« BLOGと日記とニュース | トップページ | ココログとフォーラム/トラックバックとクロスレファレンス »

2003.12.14

BLOGとサイトとWIKIと

BLOGは色々な特徴をもった出版道具だよなあ。 できあがるモノは同人誌よりはミニコミに近いものができている。 フォーラムや会議室ほど集積力があるわけでもない。

モノを作るという観点では、 BLOGは原稿のアイデアジェネレーターや、世に問う場所として(CMSだから形式に気を遣わなくても公表できる。)、 Wikiはコンテンツジェネレーターとして、 最後にサイトや紙媒体に焼き付けて仕上げ、 という住み分けかな。

コミュニケーションとしては、BLOGは1対多に向くけど、 多対多はちょっと苦しいかも。グループのBLOGのRSSを 作って提供するとか、もすこしメタなまとめ方が必要なんだろう。 BLOGBrothersの苦戦や フォーラムのブログなんかみてるとそう感じる。

それから、未知の人とつながる力がまだ弱い気がする。
結局、前から知り合いだった人たちの間でのみ、 コメントやトラバが成されているように見える。 私も全く知らない人にいきなりコメントをつけようかどうか迷うことが多い。 相手がニフのフォーラム的なものを知ってそうなときは、 未知の人の突然の話しかけに対応する経験をもっているだろうが、 そうでなさそうなときは、多分、怖がられるだろうと考えてコメントをつけないことが多い。
あのキッチュがニフ初心者の時に、アクセスしているのを見つけた FCOMEDYのスタッフが sendを打って 一時パソ通恐怖症にさせたことがあるからなあ。会議室への発言なら、レスを待っているのが 前提なんだが、単なる日記に(多分深い意味も考えずにコメントOKにしてある)いきなり未知の者が ツッコミを入れるって、大丈夫かなあ。

おれ草の根の時のクセで、自己紹介もナニもなしで、いきなりコメントつけるからなあ。

|

« BLOGと日記とニュース | トップページ | ココログとフォーラム/トラックバックとクロスレファレンス »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

初めまして、未知の者です。

>自己紹介もナニもなしでコメント

最初はそのようなコメントをもらって、驚く人もいるかもしれませんが、やってるうちに「そういうもんだ」と慣れてくるのではないかと思います。
未知の人のコメントを歓迎しない人もいれば、そういうコメントを面白がれる人も多数いると思うので、とりあえずコメントしてみてはいかがでしょう。てか、それを面白がるのもブログの魅力だと思うんですけどね。

あと、結局はコメントの内容次第かもしれません。
いいコメントだったら、知らない人からでも貰って嬉しいだろうし、きついコメントだったら、それこそ恐怖症状態になるかもしれないし…。
自分のブログが、多くの未知の人の目に触れるのを望まないなら、ココログトップに表示しないようにするなど、そのうちいろいろと自衛するようになるのかも。

投稿: ShakaWa | 2003.12.15 23:03

コメント感謝>Shakawaさん

理屈は言わはるとおりやと思います。
あとは「面白がる文化」が主流になってくれるとええんですけどねー。
こないだのトラックバックのトラブルとか、
WWWでの「無断リンク禁止」みたいな慣習とかって、この面白がる文化と対角線にあるような価値感の方が主流かもしんないとか思ってまうんですよ。

まー、「面白がる文化」を流行らすために、この時期に頑張ってイッチョカミするってのも戦略かもしれません。

ちと、パソ通始めたことを思いだして、コメント付けまわってみますか(笑)

投稿: 傍見頼路 | 2003.12.17 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/26537

この記事へのトラックバック一覧です: BLOGとサイトとWIKIと:

« BLOGと日記とニュース | トップページ | ココログとフォーラム/トラックバックとクロスレファレンス »