トップページ | 2004年1月 »

2003年12月の記事

2003.12.31

むちゃくちゃや あわれことしも 年の暮

むちゃくちゃや あわれことしも 年の暮〔一茶〕

それでは、よい年を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧暦カレンダー

さる&しか奈良だより: 旧暦(自然暦)カレンダー

ああっ、これほしい。すごいほしい。 いままで「こよみのページ」とかで、毎月いちいち確認してたのですが、やっぱ紙に印刷されてるといいですねー。

褌、作務衣に始まった私の中の昔ブームが今、和服欲しい病になってるん ですが、併せて世界を感じようブームが一昨年くらいからあって、 月とか季節とか感じるのに、旧暦ってわりといいんですよねー。

(社)大阪南太平洋協会 で通販してるのかな?新宿の紀伊国屋ででも探してみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cocohore!

LinkのMyserf(今は左上においてある。また気まぐれで場所を変えるかもしれないが)にcocohoreを設定しました。

未定。: cocohore! URL変更&補足

えーっと、普通に便利な上に、上の方にあるNewlistやcocodokoとの 連携がものすごい便利。見やすい。新着を見回るときとストレスが全然ない。

FreeBSDのテキストベースのRSSリーダーで日本語が通るやつを 探してた/改造して作ろうと思ってたのですが、 これがあったら要らないような気がしてきました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今年見た映画

とりあえず見た順番に羅列

ゴジラ×メカゴジラ
黄泉がえり
カンパニーマン
ウエルカムヘブン
ケミカル51
カルマ
007ダイアナザーデイ
D.I.
ロストインラマンチャ
シカゴ
マトリクスリローデッド
キャンパスクレイジー
チャーリーズエンジェルフルスロットル
アンダルシアの夏
アンダーカバーブラザーズ
HERO
サンダーパンツ
陰陽師2
キルビル
ジョニーイングリッシュ
座頭市
マトリクスレボリューションズ
全部で22本。毎月1回見るという誓いは12月に見られなかったので、今年も守れませんでした。

印象深いのは、黄泉がえり、サンダーパンツ、アンダルシアの夏、ケミカル51、 アンダーカバーブラザーズ、座頭市かな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

サンガ:移籍情報モロモロ

サンガまだまだ動いています。

スポニチ大阪:京都、新外国人MF金徒均獲得へ
サンガ公式:元サンガ・野口裕司選手についてのお知らせ

金徒均(キムドギュン)はボランチ。守備の補強としてはいいんじゃないでしょうか。外国人枠の関係でイムがKリーグにレンタルされるとも報道されてます。
野口"ミスターサンガ"ぐっさんは引退して育成部コーチとしておかえりなさいです。 もう1、2年選手をやらはるかと思ったのですが、 怪我とかあるのでしょうか。サンガの中では人望もあるし、ゆくゆくトップチームのコーチや監督になるんでしょうね。 あの笑顔がサンガに帰ってきただけでも嬉しいです。

それから、ビジュが半年契約なことから、7月に朴が帰ってくるとの妄想も流布しています。 ああっ、妄想でも良い。夢みさせて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.30

恋愛成績表

まあ、手すさびで 恋愛成績表 というサイトがあったので、受けて見たのですよ。

傍見頼路さんの恋愛成績表

  • 恋愛レベル 「発情ニワトリ級」 (18段階中 17位)
  • 恋愛タイプ 「あきらめ型」
  • 精神年齢 30歳
  • 結婚適齢期 19歳
とっくに結婚適齢期を過ぎています。少しは焦りましょう

_| ̄|○ …言われんでもわかっとるわ
誰かの相性診断を試す気力もおきません。

ちなみに恋愛成績表は↓ここからたどりつきました。

Going My Way:恋愛成績表

| | コメント (0) | トラックバック (2)

たましい

ono: たましい(魂)
で、おはるさんの記事「魂」の最後が↓

[ 異空間==お花畑 ]おい魂よ。お前最近さぼってねぇか?

こう締る。凄いねどうも。

あー痛てえ、俺さぼってんなあ。さぼってる、さぼってる。 仕事がいそがしくてなんて言い訳にもならねえや。

いまこのときに、ブログで刺激しあえる環境に 飛び込んじまったというのは、なにかの導きなんだろう。

ちょっと、たましいを風にあてよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・黒部とキヨピーが

東京在住の我が身としては、2chの実況だけが頼りだった KBSの年末特番だが、どうやらイタい女を演じている ほんまにイタい女のキヨピーのど真ん中直球のツッコミに黒部が残留っぽい発言をしたもようで、番組的にはOKだったんじゃないかな。
まあ、これぐらいで残留確約と取れると考える程、甘ちゃんじゃないが、 これでマスコミ的にひと騒動おきれば、 サンガがメディアにまたいっぱい載る機会もあろうというもの。(でもどこも報道してないなあ(ToT))

パンパでガウチョ:黒部光昭の『メディア露出』

大体、こういうほど、彼はメディアに露出していただろうか?

で、kyorecobaさんがいってることは、まったくその通りで、 地元のKBSでさえ、仮にも日本一となったプロチームを、メディアに出したことがあったか? 街でカッポレ京都コンチキチンくらいしか 思い浮かばないぞ。しかも辻本と森(だったっけ)。

ただ、スポニチ大阪は前後の文脈ぶっちぎって記事つくるんで、 私は、とくに個人の記事に関しては(*) 良いように取ることにしてるから、

サッカー日記:京都サンガ寄りでお送りします。(12月24日)

黒部の筋肉番付出場直訴や京セラCM出演なんて話も出てますが。でも黒部全国区かどうかで見れば『地味感』は否めない。ただ黒部にすれば、『何か手があるはず。』という意味からでしょうし、こういう意見が選手側から発生する時点で広報さんや企業側(サンガ(株))は反省する点もある。

こちらのカサトレさんと同じようなとらえ方をしているのだ。 観客動員数とかみても、もっと必死でやれよサンガフロントという、 黒部のエールだと考えている。彼が残留するにしろ、どこかに移籍するにしろ。

* あ、文治の「1年間のレンタル容認」記事とかは、本意や文脈がどうあれ、 総監督がそういう記事を出されるような発言をした/引き出された時点で、少なくとも「脇が甘い」と非難しますよ。 それが管理者ってもんでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一発ネタ、何度見ても面白いネタ

小林の告白: 損してる?
長井秀和、だいたひかる、パペットマペットのネタは、同じのを2回見るとなんだか妙に損した気分になる。
マギー審司のネタなんかは何度見ても面白いのになあ。

こういう感覚ありますよね。落語なんか、サゲまで判ってるのに何度見ても面白い。 こだまひびきも中川家もワンパターンなのに面白い。

一発ネタというわけでもないが、風化するネタと風化しないネタの違いがある。 意外性だけが特徴のネタは一発であきられる。 いや風化しないのはネタじゃなくて、語り口が面白いのかもしれない。 紳介やタケシとかはネタじゃなくて語り口を面白がってたのかもしれない。 どこが違うか何が違うかって考えだすとと面白いです。

ところで鉄拳のネタは、同じのを2度見ても面白い?

じつは俺は2度目も面白いと思ってるんだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2003.12.29

茶色いローソン

東横線某駅のそばに開店した茶色いローソン

031229_2337.jpg

NATURAL ローソンて看板で、ポテチとか独自ブランドで展開しているみたい。漫画とかは普通のローソンと同じ。 高級感あるコンビニというコンセプトなのかな。

お客様の健康志向が高まる中、コンビニエンスストアの形態も新しいニーズを把握したかたちで脱皮する必要があると考え、現在実験的に店舗展開中です。
駅前は既にサンクスとAMPMがあって、こないだファミリーマートが潰れたばかり。はたして長持するのか。

※12月30日に記事とリンク追加。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンガ:今晩、黒部とキヨピーが

サンガ公式:サンガ・メディア登場情報!
12月29日(月)23:00から24:55まで、KBS京都にて放送される年末特別番組「谷口キヨコのしゃべりっぱなし365」に、黒部光昭選手が生出演することが決定しました。

うわー、激しく見たいー

「J2に落ちることでメディアへの露出が減るリスクを補足して欲しい」

てーのは、こういうことだったのね(←チガウッテ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

クリスマス考:十二夜

この「 真 正直日記: クリスマスツリー撤収」問題に関連して調べモノをしたら、 欧州の十二夜 ”クリスマスの飾り付けを十二日間より早く片づけると良くないことが起きる=クリスマスのお祭りは十二日間続く”という風習に行き当たった。ちなみにシェークスピアの十二夜はこの風習に基づいて書かれたモノらしい。

つまり欧州では12月24日の夜から1月5日の夜まで祭りが続くのだ。 「メリークリスマス&ハッピーニューイヤー」は、 たまたま近いからついでに言うのではなくて 必然的に連続したものだったのだ。

クリスマス(降誕節)って、 年末年始の祭をあとから乗っ取ったって説もあると 聞いたことがあるけど、 よくみればそれはバレバレなのだなあ。 ここみると12夜明けの1月6日の方を東方教会では降誕節にしていた らしいが、新しい年を迎えた時に降誕の方が設定としては自然だったような 気がする。もっともそれでは祭の盛り上がりで負けるのかもしれないが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003.12.28

M-1:りあるキッズ

いやー、オーソドックスな形式で、むちゃくちゃな設定をつきすすむ、 えー漫才してました。洋八がいとこい師匠みたいといったのも、ムベなるかな。 伸助の評論にあったとおり、後半がCMのパロディでヘタったのが残念で、 点数としてはあんなもんでしょう。 漫才してるの久々にみたけど、彼らももう18歳ですか。 よく成長している。善哉善哉。

笑い飯はネタをしたのを始めたみたのだが、 2人とも変則という持ち味は、ネタよりTVバラエティ向きのような気がする。 決勝のネタはどうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引用とサンプリング、自己と他者、そしてゲーム

♪えとせと:■自己と他者の入れ子状態!?

(トラックバックは)メールや掲示板で引用されるのとは何か違う。 「引用」というよりは、椹木野衣の言う「サンプリング」に近い行為なのか?
♪えとせと: ■自己と他者の入れ子状態 パート2
トラックバックとは、「他者」という外部を自分に取り込むツールになりうるのだろうか。それとも「他者」を装った主観世界の連なりを生産するものなのだろうか。

このトラックバックの、掲示板よりも自他の距離のあいた引用/サンプリングというもの、 ちょっと連歌の付け合いに似てるなあと思った。 不即不離で、相手と同化せずかといって全然違うものでもない繋がりで、直前のことのみを考え全体の構成も無く 連続していきながら、なんとなく全体が表れる姿。 前に話したBLOGを使った遊び って連歌みたいなもの、付け句みたいなものが楽しいのかもしれないと思いついた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.27

国家公務員中途採用

【公務員関連ニュース】:031227 国家公務員中途採用を制度化へ 06年度にも統一試験

入省10年以内の若年退職者が各省庁で相次ぐようになり、補充の必要が出てきたためだ。

平成7年入省あたりから、若年退職者が増えているようです。 公務員だけでなく、一般企業もこのへんかから有望な若手が スカスカやめるようになったとか。 7年というと霞ヶ関でサリン騒ぎがあった時だよな。1月には阪神・淡路大震災があった年。 人口移動が首都圏→地方圏だったのが、地方圏→首都圏に転向したのも7年。

あの年に日本は何かを踏み越したのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サンガ:手島は京都に残留

大阪日刊スポーツ:手島は京都に残留

ようやく記事の裏が取れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンガ:セレッソの鈴木悟選手

えー、いま天皇杯の準決勝をみているだが、セレッソの鈴木悟、3バックのセンターで、 身長があって統率力があって、キックもそこそこ良くて。

いいんですか、もらっちゃって>セレッソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RE:【TB Q&A】あなたにとってのWeblog

今年は夏頃にWIKIに手を出してみて大変面白かったので、tDiaryとかhatenaとかと並んでWeblogが気にはなってました。 そこにココログが始まったので速攻とびついてみたのですが、思った以上に 使いでがあって面白かったというのが今現在の感想かな。
WWWやBBS、フォーラムを完全に置き換えるものじゃなくて、 これらになかった違う繋がり方がある、という感じです。 今のところココログ一本槍でガシガシ試していますが、 そろそろWWWやBBS、フォーラムへの還元やら 交流やら考え出そうかな、という感じです。

このあとWEBLOGでは、なにかゲームみたいなことをしたいな、 とかLispの開発の共同に使えない方とかつらつら考えています。 どちらもWEBLOG本来の使い方ではないのでしょうが、 NIFTYでRTCカードゲーム、 RTC/会議室たほいや、 65000を早埋め競争やらで遊んできたサガが ココログに対してもうずいているところなのです。

N@N:【TB Q&A】 2003年あなたにとってのWeblogを振り返ってください(意見募集)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BSE:アメリカ

農林水産省:渡辺農林水産事務次官記者会見概要 ( 平成15年12月25日(木) 14:00~14:12 於:本省会見室 )

Q: アメリカでBSEが疑われる牛が1頭発見されたということで、その後アメリカ政府の方から何か新しい情報等出ておりますでしょうか。

  A: いいえ、公式情報はございません。昨日2時の段階の報告以外は私どもとしてはアメリカ政府のインターネット、ホームページですか、そういうもので見るだけでございます。クリスマス休暇に入るということで、調査その他のですね、直ちに私どもの方にいろんなことをお伝えするような状況にないということでございます。

えーっと、えーっと、そうですかアメリカはクリスマス休暇で連絡が取れませんか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003.12.26

電脳四方山話: 30万分の24

延べ30万人にメールで架空請求をしていた男が詐欺容疑で逮捕!
30万人に送って実際に支払ったのは24人!らしいですが、
電脳四方山話: 30万分の24

1万人に1人くらい支払ってるんですね。思ったより確率が高いです。
そいえば私の知り合いにも、 「変な請求が来てる、どうしよう」ってメールが来たので「詐欺っぽいから落着け」って返したのに、 3000円振り込んでしまったのが一人居ました。
架空請求詐欺が横行するはずだなあ。もっとマスコミとかで宣伝しないと防げないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンガ:手島と契約継続

セレッソから来る鈴木、 2ch情報 によると、プレースタイルは手島にクロスの正確さが加わった、 良い選手のようです。
それから 日刊スポーツに手島が来年も京都と契約するとく記事がのったらしいです。 こちらでは未確認ですが、
手島キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

移籍情報のまとめは以下のサイトによくお世話になってます。
サンガ瓦版
SOCCER NEWS!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都サンガの補強

年末もおしつまって、サンガの補強もいろいろ動いているようです。

サンガ公式:来季新加入選手決定のお知らせ(崔龍洙選手)
サンガ公式:来季新加入選手決定のお知らせ(熱田眞選手)
サンガ公式:来季新加入選手決定のお知らせ(鈴木悟選手)
ニッカン:京都が名古屋FW原をレンタルで獲得

崔龍洙の獲得はようやく公式で発表。報道みてると確実視されてたけど、なにせサンガのことだから土壇場で何がおこっても不思議ではないので、とりあえず安心。熱田は順当な復帰。崔龍洙と黒部の2TOPにガシガシ放り込む熱田の姿た見たい。
鈴木はDF、でも京都と同じザルのセレッソからだから、どうなんでしょう。名古屋の原は、良く判りません。

全体としてまだFWに片よった補強だなあ。DFにあと1、2枚計算できるのが居て、松本とかが成長してくれれば、 かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.24

サンタ追跡サイト速報

日本時間20時時点で、サンタは アラスカ上空 にいるもよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントとトラバ -コメント迷子-

コメントとトラバの使い分けについて、コメントだと互いの打ち返し合いがしにくくて、私は、もうちょっとトラックバックを多用してもいいのかなと、考えが変わってきている所です。

とある独身胃癌患者ののん気なmemo: コメント迷子

トラックバックは「大勢が一箇所にあつまって議論している」という感じがしなくて、アレゲなのですが、そちらは掲示板システムが得意な分野なんでしょう。

BLOGは拡散と連携向きなのかな。 だからこそココログでは今のうちに密度を求めて皆がウロウロしているのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.23

怪物ランド

怪物ランドの会議室がFCOMEDYS@NIFTYにできました。

FCOMEDYS:わくわく怪物ランド
議長は平光琢也公認サイトも管理してはるマッチ次長はん。

うーん、結成20年になるのか。 スタ誕みてたはずなのに「怪物ランド」としての印象は実は薄かったりするのだが(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「うつ度」チェッカー

わりと気分の浮き沈みが激しくて、人付き合いが悪くて、落ち込みだすと籠もり気味になるけど、 日常生活に障害を感じるまでには至らないので、 「お風呂」 なんて記事で、鬱っぽいとか書いてたんですが。

空をかすめる: 「うつ度」チェッカー
実際のチェッカーはこちら「 あなたの「うつ度」を判定]

この記事をみて、チェッカーで判定したらレベル58で危険な状態だって。 
 _|=|○ ウツダッタソウダッタノカ 

普通の人って、 仕事で追いつめられても、「動悸がする」「イライラする」「夜良く眠れない」とかにはならないのかなあ。 みんなそうなりながら仕事してると思ってたんやけど。

ああ、でもそんなことに気づいただけで、 動悸が収まってきて仕事を継続する気が楽になる傍見頼路でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココログ=オナニークラブ

さすれば、ココログはオナクラなのかもしれない。
インターネットの片隅で・・・: ココログ=オナクラ

「……はあっ、はあっ、ぼ、、、ぼくのココログ、み、見てくれませんか。」
「い、いえコメントとかトラックバックとかつけてくれなくても、いいんです。みてくれるだけで……」

というネタを書きながら、

「見るだけ5千円、コメント、トラバはオプションで3千円ねー」
って事務的にいう女の子が浮かんできて、ちょっと落ち込みそうになりました(ToT)

まあ、オナニー論も他のメタブログ論と同じように草の根の頃から言われている 話ですが。ああ、でも、事務的コメントとか、ブログが落ち着いて一般化したときあたりに、 ちょっと深い示唆になってるかもしれない。

※もともと、インターネットの片隅で・・・のコメントで書いたんですが、トラバでにしたほうが、 ネタ展開してくれる人 が居そうなので、記事として ちょと書き直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

笑芸:演芸と演劇

笑芸に関して、いろいろ考えることがあって サイトとか同人誌とか学会誌とかに いろいろ書き殴ってます。 その中で漫才とコントの違いを考えたりしているのですが、 それに似たことで演芸と演劇について面白い考察がありました。

裏モノ日記:2003年12月21日

演芸は客を笑わせるのが究極の目標、着地点 であるが、演劇は、笑わせることを通じて“テーマ”を観客に伝えることが目的であ り、笑いは手段なのだ

なるほど。私の分類でいくと、「コント」と「演劇」の間にある違いだ。 同じナンセンスでも、ナンセンスで楽しませるのと、ナンセンスを伝えるのの違いかな。(なお解りにくいたとえだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリス萌え

メイド萌じゃなくて(笑

Phinloda の裏の裏ページ: シャーリー

私はむかしからどうにもイギリスが好きなのです。 ほんで、シャーリーに引っかかってエマにたどりつきました。 エマ、速攻で3冊そろえましたよ。あのへんの貴族関係の娯楽文化とか凄いおもしろそうなんですよね。坂田靖子のバジル氏シリーズも何度も読み返してますし。

イギリス関係だと、サッカーとラグビー両方今でもプレーしててて、 モンティパイソンとかアランリックマンとかレッドドワーフとかが好きだという、 なんともいえない煮詰まり状態だよな。いつかハイランドをのんびりまわってみたいなあ。

あ、でもビートルズは、先にチューリップを聞いてしまったんで、 全部財津和夫のパチモンに聞こえてしまって、駄目なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCTVは犯罪防止には役立たない

イギリスの大学の研究によると、街中にCCTVがあっても犯罪発生率は変らなかったそうです。

CCTV 'is crime letdown'
ネタ元: イギリスの下らない新聞屋さん

理由は「酔っぱらいたちはカメラの存在に気づかない」…そらまそうだ(笑)

ちなみに犯罪発生率は変らなかったけど、被害者の保護とか犯人の追跡には 役立ってるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.21

お風呂

neko blog: お風呂
精神病状態になってくると、必ずといっていいほど、 1 お菓子だけ食べたい 2 お風呂イヤ、洗面歯磨きイヤ、着替えなんて論外! ・・・・こうなってくる。 普通の人でも結構こんな感じになる人多いんじゃない?

私も冬になると毎年必ず1ヶ月くら鬱っぽくなります。寒さのせいか、花粉症の走りのせいか判りませんが。 風呂に入らなくなる、掃除をしなくなる、ゴミを出さなくなる。食べ物がジャンクになる。

だけど私の場合は、無理矢理掃除を始めたり、風呂にはいる前は凄い嫌だけど、 いったん風呂に入ると爽快で、ちょっと回復したりするので、 そんなこんなで、日常生活に支障が出ないレベルでいられたりしてます。 もっとも仕事の能率が極端に落ちるので、そのへんはしんどかったりしますが。

でも風呂と歯磨に見事に精神状態がでるのは、なんでなんでしょう。 ユングなんかだと何かの象徴とかいいだすのかなあ。

友達がやってる精神分析(遊び)のサイト では風呂で 汚れを落すのは「自分の性格的な、あるいは肉体的な欠陥を治したい。」だとか。 うーん、欠点を矯正したくないということか?わけわからん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

京都サンガがチェヨンス獲得へ

サンガがチェヨンスを獲得へ。

久々にJリーグの話題でも。
正式な発表はまだないのですが、京都新聞でも報道されたので、ほぼ確実でしょう。

スポニチ:崔龍洙、京都入り合意 「1年でJ1復帰」へ救世主
スポニチ:京都に救世主!崔龍洙 電撃移籍
京都新聞:市原の崔龍洙、サンガ入団へ 韓国代表FW 期限1年間
ニッカン:京都が市原FW崔龍洙を獲得へ

まず、市原がよく手放した。オシムとそりがあわなかったらしいが、あの2人性格はよくにてると思うぞ。 天皇杯遠征にチェを帯同しないでもめたのも唐突な感じがあり、中西と同じく資金の問題かなあ。 レンタルなのはチェと市原が複数年契約だからまあしかたがない。来年市原との契約が切れたら韓国に 戻るという噂もあるが、年齢を考えれば1年でも居てくれるのはありがたい。

黒部との相性。黒部はストライカーである以上にポストプレーヤーだと俺は思っている。 シュートをバンバン打つチェとは上手く組み合わさると思うよ。 おなじくあの強引なシュートとか、プレーの態度は、今年のサンガに欠けていた「チームを引っ張る」 プレーヤーだ。松井とか成長の機会になって欲しいよう。チームを引っ張る者の不在を 考えるとき、ぐっさんやカズを放出したのは、ちょっともったいなかったかなと、まだ思っている。
あとは韓国代表でどれだけリーグをぬけるかが心配だけどなあ。 黒部も代表選ばれて、同時期に休んだらどうしよう…ってなんかすごい贅沢な悩みのような気が。

なんかサンガらしくない、良い補強なので舞い上がっている。

あ「崔龍洙」を辞書登録せんといかんな(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンタ追跡サイト

さて、 「ぶろぐ@たけ」さんとか、 あちこちでぼちぼち紹介され始めた、サンタ追跡サイト 「NORAD TARCKS SANTA」 、ついに日本語版も2003年に更新されました。(つーても年号が変わっただけみたいですが)

実は肝心の24日はいつも仕事がヤマで、リアルタイムで見たことはないのです。今年もそうなりそう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2003.12.20

BLOGの分類/ココログの連鎖

ええっと、私の 「 BLOGのあり方を整理してみよう」 に興味を持ってくれた方がおりまして、

インターネットの片隅で・・・: blogの分類、再び

てな風に評価していただきました。ちなみに、この方

インターネットの片隅で・・・: blogの属性分析(私案)

このような分類を既にしてはりまして、なかなかやるなーという感じです。

ちなみに感心していただいた「出力先:未来の自分にみてもらいたい」は、

ひとくちメモ: 未来の自分への手紙

(さらに元記事は 「 ひねもすのたりのたりかな: 日記と言うより…」だったりする。)

からアイデアをもらったのでした。

ココログがつなぐ、アイデアの連鎖って感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログは絵手紙

NHKラジオの絵手紙の特集を聞いて↑なことを感じた。

「今まで表現する手段がなかったので」「手軽にできるのがいい」という感想がそっくり。ラジオぢゃやってないが、古くからの芸術/職人肌のひとで安易な取組をちょっと快く思ってない人がいるのも似てる。携帯電話カメラのモブログはそのままや。

まー短歌や俳句も、敷居の低下と面白い爛熟はセットでやってきたようやし、よく考えれば草の根パソ通→大手パソ通→WWW→巨大掲示板も同じ流れや。

爛熟、爛熟。どんなんが湧いて出んのかなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2003.12.19

で、いったいぜんたい何がいいたいかというと

ぶっちゃけなにをグダグだいってるかというと、 私は交流派の使い方をしたいので、 日記派の人のBLOGにガシガシとコメントとかトラバするかもしれないけど、 怒らないでねってお願いを、 しちめんどくさい理屈を捏ね回してしているだけなんです(笑)

これ、 路傍亭: 『書ければいいじゃん、日記だし』 のコメントで書いたんやけど、改めて1つ発言たてて曝しまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOGのあり方を整理してみよう

BLOGを情報が出入りする道具とみて、ちょっと整理してみます。

■入力元

  1. 自分の主観
  2. 他者の情報
    1. 他人の主観
    2. ニュースとかの客観
これがBLOG+自分の頭という情報処理装置を通って、できたデータをどういう意図で出すかという観点で、

■出力先

  1. 未来の自分に見てもらいたい。
  2. 他人に見てもらいたい。

という組み合わせがあるわけ。で俺は、実はどの組み合わせもアリアリだと思う。
ジャーナルとしてみるなら「入力2-b」「出力2」だし、日記の人は「入力1」「出力1」なわけよ。 で私がやりたいのは「入力2-a」「出力2」だということ。 BLOGがすごいのは、ここにある組み合わせなら全て平等に取り扱って全部ルツボに入れてしまうという点。
普通のwebサイトは「入力2-a」とかが形式上扱いにかったりするのにね。 異質なものが異質なままで同居しているところってのはエネルギーが発生するのよ。

そこが面白い。

hatenaやwikiは「出力1」で出したものが なんとなく「出力2」になってるところが面白そうなんですが、それはまた別物の楽しみということで

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「お気に入りのココログ」:優雅な生活が最高の復讐である

優雅な生活が最高の復讐である

トラックバック野郎の今週のテーマはお気に入りのココログ。ということで、 私は「優雅な~」がお気に入り。 メッセージを何も書かず、コメントもトラバも受け付けず、ただ淡々と日常の写真が並んでいるcoolな ココログです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『書ければいいじゃん、日記だし』

わはは。そりゃまーそなんですが、私はもちょっと、交換日記みたいなこととか、 他人の日記に落書きにいったりとか、遊びたいのよ。

外かんのできる街で: 書ければいいじゃん、日記だし つーか。

面白い遊びをするために ルールをどうやったらいいかを自分で工夫するのが、 一番、楽しいからね。
FCOMEDYの元シスオペの佐藤WAYAに教わったことのひとつよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ココログでどうかくか、じゃなくて、どう楽しむか

あちこちで発生しているBLOGで何をどうかくかという議論、でこれに正解は無いという意見に私は同意。 そして、この議論を通過することで自分の書きたいものが何かを、 意識的に自覚できるようになるだろうというのにも納得。

で自分も ココログとフォーラム/トラックバックとクロスレファレンスBLOGとサイトとWIKIみたいのを書いてて、 それにShakaWaさんとコメントをやりとりしてちょっと見えてきた。

私はココログでもフォーラムの時みたいに、見知らぬ人ともトラックバックやコメントで気軽にやりとり するのが面白いんだ、ってことに。日記じゃなくて。 幸いなことに、BLOGのマナー/文化ってのはまだ固まってないみたいなので、 私を同じようなコトを面白いと思ってくれる人が増えないかな。 新着RSSでツッコミまってそうな発言にスカスカっとトラバってコメントを付けて回って、布教しよ。 頑張ってじゃなくて、それが楽しいから。

ちなみに、BLOGで日記するのが好きな人が居ても良いのよ。 FCOMEDYの一行日記 で、原則レス無しの会議室を作って、淡々と皆の日記が並ぶのも、見てて楽しかったし。 ただ、私がやりたいのが、そうではない、ということで、やられたひとは、そういうことだから できれば一緒に楽しんでね、っていう宣言なのです。

これに関する発言ははたくさんあるのでトラックバックはは最初の方に見かけた3つを。
ひとくちメモ: 未来の自分への手紙
異空間==お花畑: 既知概念をぶっこわせ!!
ひねもすのたりのたりかな: 日記と言うより…

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2003.12.17

ココログとフォーラム/トラックバックとクロスレファレンス

@NIFTYのコミュニティにふさわしいBLOGの使い方があちこちで提案されだしている。

ココログはなぜパワーがあるのか : ウェブログ@ことのは
あそびをせんとやうまれけむ: ココログのパワー

ことのはの「コメントとトラックバックを区別せずに順に表示する」というのは、 私も良い機能や思う。
だってトラックバックって、形式的にはKTBBSとかのクロスレファレンスやん。 クロスレファレンスって、ニフやアスキーとか大手BBSでは実装されなかったけど、 最後期の草の根BBSではよくあった機能で、 いわば違うボードや違うカテゴリーの発言に"レスポンス"を付ける機能。 レスだから付けられた発言からも、どこからレスが付いたか分かる。

ニフだとまとめレスとか言って、内容はあちこちのレスだけど形式は、 どこか1つの発言のレスという苦しまぎれの方法を取ってたのよ。

やから、トラックバックを送った発言から自動的にトラックバック先にリンクを張る、 って機能があると、発言間の行き来がしやすくなるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2003.12.14

BLOGとサイトとWIKIと

BLOGは色々な特徴をもった出版道具だよなあ。 できあがるモノは同人誌よりはミニコミに近いものができている。 フォーラムや会議室ほど集積力があるわけでもない。

モノを作るという観点では、 BLOGは原稿のアイデアジェネレーターや、世に問う場所として(CMSだから形式に気を遣わなくても公表できる。)、 Wikiはコンテンツジェネレーターとして、 最後にサイトや紙媒体に焼き付けて仕上げ、 という住み分けかな。

コミュニケーションとしては、BLOGは1対多に向くけど、 多対多はちょっと苦しいかも。グループのBLOGのRSSを 作って提供するとか、もすこしメタなまとめ方が必要なんだろう。 BLOGBrothersの苦戦や フォーラムのブログなんかみてるとそう感じる。

それから、未知の人とつながる力がまだ弱い気がする。
結局、前から知り合いだった人たちの間でのみ、 コメントやトラバが成されているように見える。 私も全く知らない人にいきなりコメントをつけようかどうか迷うことが多い。 相手がニフのフォーラム的なものを知ってそうなときは、 未知の人の突然の話しかけに対応する経験をもっているだろうが、 そうでなさそうなときは、多分、怖がられるだろうと考えてコメントをつけないことが多い。
あのキッチュがニフ初心者の時に、アクセスしているのを見つけた FCOMEDYのスタッフが sendを打って 一時パソ通恐怖症にさせたことがあるからなあ。会議室への発言なら、レスを待っているのが 前提なんだが、単なる日記に(多分深い意味も考えずにコメントOKにしてある)いきなり未知の者が ツッコミを入れるって、大丈夫かなあ。

おれ草の根の時のクセで、自己紹介もナニもなしで、いきなりコメントつけるからなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BLOGと日記とニュース

BLOGはnewsか日記かという議論がある。宗教戦争みたいなものだから、結論が出るわけではない。 BLOGは発生系統的にはnewsから出てきたのは確からしいが、 実は日記とnewsというのもかなり分類として重なっている。 例えばnewsには速報性と記録性があるが、その記録性のほうは、 平安時代や室町時代は誰某の日記が担っていたりして、 千年以上日記とnewsは重なっているのだ。

さはさりながら、それぞれの関係について、ちょっと考えてみる。 news用の道具が、どうして日記書きに人気なのか。

BLOGの特徴は「引用しやすい/引用されやすい」だ。 豊富な道具が様々開発さているのが、この特徴を強化している。 newsは、あるnewsを引用して周知や評論をする。 これが引用元が他人の日記や感想だと、それは日記や、いわゆる「電子会議室」に容易に変質する。

BLOGは速報性を周知するためRSSを使用することが多い。 一般のニュースサイトと同じである。が、このRSSによる周知が、 「読んで貰いたい」という日記書きに対しても、非常な魅力となっている。 書いた途端に、「私がこんな題名の日記を書きましたよ」とRSSを 利用したシステムが世界中に通知してくれる。日記書きにとってこれは嬉しい機能だ。
自分の日記に周知機能だけあっても良いよな。コメントやトラバが無くても。 Hatena日記ってそんなシステムじゃなかったっけ?

まあ、結論は最初に書いちゃってて、そもそもnewsと日記は かなりの部分が重なっちゃってるんだから、BLOGがnewsか日記かというのは、 宗教論争である上に、分類しにくい議論なのだ。 外部の情報を自分フィルターを通して表出する行為には変りない。 外部情報が私的なものか公的なものかが違うだけで。 しかもその私的公的も絶対基準は無いから二重に分類しにくいな。

問題は自分フィルターのありかたなのだ。と大塚英二みたいな締めの言葉でとりあえず この稿ここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webの距離感

世界中の出来事がにぎやかに画面に並んでいるのを見るのは、 じつはちょっとうっとおしい。

すべてが近所で起きているという感覚が必要なときもあるが、 すべてがいつも眼前にあるのは案外と疲れるものである。

遠くとかそけくつながっているという感覚が愉しい時もある。
BCLで雑音の中にビッグベンを聞いた時のような、
niftyserveがinterwayを始めたばかりの時に、 telnetでアメリカの大学のコンピュータの中のファイル名をlsで見た時に、感じたアレ。

遠くが目の前にあるのではなく、遠くが遠くのまま繋がっていると感じたあの遠近感。

あの距離感が、今のパソコンには欠けている。世界の立体感がちょっと見えにくくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.13

渋谷の夜景

031213_2000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「深沢ハウス」

世田谷の駒沢オリンピック公園のすぐそばで、いろいろ問題になっている、あの長谷川工務店が建設中のマンション。まだ高くなる。

ちなみに名称も、近所に由緒正しい深沢ハウスがあるので、カギカッコつきにしてやす。

031213_1545.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブラジルのDVD

いわずとしれたテリー=ギリアムの名作。 あまりの不条理に、今だに、あの世界一明るい音楽「ブラジル」を聞くたびに物悲しい気分になってしまう。

031213_1506.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.12

トラバを張る

土木屋の私はトラバをトラバースの略だと思ってた。

測量でトラバースを張るというのは、大まかに言うと、離れて直接測定できない2点の間で、 補助点を繋いで、2点の位置関係を計ることを言うのだ。 登山でも尾根づたいに縦走することをトラバースと呼ぶらしい。うねうねしながら、遠く離れた 2点間が継がるイメージがなんとなく良い。

トラックバックも、トラックバックを先へ先へと辿っていくと、思いもかけない所と つながっているかもしれない。

そのとき、そここことはどういう位置関係になるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2003.12.11

外交官殺害関連記事

そいとごえすのB 12月8日の記事

こちらはEZ!TV他を含めた外交官殺害関連情報をまとめたサイト。 パスポートが部族長の家から見つかったのか、そうでなかったのか。 やはり情報は混乱したままである。

ちなみに、サイトは見失ってしまったが、打ち込まれた銃弾はカラシニコフのモノだったもよう。 カラシニコフはイラクの警察組織などがよく使っている銃だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FCOMEDYのBLOG

fcomelog: エフコメブログを作ってみる

F※のマンプが作ったココログ。とりあえずトラックバック。 こうやって人間が繋がっていくのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

BlogBrothers

BlogBrothers

ココログでフォーラムみたいなことをやろうという面白い試み。 ただ設置者も認めるとおりひと手間多いのも確か。 最初からカテゴリーを分けすぎたのかも。 とりあえずトラックバック先は1つにして発言数が少ないうちは なんでも1つの丼の中にぶちこんくほうが、密度が上がって 面白いことが起きやすいかもしれない。

F※でなんかやるときの参考にしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.10

銀座の赤いツリー

031210_2108.jpg

ボダフォンの旅モードは余り美しくないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都サンガ2003シーズン総括

Jリーグをややイヤな目で見る方法:2003シーズン総括 京都
2003シーズン総括 京都 続き

フロントの補強も含めて見事に納得できる総括である。特に、京都のサッカーを1人1人の対人能力の低さと、それを補う助け合いサッカーと断じ、

個人的な感想を挟ませてもらうが、その助け合いサッカーを「京都のサッカーとはこういうものだ!」というアイデンティティに昇華させるチャンスだったと考えている私にとっては、返す返すも残念な結果となった。
と嘆くくだりは、私も激しく同意する。

皆が激しく走りまわる躍動的なサンガのサッカーが、 本年復活することを、祈るのみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.09

サガン鳥栖:次期経営陣が就任辞退

次期取締役の人事、白紙に
Jリーグ2部(J2)の鳥栖が経営難で存続の危機を迎えている問題で、サガン鳥栖「改革委員会」が9日、鳥栖市内で開かれ、同改革委が提案していた社長人事を含む次期取締役人事案を白紙撤回した。
引用元:Yahoo News.

…迷走しています(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲野善紀の本

今、甲野善紀さんの本に夢中。例の古武術研究家で桑田選手の指導で有名になった人。文庫や新書で5,6冊買い込んで端から読んでいる。
私も和装とか興味があって、甲野氏の体捌きや身体感覚の話とかに納得できるモノを感じている。畳水練みたいな真似事だが、確かに捌きら楽な感じがする。
同じ、自身の身体をコントロールするという趣旨の、野口整体はこの夏、ちくま文庫から出たのを読んで身体論としてたいへん興味深かったのだ。甲野氏の本への興味はその延長線上にある。

コントロールと言うより、自身の身体をマネジメントする、といった方が格好良いか。そんな感じ。

テーマ:トラックバック野郎: 「あなたの夢中」募集!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

外交官殺害関連

極東ブログ: 外交官殺害関連の誤報について思う

ここで外交官殺害関連の錯綜している情報について丁寧に追跡しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.08

サガン鳥栖 続報

J鈴木チェアマンとサガン鳥栖新経営陣と面談;スポナビ

チェアマンは色々要求をしたが、期限はつけず静観するとのこと。

とりあえず即死は無くなった。おめでとう。あとはサポーターとクラブの中の問題だ。

サンガサポとしては他人ごとではない気がするので、なま暖かく見守らせてもらう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.07

米軍誤射説

外交官射殺事件についてのうわさ

一部の人たちは米軍の誤射ではないか?という疑いが語られていましたが、少しずつ明らかになってきた状況をすべて説明できるのは米軍誤射説だということです。

引用元:酔うぞの遠めがね

こういう推測もでるべくして出たというところか。この少しずつ明らかになってきた状況は、

軍用の自動小銃を使い、かなり上手な射手が撃っていること。 アメリカ軍が証拠品の車をいまだに返還しないこと。 東京で行われた、司法解剖の結果については、銃弾についての説明をノーコメントとしたこと。 車両は拳銃の弾丸には耐える能力のある装甲が施されていたこと。 ボンネットに前方から銃撃された弾痕があるが、フロントウインドは撃たれていない。

ということで、

勝谷誠彦の××な日々。の03年12月07日

国民のほとんどが車は軽防弾車であったことを知り拳銃弾程度した止められないということを語り合っている時に最も情報が集中すべき首相がこの発言。

あたりの情報と微妙に合っているんだか食い違ってるんだか。

ただ、あってはならないことが、ありえないことではないことは近年身にしみて分かってきたこと。総ての可能性を考慮して事実の解明が望まれる。もっとも米軍誤射だったとしても、イラクは戦争中であること、戦争中はいとも簡単に無駄に人が死ぬこと、戦争に参加すると宣言した時点で既に後戻りできない状況にあったことは変らない。あとは建前を押し通して、どれだけ人死が出ても人道支援に頑張る(志水氏が言ったように)くらいしか軟着陸しようがないかも。

数年後にイラク帰りの元自A隊員が池袋あたりですさんでる姿なんて見たくないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

マトリックス レボシューションズ

…ラストは「風の谷のナウシカ」。

引用元: ★銀河ブログ■マトリックス レボリューションズ"

ああー、確かにそうだ。アキラやDBに気付いて肝心のナウシカに何故いままで気付かない>俺

気づいてみればレボリューションの肝心な所のあちこちにナウシカのイメージがある。深読みすると物語の趣向もよく似てるぞ。もしかすると「意味」も勘違いしていたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「拝み屋横町顛末記」(1)

これもおっさんが活躍する話。ジャケ買いしてしまいました。
連載雑誌の月刊ZEROーSUMは見掛けたことがないなぁ。

031207_1153.jpg

作者は宮本福助

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロケット☆マイスター」「マジック☆マイスター」

山口美由紀のわりと最近の作品。

少年マンガが成功の物語なら、少女マンガは理解の物語なのだ。
むさいおっさんが活躍する話は私も好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.06

ワールドスポーツカフェ東京閉店

永らくご愛顧をいただいたワールドスポーツカフェ東京は、本年12月14日をもって閉店することとなりました。
引用元:サポテスタタレコミ

この店は渋谷の宮下公園近くで、よく遠距離のサンガの試合をよく観に行った。スポーツカフェで生きのこっているのは、ブリティッシュパブに少し大きなプロジェクターという形式の所が主で、Jのマイナーな試合をやってくれそうなところは無くなったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニフの社長

三日坊主になるという下馬評が流れる中の三日目。「古河建純 インターネットBlog

そういえば中村氏がメールを出しまくってたころにはきっとメカ中村に違いないとかいってF※で遊んでたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サガン鳥栖FC存続署名

サガン鳥栖FCの存続を願う署名

このサイトでは、Jリーグ、佐賀県、鳥栖市に対し、サガン鳥栖存続を求める署名を募っています。詳しくは、署名フォームをご覧下さい。 1人でも多くの方にご署名いただきますようお願い申し上げます。

今の日本でネット署名がどれだけ効果があるかは実は疑問なんだが、でも、こういう運動の積み重ねが日本に「クラブとサポーター」をつくり根付かせることになるのだと思う。
がんばれ鳥栖サポ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2003.12.04

「神は沈黙せず」

買いました。 これから読みます。

携帯から改行タグのテストも同時にやってみます。031204_1245.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サンガの監督に西村氏

京都パープルサンガの来期の監督は西村氏
よりによって今年のセレッソ大阪で、守備を軽視しても攻めにいって、不振の責任で辞めたばかりの西村かあ。
リーグ最悪の得失点差のサンガを立て直せるのかなあ。激しく不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.03

だるま

湯飲み。10年以上使っている。031203_2004.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログを始めた

@NIFTYでblogが始まったので試しにやってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年1月 »