« サンガ:松井 一日署長就任 | トップページ | 目がおっさんになってるのだなあ »

2004.02.15

サンガ:戦略的1トップシステム

Variety Football さんところは、 サッカーのポジショニング(4-4-2とか3-5-1とか)の理論的背景とかを豊富な事例と伴に 丁寧に説明してくれる、いいサイトなのですが、今回更新された「 Variety Football Archive:「戦略的1トップシステム」」 では、ヨーロッパの強豪の例と合わせて、サンガの黒部を中心とした1トップ2シャドーシステムの 長所短所を、かなり丁寧に分析してくれています。

昨年までの京都パープルサンガは3-6-1、厳密には3-4-2-1のシステムを採用しており、前線の3人の関係を示した通称『1トップ・2シャドー』をうまく機能させていた稀有な例だ。前線の形だけを見ればACミランと同じ形であるが、その機構は全くと言っていいほど違っている。
黒部の中盤への強力なサポートとそれからの得点への展開(そしてそれゆえ黒部が居ないだけで ぼろぼろになってしまった去年の前半のサンガ)など、非常に納得して読めました。 そして私の好きなサンガのダイナミックなサッカーがどこに由来していたのかが、 はっきり判りました。

もっとも今年は崔と黒部の2トップなわけでして、それはそれで、今年の西村サンガが、どのような戦術を とるのかが、実は楽しみやったりするのだ(・e・)ひよこまーく

|

« サンガ:松井 一日署長就任 | トップページ | 目がおっさんになってるのだなあ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/199865

この記事へのトラックバック一覧です: サンガ:戦略的1トップシステム:

« サンガ:松井 一日署長就任 | トップページ | 目がおっさんになってるのだなあ »