« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の記事

2005.04.15

今日のgoogle:レオナルド=ダ=ビンチ

今日のgoogleはこれ。多分、レオナルド=ダ=ビンチの生まれた日(1452年4月15日)にちなんでだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

サッカー:京都1-0仙台(4月10日)

桜満開の西京極での試合。天気予報は雨だったが、日差しが強く暑いくらいの西京極ウェザーだった。

試合内容は、どちらも攻めあぐねてグダグダで内容がなかった。

まあ、去年は内容がない上に結果がついてこなかったが、 ことしは結果がついてくるだけ良くなっているということか。 あと、攻めあぐねつつも、アレモンに当ててキープができたら(これができなかったんでグダグダだったのだが)、 即サイドがコーナーめがけて上がって崩すという攻めのパターンが、数少ないとはいえ何度も見れたので、 応援しててあまりイライラしなかった。 交代直後の加藤がコーナーめがけてはしるところへアレモンのパスが通ったところとか、おおっと思ったぞ。

ゴール裏だと、前半風下で後半風上に見えたのだが、反対だったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

Hashという遊び

遊びは、ルールと作る力と楽しむ心があれば、どこにでも存在するんだなあ。

いつもいくブリティッシュパブに いつも置いてあるTOKYO NOTICE BOARDという在東京外国人向けのFreePaperにHashという遊びが紹介されている。楽しそうなので簡単に引用して紹介。

  1. スタート地点(紹介されていたグループでは東京付近の駅)に集合する。
  2. その日の走るコースを決める「Hare(のうさぎ)」と呼ばれる人が、一足先に出発し、チョークを使ってコースの目印をブロックごとにつけていく。
  3. 残りのみんなは、矢印を頼りにビルや車の間を縫いながら走り、矢印を見つけると互いに大声で連絡する。
  4. 偽のマークで引き返したり、コースを見失って全員が散ってコースを探しなおしたりすることがままある。
  5. 45分ほどでHareが待つスタート地点近くへ戻ってくる。
  6. みなで水やビールを呑んで盛り上がる。
毎回、スタート駅とHareが変わるので、毎回、新しい街を探検する楽しみがあるとのこと。

単純だけど、変化もあって身体も使うし楽しそうである。詳しくはTokyo Hash Harrierへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

大宮公園桜咲かず/サンガは大逆転

サンガとサガンの試合をケータイでチェックしながら大宮公園へ向かう。鳥栖に逆転されたところから、メールの対応してるうちにタイムアップの時間に。「さすがに今回は駄目か」と思って結果をみたら、最後はロスタイムに田原で逆転勝ち。しぶとい試合が出来るようになったなあ。

大宮−C大阪は、セレッソの攻めがグダグタで堅実な大宮が堅実に1点取って勝ち。

隣のセレサポの女性が何度も愚痴ってた「黒部でキープができないから落ち着かない」「黒部なぜシュートを打たない!」はそのまんま。中盤で作れないところとか去年のサンガをみとるようだ。大丈夫かセレッソ。

まだ肌寒い大宮公園の桜はまだツボミでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »