« サカマガ:サッカーの素「サカつく!どうよ」 | トップページ | Lリーグ:日テレベレーザ 3−0 伊賀くノ一 »

2004.07.11

プロ野球球団合併/1リーグ化の動きについて

空をかすめるさんとこ経由で、 Cb ~Carp blog~:消えた原辰徳の声。 という記事を見かける。

なんというか、原さんみたいな内部に近い人でも私(たち)と同じような意見を 持っていることにちょっと安心する。

世間から浮いているのは、選手会ではなくて、オーナー達の様である。 それが”一般には公開できない情報に基づく高度な経営判断”であったとしても。

自分のことに引き比べてみるのだが、 弱くてしょうがない京都サンガを何故応援してしまうのか。 応援していた選手が入れ替わっても、ライバルクラブの選手が移籍してきたとしても、 同じクラブを応援するのは何故か、考え込んだことがあった。 好きの理由に当然、結論なんて出ないのだが、 たとえばずっと応援してきた個人とクラブとの歴史や、 地縁的な親近感や、クラブとサポーターの相互作用で選択され醸されたベースとなる戦術とか、 言うにいえないクラブの艶(いろ)が、クラブにサポを魅きつけるのではないのかな ってとこまでは見えてる感じがする。あ、これは学校の同窓会の団結心にも似た ものがあるよな。演者と観客じゃなくて、ある求心力の下に集まった1つのチームとして。

だから、 クラブ/球団の魅力ってのはかほど左様に歴史的で個人の体験/感情が基盤であって 微妙なもので、ガラガラポンでクラブ/球団を集合離散してついていけるものではない。 京都サンガですらも、紫光クラブを改編した時のナニやアレで、 地元サッカー界的には含むところがあるとか無いとかいう話が未だに聞こえてくる。 そういうのを引きずることすらも、サポをクラブに引き付ける力のひとつだったり するのだが。それでも感情的にも納得できるような手続き/儀式すらできないようでは、 ついていけない人が多数発生するのはムベなるかななのだよ。

もしかして、プロ野球のオーナー達がいうファンってのは、 テレビの向こうにいて視聴率をあげてくれる流動的な消費者しか 指して無いんじゃないか。いや、莫大な放映権料の根源だから、 「高度な経営判断」としては間違ってないのかもしれないが。

高度成長期の後の流行は「住民参加型」なんだぜ。(費用を安く上げるという意味でも(笑)) 「サカつく」のような経営参加型のゲームが、サッカーで火がついたってのも象徴的かも。 「ヤキュつく」って今のプロ野球協会のルールで楽しいゲームになるかな?

…JリーグはJリーグで鳥栖の問題があるんだけどね。とりとめもないがいちおう 吐き出したいことは吐き出しとかないとということで、そのままUPしました。

|

« サカマガ:サッカーの素「サカつく!どうよ」 | トップページ | Lリーグ:日テレベレーザ 3−0 伊賀くノ一 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/942839

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球球団合併/1リーグ化の動きについて:

« サカマガ:サッカーの素「サカつく!どうよ」 | トップページ | Lリーグ:日テレベレーザ 3−0 伊賀くノ一 »