« 茶色いローソン | トップページ | 続・黒部とキヨピーが »

2003.12.30

一発ネタ、何度見ても面白いネタ

小林の告白: 損してる?
長井秀和、だいたひかる、パペットマペットのネタは、同じのを2回見るとなんだか妙に損した気分になる。
マギー審司のネタなんかは何度見ても面白いのになあ。

こういう感覚ありますよね。落語なんか、サゲまで判ってるのに何度見ても面白い。 こだまひびきも中川家もワンパターンなのに面白い。

一発ネタというわけでもないが、風化するネタと風化しないネタの違いがある。 意外性だけが特徴のネタは一発であきられる。 いや風化しないのはネタじゃなくて、語り口が面白いのかもしれない。 紳介やタケシとかはネタじゃなくて語り口を面白がってたのかもしれない。 どこが違うか何が違うかって考えだすとと面白いです。

ところで鉄拳のネタは、同じのを2度見ても面白い?

じつは俺は2度目も面白いと思ってるんだが。

|

« 茶色いローソン | トップページ | 続・黒部とキヨピーが »

「笑芸」カテゴリの記事

コメント

初めまして。おかげさまでトラックバック童貞を捨てることができました(笑)。

鉄拳のネタを2度見た経験がないので何とも言えないんですが、何度か繰り返して見た方が面白い予感。いつもここからも、何度か見ると別の面白さが出てくる気がしてます。

投稿: 小林 | 2003.12.31 03:30

祝童貞卒業。それでは赤飯を炊きましょう。←チガウッテ

同じネタを何度か繰り返して見るときって、小さな変化が目立ったりするんですよね。鉄拳の首吊が出る出ないとか、こだまひびきなら、「そんなやつおらんやろ」と「ああ、おるな」の組みあわせとか。ほんな演出の変化とか楽しめるとええですな。

投稿: 傍見頼路 | 2003.12.31 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1890/60454

この記事へのトラックバック一覧です: 一発ネタ、何度見ても面白いネタ:

« 茶色いローソン | トップページ | 続・黒部とキヨピーが »