« マイケルブレッカーが病気で手術 | トップページ | 土用丑なので »

2005.07.24

HINOKIO

泣ける、微笑ませてくれる、いい映画だった。2時間近い上映時間があっという間に過ぎた。

エキセントリックな事件も、過剰な恋愛沙汰もなく、淡々と出来事を連ねているだけなのに、 どうしてこんなに引き込まれて、泣けるのだろう。

全編を通じて人間に対する優しい視線。 ひきこもりや傷ついた人に対する、同情でも哀れみ励ましでもない、理解をしようとする優しい視線にあふれていて 安心してみていられる。

ハイテクロボットが狂言回しになっているが、正統王道の少年少女の成長、成熟の物語。 変にテラわなくても、まっとうなことをまっとうにつなげればこんなにいい映画ができるんだ。

なのに観客4人(品川プリンスシアター)だったのは残念だ。

ちなみに牧瀬里穂の眼鏡助手には萌えてしまった(笑)

|

« マイケルブレッカーが病気で手術 | トップページ | 土用丑なので »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/5135653

この記事へのトラックバック一覧です: HINOKIO:

« マイケルブレッカーが病気で手術 | トップページ | 土用丑なので »