« J1:サンガ1ー2ジェフ (2006年07月26日) | トップページ | 漫才:米粒写経 »

2006.08.02

映画:ローズ・イン・タイドランド

悪趣味全開で万人には勧められない。

ドラッグでロリコンでネクロフィリアで女装で狂気がこれでもかとやってくる。でも、それでも綺麗で、ジェライザ=ローズから目が離せない。

いつものような観客を現実と幻想の間には引き込まない。ハザマになだれこみ、そこでしたたかに生きるのはローザだ。おそろしいくらいにしたたかに、美しく。

見ている最中は嫌だったが、終ると、何か気になる、そんな映画だった。

|

« J1:サンガ1ー2ジェフ (2006年07月26日) | トップページ | 漫才:米粒写経 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あちこちの感想を見ると、「ギリアム版アリス」の煽りに騙されたというのが多いが、もともとアリスは原作でもなんでも無いんだよなあ。

投稿: 傍見頼路 | 2006.08.07 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/11205459

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ローズ・イン・タイドランド:

» ローズ・イン・タイドランド [空想俳人日記]
空想の リアリズムに 眩暈かな   何がギリアム版アリスですかい。ルイス・キャロル原作に親しんだ方ならまだしも、ディズニーのファンタジーアニメを思い描いてた人なら、ばっきゃあろ~、でしょうねえ。  タイドランド。干潟、潮の満ち引きで陸になったり海になったり... [続きを読む]

受信: 2006.08.04 07:51

» 「ローズ・イン・タイドランド」現代のおとぎ話は甘くないのだ [soramove]
「ローズ・イン・タイドランド」★★★ ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス 主演 テリー・ギリアム監督、2005年、イギリス、カナダ 主人公の少女は 「不思議の国のアリス」が好きな 10歳のジェライザ=ローズ。 アリスを連想させる地面にあいた穴など...... [続きを読む]

受信: 2006.08.06 01:42

« J1:サンガ1ー2ジェフ (2006年07月26日) | トップページ | 漫才:米粒写経 »