« 大宮公園桜咲かず/サンガは大逆転 | トップページ | サッカー:京都1-0仙台(4月10日) »

2005.04.13

Hashという遊び

遊びは、ルールと作る力と楽しむ心があれば、どこにでも存在するんだなあ。

いつもいくブリティッシュパブに いつも置いてあるTOKYO NOTICE BOARDという在東京外国人向けのFreePaperにHashという遊びが紹介されている。楽しそうなので簡単に引用して紹介。

  1. スタート地点(紹介されていたグループでは東京付近の駅)に集合する。
  2. その日の走るコースを決める「Hare(のうさぎ)」と呼ばれる人が、一足先に出発し、チョークを使ってコースの目印をブロックごとにつけていく。
  3. 残りのみんなは、矢印を頼りにビルや車の間を縫いながら走り、矢印を見つけると互いに大声で連絡する。
  4. 偽のマークで引き返したり、コースを見失って全員が散ってコースを探しなおしたりすることがままある。
  5. 45分ほどでHareが待つスタート地点近くへ戻ってくる。
  6. みなで水やビールを呑んで盛り上がる。
毎回、スタート駅とHareが変わるので、毎回、新しい街を探検する楽しみがあるとのこと。

単純だけど、変化もあって身体も使うし楽しそうである。詳しくはTokyo Hash Harrierへ。

|

« 大宮公園桜咲かず/サンガは大逆転 | トップページ | サッカー:京都1-0仙台(4月10日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/3678923

この記事へのトラックバック一覧です: Hashという遊び:

« 大宮公園桜咲かず/サンガは大逆転 | トップページ | サッカー:京都1-0仙台(4月10日) »