« 森奈津子新刊:姫百合たちの放課後 | トップページ | 黒部はサンガに残留 »

2004.01.08

宮沢章夫:ネットと酒宴の同一感

宮沢章夫さんところの富士日記(2004年1月3日)で、 青山真治さんの日記の、

そうやっていると、僕がひぐやんやとよさんの日記を読んだり、宮沢さんの日記を読んだり、あるいは逆にかれらが僕の日記を読むことで、お互いの思考が膨らみ、次へ向かう考えのヒントを得ることがあるとするなら、インターネットは呑みに行くことにとても近い、ということが実感としてわかる。
に宮沢さんが共感していた。

そう。なーんとなく日記的なものを書いて、トラックバックやコメントをつけあっていても、 互いに刺激するものがあって、酒宴のような高揚感が確かにある。

酒宴だから、見知らぬ隣の人の話題にちょっと反応してしまったり、割り込んでしまうのも、また一興。
愚痴をだらだらこぼすのもありかもしれないし、独り言を繰り返すのもありなのだけど、 できれば、高揚感に酔うような酒宴にしたいね。

|

« 森奈津子新刊:姫百合たちの放課後 | トップページ | 黒部はサンガに残留 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/83098

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢章夫:ネットと酒宴の同一感:

« 森奈津子新刊:姫百合たちの放課後 | トップページ | 黒部はサンガに残留 »