« 今日のgoogle:レオナルド=ダ=ビンチ | トップページ | Musical Baton »

2005.05.17

FreeBSDサーバー復活

去年の年末に年賀状を印刷しようとした瞬間にHDが物理的に壊れたFreeBSD機。HDユニットを買い直し、付け直し、FreeBSD5.4でようやく動くようになった。

なぜ、こんなに時間がかかったか。はまってしまったのだ。

手元にはFreeBSD5.2のCDしかなく、5.3はDVDでドライブが無い。まあ、基礎だけインストールしてインターネットに繋がったら、即ソースをcvsupdateして最新stableに追いつくことにした。

慣れたインストール手順に従って(CDでブートするから楽)インストールして、ユーザー作って、ppp.confをフレッツADSL用に作って、ppp>dial nifty。ppp→ppP→pPP→PPPほーれ簡単だ。本当に通じたかpingを打ってみよう。

…あれ、1つも帰ってこない。名前解決はしてる。tracerouteは?…プロバイダから外へ出るけど15個先までいって、帰ってこない。なにか設定が変わったのか?

ということで、エラーメッセージで検索しても、2chで聞いても、ip6の設定をしてみても、mtu、mruを変えても、全然、症状が改善されない。なんどもクリーンインストールしても、4系列を入れても、 ping/tracerouteが途中までしか通らない。ナニが悪いのだろうか、ということでほぼ1ヶ月つまってしまった。

ところが、先日、pingのpacket blackholeの話の中で、「Dos攻撃を避けるために、 (大きな)ping packetを通さなくしているサーバーが増えている。(そのときはpacketを小さくしてpingしなさい)」 という話がふと気になり、w3mでhttp接続してみる。

…繋がる…見られる…

なんのことはない。1ヶ月前にちゃんと繋がっていたのである。 間違っていたのは「インターネット上ではping/tracerouteは既に通らないものである」ということ を知らなかったことである。

インターネットの常識、変わるのは早いけど、こんな基礎的だと思ってたことまで変わるんだなあ。

|

« 今日のgoogle:レオナルド=ダ=ビンチ | トップページ | Musical Baton »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお!サーバ復活おめでとう御座いましたにゃん。
ところで日曜日にPrince of Wales TheatreでA Fundraising Evening with Alan Bennett for the Roundhouseが開催され、パイソンメンバーが尊敬しまくるBeyond the Fringeメンバーにして英国の人気戯曲家アラン・べネットさんが自作を朗読したり、司会進行役のマイクル・ペイリンさんと聴衆からの質問に答えたりするのを堪能してきました。ラウンドハウスに関しましては、wwwのroundhouseのorgのukとドットで区切ったURLを御参照ください。

投稿: 猫婆 | 2005.05.18 03:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/4170441

この記事へのトラックバック一覧です: FreeBSDサーバー復活:

« 今日のgoogle:レオナルド=ダ=ビンチ | トップページ | Musical Baton »