノだと見続けていても平気。
    (中略)
ただ単に口で説明したり、身振り手振りで説明するより、ぐっと話がわかりやすくなるのでおすすめですよ。

あるいは、講演会みたいに納まって静かに話すのではなく最初から全身を使って動き続けてみるというのはどうだろう。講談ではハリセンを叩く動きと音で耳目を引き続けている。1月の勉強会でも最後の10分は興にのったか手が激しく動き出して、楽しく見れたことは付記しておく。

さらに服について。

茎丸やパチ助が前座でも着ないような派手な服だったのとは対照的に岡田は真打ちみたいな黒い服を着ている。真打ちのような技が使えないのであれば、観客の注意を引き続けるためには、派手な服のほうがいいのではないかと思う。

例えば立川談之助が、(意識して演出しているかどうかまでは分からないが)芝居の入らないオタクウンチク落語を演じる時には、つとめて派手なイラストの入った服を着ているのは、参考にしたほうがいいと思う。

ということで、まとめ。
 落語2.0で岡田は、話の中身を面白くするのも必要だが、自分の姿を見続けさせる工夫をもっとすべきだ。
例えば道具を使ったり、もっと身体を動かしたりしたほうが良いんじゃないかな、というのが今回の結論。

(関連する記事)
落語2.0は何か(2007.01.28)
落語2.0見てみた(2007.01.22)
岡田斗司夫の「落語2.0」(2006.11.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »